子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

余ったシチューの翌日リメイクレシピ…パスタ・トースト・カレーにも変身!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

寒い季節に美味しいシチューですが、大量に作って余ったシチューを翌日も食べるとなると少々飽きがくるもの。家族からも「今日もシチュー?」と不満の声も漏れてきそうです。

そこで『kufura』では女性433名を対象に、シチューのアレンジレシピを聞いてみました。シチューが大量に余ってしまっても、このレシピをおさえておけば大丈夫です!

王道はやっぱり「グラタン」

「マカロニを入れて、チーズを乗せてトースターで焼くなんちゃってグラタン」(25歳/その他)

「玉ねぎやベーコンなどと一緒に耐熱皿に入れ、チーズをふりかけてオーブンに入れる事でグラタンが簡単にできあがります。中にパンを入れたりご飯を入れたりしても美味しいです」(33歳/学生・フリーター)

「耐熱皿にマカロニを入れて、上からシチューをかけ、ピザ用チーズをかけてオーブンで焼き上げシチューグラタンに。もう少し味変したければ、ケチャップをかけても美味しいです! 大きな変化はないですが、でる形が違うと食べやすいかなと思います」(25歳/営業・販売)

シチューのクリーミーさを生かして、グラタンにするという意見が多数。チーズを乗せてオーブンで焼くだけでもいいですが、マカロニやベーコンなどを入れるとよりグラタンっぽくなります。グラタンに必要なホワイトソース作りの手間が省けるため、手軽にグラタンを楽しむことができます。

ごはんでボリュームアップ「ドリア」

「ご飯にかけてチーズをのせて焼いてドリアにする。ふつうのホワイトソースよりしっかりした味でおいしい」(45歳/学生・フリーター)

「ごはんにシチューをかけてチーズをのせてオーブントースターで焼くシチュードリア。シチューの甘さとチーズの酸味が良い感じに合わさっておいしい。普通のシチューは甘くてドロドロした感じが苦手だけど、チーズをかけて焼くことでチーズの酸味が入るし、シチューの水分が良い感じに飛ぶから、自分的には超ベスト」(22歳/学生・フリーター)

「クリームシチューがあまってしまったとき、バターライスをつくって、その上にシチューとカレー粉とチーズをかけて、即席ドリアにする」(54歳/その他)

グラタンに次いで人気があったのがドリア。ごはんとチーズがあれば、あっという間にドリアができあがります。ごはんの分だけボリュームもでて、お腹にたまる一品です。グラタンもドリアもアレンジの仕方はほぼ同じなので、お好みでどうぞ。

簡単ソースでお手軽に「パスタ」

「シチューにパスタソースを混ぜてクリームパスタにする。ばれずにおいしいと食べてもらえています」(37歳/営業・販売)

「パスタとおろしニンニクを入れてクリームスパゲッティにする」(38歳/その他)

「牛乳で伸ばしてスープパスタに」(37歳/主婦)

パスタに和えるのもひとつです。シチューをパスタソース風にアレンジして、ゆでたパスタにかけるだけという簡単さも嬉しいところ。

「うどんにからめてカルボナーラ」(42歳/主婦)

パスタがないときには、うどんでも代用可。この際、麺の太さは気にしないことにしましょう。

乗せて焼くだけ「トースト」

「シチューとチーズをパンにかけてトースターで焼く。出来立ては熱くて食べにくいが、濃厚でお腹いっぱいになる」(26歳/研究・開発)

「シチューオンザトースト。パンにシチューを適量のせてトーストする。お好みでこしょうやチーズを乗せる」(34歳/その他)

「煮詰めてパンにのせて焼く。コクがあり美味しい」(52歳/主婦)

シチューはもちろんパンとの相性も抜群です。食パンに乗せてトーストするという意見のほか、焼いたバゲットに乗せるという意見も。そのほかに、

「シチューにパンをつけて食べる」(33歳/主婦)

「残ったシチューの上にピザ用チーズをのせてレンジでチン。それに食パンをつけて食べる」(25歳/主婦)

とディップして食べているという回答もあがりました。

揚げ物にもいけます「コロッケ」

「シチューとカレー粉とご飯を混ぜて一口大のライスコロッケにする」(52歳/その他)

「シチューに市販のマッシュポテトをふやかして混ぜ、固めの生地にして落ち着かせ、食べやすい大きさにまとめてコロッケを作る要領で小麦粉、卵、パン粉を付けて揚げます。舌触りがざらざらとして嫌な方は、シチューを大まかに潰してから作ると食べやすいです」(53歳/その他)

シチューはコロッケの具材としても活躍します。普通のクリームコロッケと違い、具材が入っているためボリューミー。また、すぐに食べないという場合は「小分けにしてラップで包み、冷やしてかためコロッケにする」(41歳/総務・人事・事務)という声も。コロッケサイズに小分けにして冷凍しておけばOKです。食べるときに衣をつけて揚げましょう。

味に変化を加える「カレー」

「シチューにカレールーを入れて、優しいカレーにする」(56歳/主婦)

「カレー粉を入れてカレースープ。マイルドな味です」(73歳/主婦)

シチューの具と同じようなものを使っているメニューと言えば、やはりカレー。シチューにカレールーなどを加えれば、あっという間にカレーに変身です。

「カレーライス。二日目は、カツカレー。三日目は、カレーうどん」(44歳/金融関係)

シチューを大量に作ってしまったときには、カレーアレンジ3連発。忙しい時期や手抜きしたいときには、こんな荒業もアリかもしれませんね。

市販品を生かす!その他の回答

「冷凍のオムライスにシチューをかける」(39歳/主婦)

「冷凍ロールキャベツを買ってきてシチューで煮込む。ロールキャベツは、何味にしたって美味しい」(28歳/主婦)

「パイ生地をのせてホットスープパイ」(56歳/主婦)

市販品はそのまま食べると芸がありませんが、手料理をプラスするだけで手の込んだ料理に見えてしまうから不思議です。余ったシチューが華やかな活動をしてくれます。

 

忙しい主婦にとって、作り置きしておくと便利なシチュー、これだけアレンジがあればたくさん作っておいても怖くありません。ぜひ参考にしてみてくださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事