子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

パパも子どもも大好き!家族に人気の「ベーコンおかず」…あっという間にペロリ完食

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

朝食からお弁当、おつまみなど、ベーコンは日常のさまざまなシーンでに利用できます。レパートリーを増やしておくと、ますます活躍の場が広がりそうですよね。
そこで『kufura』では子持ち女性208名を対象に、家族が大好きなベーコンおかずを伺いました。パパも子どもも喜ぶレシピで、楽しい食卓を作りましょう。

食べる手が止まらない「ジャーマンポテト」

「ジャーマンポテト。そこに最後にチーズをかけるとめちゃめちゃ美味しい」(34歳/主婦)

「玉ねぎとベーコンを炒め、最後に茹でたじゃがいもを加え軽く炒めたあと、クレイジーソルトで味付けする。バクバク食べられます」(62歳/その他)

「ありふれていますが、ジャーマンポテトです。最後にめんたいマヨネーズを加えていためるとけっこう美味しいですよ。すぐうりきれます」(63歳/主婦)

「薄切りジャガイモとベーコンと玉ねぎを炒めてニンニクで味をつけるジャーマンポテト。おかわりをしてくれます」(38歳/主婦)

ジャガイモとベーコンの相性の良さを感じさせるジャーマンポテトは、家族が喜ぶおかずです。チーズやめんたいマヨネーズでアクセントをつけるという回答もあり、簡単に味変ができるのも魅力。お気に入りの味付けは、わが家の味として定番化したいですね。

定番の美味しさ「アスパラベーコン」

「ゆでたアスパラにベーコンを巻き、フライパンで焼いたものが好きです。野菜も取れ家族みんなおいしいと言って食べてくれます」(54歳/主婦)

「アスパラガスのベーコン巻き。大人も子供も大好きなメニューです」(38歳/主婦)

「グリーンアスパラをベーコンで巻いて、オリーブオイルとバターで炒めて、塩コショウをかけて食べる!」(51歳/主婦)

「アスパラガスのベーコン巻。アスパラガスはそんなに好きでは無いけどもベーコンで巻いて焼いてあげると喜んで食べる」(67歳/その他)

「アスパラベーコン巻き。お弁当に最適です」(47歳/主婦)

アスパラベーコンは彩りも美しく、おかずにもお弁当にも最適です。野菜が苦手な子どもでも、ベーコンで包んであげるだけで美味しく食べられそう。シンプルなのに美味しいのは最強ですね!

彩りも美しい「ベーコンとほうれん草のソテー」

「ほうれん草とベーコンのソテーが一番」(67歳/その他)

「ほうれん草とベーコンを炒めたもの、残食が少ないです」(31歳/企画・マーケティング)

「ベーコンとほうれん草とコーンのバターソテーです」(27歳/総務・人事・事務)

「シンプルにほうれん草とベーコンとコーンのバター炒め。塩コショウもしっかりめにして。作っている最中から子供達が寄ってきて、つまみ食いをする」(37歳/主婦)

「ほうれん草とベーコンを炒めて塩コショウで味付け。そのままほうれん草のソテーとして食べてもおいしいし、卵に混ぜて焼いてオムレツにしてもおいしいです。チーズも入れて焼くとおいしい。家族に好評です」(24歳/その他)

あと一品欲しいときや付け合わせなどに、ベーコンとほうれん草のソテーはいかがでしょうか? コーンを加えると、さらに子どもが喜ぶ仕上がりに。ここにチーズをプラスすると、また違う美味しさが楽しめそうです。

和食にも洋食にも「ベーコンエッグ」

「カリカリベーコンエッグ。ハムエッグよりも香りがいいので好評です」(52歳/主婦)

「カリカリベーコンの目玉焼き。パンに合う」(41歳/主婦)

「ベーコンエッグ。ただの目玉焼きよりもテンションがあがるようだ」(55歳/主婦)

「ベーコンエッグどん。ご飯が進むみたいです」(46歳/主婦)

ベーコンが香ばしいベーコンエッグも好評。パンにもご飯にも合わせることができ、そこにサラダやスープを加えるとワンプレート朝食のできあがり。ランチに食べるなら、ご飯に乗せて丼にするのもいいですね。

いい出汁になってくれる「スープ」

「ベーコンと白菜のスープ。コンソメで煮るだけですが白菜がとろとろになっていてぺろりと食べてしまいます」(50歳/総務・人事・事務)

「オニオンスープなど洋風スープに入れる。味に深みが出て皆の食が進む」(49歳/主婦)

「カリカリに焼いたベーコンをじゃがいもスープに入れると香ばしい出汁がでて、お替りをしてくれる」(43歳/その他)

「白菜とベ-コンのコンソメ煮。野菜がいっぱい食べられるし簡単」(70歳/その他)

「たくさんのやさいとベーコンを煮込んだスープ。寒い日にはおすすめ」(60歳/主婦)

野菜をたっぷり摂りたいときには、スープがオススメです。ベーコンがいい出汁になるうえ食べ応えもあり、シンプルな味付けで満足いくスープができあがります。おかわり用に多めに作っておくと、家族が喜ぶのではないでしょうか?

アスパラ以外の野菜も巻いて美味しい!その他の回答

「小松菜をベーコンで巻いて焼いただけのおかず。夫もパクパク食べ切りました」(32歳/企画・マーケティング)

「野菜やえのきをベーコンで巻いて焼いたもの。子供はベーコンが好きなので喜び、パパはビールがすすむと喜びます」(37歳/主婦)

「トマトのベーコン巻き。トマトの甘さが凝縮され、ベーコンの塩味とのバランスがとてもおいしいようです」(56歳/主婦)

「冷凍ポテトをベーコンで巻いて焼く。おつまみみたいで美味しい~と言ってくれます」(51歳/主婦)

アスパラを筆頭に、ベーコンはさまざまな食材を巻いて食べたくなります。好きな食材はもちろん、ちょっと苦手なものもベーコンで巻けば、美味しく変身するかもしれません!

 

香ばしいベーコンはどんな食材にも合わせやすく、料理に取り入れやすい優れものです。さまざまな食べ方で、家族のお腹も心も満たしてあげましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。