子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【お盆の基礎知識】日程、お供え、服装など再確認しておきたいお盆のマナーを解説します!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夏の大切な行事のひとつ、お盆。実家にいるときは参加していたけれど、都市での暮らしではあまりなじみがないという人も多いかもしれませんね。結婚すると婚家のお盆に参加する場合もありますから、知っておけば安心な一般的なマナーについてご紹介します。マナーアドバイザーの松本繁美さんが解説する、生活の中で活かせるマナー講座シリーズです。

お盆とは?目的や期間などの基本事項

お盆とは、ご先祖様の霊をお迎えし供養する期間をいいます。 正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。

その由来としては、お釈迦様の弟子である目連(もくれん)が、餓鬼道に堕ちてしまった亡き母を救うため、旧暦の7月15日(現在の8月中旬)に供養をし、母を成仏させたのが始まりだと言われています。そこから、精霊を供養する「盂蘭盆会」の行事が生まれ、日本の先祖供養などの風習と混ざり合って現在の形の「お盆」となったとされています。

お盆の期間

一般的には8月13日~16日の4日間とされています。

かつては、旧暦の7月13~16日(新暦の8月中旬)でした。日本に新暦が導入された明治時代から、多くの地域で1カ月ずらして(月遅れにして)、8月15日前後に変更されましたが、一部では7月にお盆を行う地域もあります。それぞれを新盆(新暦7月に行う)、旧盆(新暦8月に行う)などと呼ぶこともあります。

■新暦7月13日~16日の地域:東京の都市部(多摩地区以外など)や、金沢市の旧市街地、静岡市などの一部の地域

これらの地域では、新暦が施行されるとともに7月15日に移行しました。「東京盆」と呼ばれることもあります。

■新暦8月13日~16日の地域:「新暦7月盆」エリアと、沖縄県、鹿児島県奄美地方を除く、ほぼ全国

多くの地域がこの「旧盆」を選んだのは、新暦に移行すると農繁期にあたることや、梅雨が明けきっていないことなど、様々な説があるようです。

■旧暦7月13日~16日の地域:沖縄と奄美地方

沖縄と奄美地方では、今も旧暦にのっとってお盆の供養が行われるため、年によって日付が変動します。他の地域より1日短く、旧暦7月13日~15日の3日間で行われるのが一般的です。

お盆の行事の際の服装

初盆とは?

故人の四十九日の忌明け(きあけ)後、初めて迎えるお盆を「初盆(はつぼん)」といいます。地域により「新盆(あらぼん、にいぼん)」とも呼ばれます。初盆には故人にゆかりのある人を招いて法要を行うなど、通常のお盆とは異なる点が多いのですが、服装にも注意が必要です。

新盆・初盆の際の服装

迎える側は、一般的に三回忌までは葬儀の時と同じように喪服を着ます。暑い時期なので、地味な色のワンピースなど簡素化した服でもいいでしょう。

招かれた側も喪服がベストですが、紺色、グレー、など落ち着いたデザインのスーツやワンピースなどの略式礼装でもかまいません。

通常のお盆の服装

お墓参りや親族の家にお線香をあげに行くときなどは普段着でかまいません。ただし、あまり派手な服装は考えものです。暑い時期ですが、肌の露出が多い服も避けましょう。

お盆に現金や供物を持っていく・受け取るとき

【初盆】現金や供物の不祝儀袋・掛け紙

初盆に招待されて現金や供物を持っていくとき、不祝儀袋や掛け紙は結び切りの白黒の水引のものを選び、仏式の場合は「御仏前」「御供物料」などと書きます。

※「のし紙」はお祝いのときに使うものなので、不祝儀では「掛け紙」と呼びます。

初盆には提灯を贈ることも

近い親族が初盆に盆提灯を贈るならわしになっている地域もあります。しかし最近は飾らないところも増えているので、先方に聞いてからにするとよいでしょう。不祝儀袋に「御提灯代」の表書きでお金を包む場合もあります。

現金・供物を受け取ったら

初盆で現金などを受け取った場合は、お礼の挨拶、礼状だけでお返しは基本的には不要ですが、「志」としてお返しの品物を贈ることをおすすめします。

【通常のお盆】お供え物を持参するとき

普段のお盆でも、親族の家にお線香をあげに行く際など仏前や神前に供える物を持参することがあります。その際は掛け紙に「御供(ごくう)」あるいは「御供物(おくもつ)」と書きます。食料品、線香、ろうそくなどを持っていくことが多いようです。

 

ここまでは、お盆の日程などの基礎知識と、服装・お供え物などについて解説しました。次回は、特にやることが多くなる初盆の際の準備や段取りについてです。自分が行う側になるばかりでなく、招待された時にも必要になる知識ですから、最低限の内容はおさえておきたいものですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集