子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

笑顔でおかわり!子どもが喜んでゴクゴク飲む「ひと手間加えた夏のドリンク」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

暑い夏でも、元気に動き回る子どもたち。乾いた喉を潤してあげるだけでなく、たまにはいつものドリンクにちょっとアレンジを加えて、特別感をだしてみませんか?

今回『kufura』では子どものいる女性150名を対象に、子どもが好きな“ひと手間加えた夏のドリンク”を伺いました。子どもの笑顔のためには、ちょっとした“ひと手間”がポイントです。

事前に凍らせておいて…「バナナシェイク」

「冷凍バナナと牛乳を入れてミキサーにかける。とても喜んで飲んだ」(40歳/総務・人事・事務)

「冷凍バナナ、ヨーグルト、牛乳で作るバナナシェイク。腹にたまるので、満足する」(34歳/主婦)

「熟したバナナを冷凍させ、牛乳とミキサーにかける手作りバナナシェイク。砂糖要らずでめちゃくちゃ美味しいです。給食が無い夏休みに牛乳も自然に摂取できるのでおすすめです。喜んでくれますし、ファストフードのシェイクみたいと言ってくれます!」(38歳/主婦)

「凍ったバナナ、ヨーグルト、バニラアイスのバナナシェイク。テンションがあがる。うま~、うま~と言いながら飲んでくれます」(45歳/主婦)

生のバナナでバナナジュースもいいですが、暑い夏はバナナを一度凍らせて作るバナナシェイクがオススメ。牛乳やヨーグルトと一緒にミキサーにかけるだけで出来上がるバナナシェイクは、定番であり人気者です。

バナナの自然な甘さが優しく、子どもから大人まで美味しく飲むことができます。

より濃厚な味わいに「カルピス+牛乳」

「カルピスを牛乳で割る。美味しいとゴクゴク飲む。栄養もとれていい」(48歳/主婦)

「カルピスと牛乳でヨーグルトドリンク。甘いので牛乳が入っていると分からない」(39歳/総務・人事・事務)

「カルピスの牛乳割。コクが出て何とも美味しい。自分も子どものころに飲んでいました。喜んで飲みます」(53歳/主婦)

「牛乳とカルピスを混ぜた、カルピスミルク。普通のカルピスより飲みやすいのか、気に入ってます」(31歳/主婦)

カルピスを水で割る代わりに、牛乳で割ってみてはいかがでしょうか? カルピスの味が濃厚になり、甘みも強く感じられます。

牛乳以外には、炭酸水で割った自家製カルピスソーダも人気。

「カルピスに無糖の炭酸を入れて『炭酸カルピス』。カルピスの甘さと適度の炭酸がのどの渇きをいやしてくれます」(50歳/主婦)

「カルピスを炭酸水でわってタピオカを入れる。タピオカは作る手間がかかるけど、喜んでスプーンで食べています」(36歳/デザイン関係)

暑い夏には喉を刺激する炭酸が心地よさそう。タピオカを入れるというのも斬新なアイディアです。

見た目も満足!「スムージー」

「冷凍いちごとはちみつ、牛乳、バナナ、ヨーグルトを入れたスムージーは夏のおやつの人気メニューです。暑い日、学校から帰ってくるとスムージー作って!とせがまれます。冷たくて美味し~いとゴクゴク飲んでます」(38歳/主婦)

「ヨーグルトスムージーイチゴ。見た目が可愛い」(50歳/主婦)

「パイナップルのスムージー。毎日作ってとうるさいです」(30歳/総務・人事・事務)

「バナナスムージーがおすすめです。凍らせたバナナと牛乳、きな粉、胡麻を入れてミキサーにかけるだけで栄養の高い簡単で美味しいドリンクになります。おいしいー!と笑顔で飲み、飲んだ後も『また作ってね』と言ってくれます」(31歳/主婦)

好きなフルーツでスムージーを作る人も多いようです。こちらも冷凍フルーツを使えば、クールダウンできる飲み物に。フルーツの一部を残しておいて出来上がったスムージーに入れると、見た目もおしゃれになりますよ。

しゅわしゅわが夏らしい「サイダー+フルーツ」

「サイダーに缶詰のフルーツを入れる。彩りが良くなり、味も美味しいので喜んでくれます。見た目がカラフルなので、うわぁー、かわいいと言って喜んでくれた。美味しいと言ってくれた」(42歳/主婦)

「サイダーにフルーツを入れる。豪華なおやつという感じで、満足してる様子」(53歳/総務・人事・事務)

「キウイフルーツをすりおろしてサイダーに入れる。すっぱいから顔をしかめるけど、おいしそうに飲んでくれる」(38歳/その他)

サイダーがあれば、そこにフルーツを入れるだけで、ちょっと豪華なフルーツサイダーができあがります。グラス越しに見えるフルーツと炭酸の泡は、見た目で楽しむことができるうえ、飲みごたえ・食べごたえもあり、満足感の高い一品と言えるでしょう。

これだけでも十分ですが、さらなる格上げを狙うとなると?

「冷凍フルーツをサイダーに入れてアイスクリームを乗せる。お店みたい!と喜んでくれた」(28歳/弁護士)

ここまでくると、立派なメニュー。なかなか毎回とはいきませんが、パーティーなどに利用できそうです。

きれいな赤が映える「紫蘇ジュース」

「赤しそを煮だしてざるでこし、冷まして炭酸水でわる。見た目がキレイだし、炭酸が心地よいので喜んで飲む」(59歳/主婦)

「赤しそシロップに炭酸で割ったもの。赤しそドリンクは、氷と水だと物足り無いので、炭酸を買ってきて、とよく言われます」(49歳/主婦)

「しそジュース。おいしいからまた作って!と言われる」(34歳/主婦)

「赤紫蘇を煮出した紫蘇ジュース。鮮やかな赤がさわやか。きれいな赤で、さっぱり甘いので夏の疲れも吹っ飛ぶみたいです。勉強の合間にとてもいいです」(55歳/主婦)

赤紫蘇のジュースは、簡単に自宅で作ることができます。赤紫蘇は、初夏から旬をむかえ、今の時期に摂取したい野菜の一つです。ジュースにすると手軽に栄養が摂取できるので、親子で積極的に飲みたいですね。

カレーのお供に「ラッシー」

「ヨーグルトラッシー。目をキラキラさせて喜ぶ」(37歳/主婦)

「ラッシー。緊急事態宣言で自宅待機中、牛乳とヨーグルトでよく作った。今では子どもが自主的に作っている。店でしか飲めないと思っていたので喜んでいた」(43歳/研究・開発)

「ラッシー。ヨーグルトと牛乳と砂糖をまぜる。カレーとよく合うらしいです」(46歳/学生・フリーター)

「牛乳、プレーンヨーグルト、冷凍マンゴー、砂糖をミキサーにかけた、マンゴーラッシー」(49歳/主婦)

ヨーグルトベースのラッシーは、暑い夏にスパイシーなカレーと一緒に飲みたいところ。インド料理店のイメージが強いかもしれませんが、意外に家で手軽に楽しめるドリンクです。ハチミツや砂糖で甘みをつけて、スイーツ代わりに飲んでもいいですね。

レモン系が人気?その他の回答

「モヒート風。ミントと蜂蜜とレモン果汁と炭酸で爽やかドリンク。見た目が大人カクテルなので、喜んで飲んでます。食事を邪魔しないスッキリした飲み心地なのでお気に入りみたい」(49歳/主婦)

「透明炭酸に本物のレモンを絞ったレモネード。普通の〇プライトかと思いきや、味が違うので驚く」(36歳/主婦)

「冷凍レモンをいれたコーラ。贅沢なコーラな感じがする」(37歳/主婦)

「レモンジュース。レモンは食べないがレモンジュースにすると、おいしいと言って飲んでいる」(57歳/主婦)

さまざまなフルーツを使ったドリンクが出てきましたが、レモンも夏に人気のあるフルーツの1つのようです。暑い時期にはレモンのすっぱさが、さわやかさを演出してくれます。

 

みなさん夏ならではの工夫をして、ドリンクを楽しんでいるようです。親子で「美味しい」を共有すると、心も満たされそう。

せっかくですから、この夏休みを利用して、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事