子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「キッチンマット」使ってる?Yes、Noそれぞれの理由も聞いてみました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

食事の準備・片付けのため、日に何度も立つキッチン。その足元に、キッチンマットは敷いていますか? 最近、キッチンマットを敷かないことで家事がラクになった、という声が聞かれますが、実際の使用率はどのくらいなのでしょうか?

そこで『kufura』は20~50代の女性486人にアンケート調査を実施。キッチンマットを使っているか、Yes、Noそれぞれの理由も聞いてみました。

僅差で「敷いている派」が多い結果に

まず、キッチンマットを使っているか聞いてみました。

●使っている・・・52.5%(255人)

●使っていない・・・47.5%(231人)

Yes、Noほぼ半数と拮抗していましたが、キッチンマットを「敷いている」人の方が5%ほど上回って多いという結果でした。それぞれの理由も見ていきましょう。

“キッチンマットは敷く派”の理由

キッチンマットを敷く派の方の理由として多かったのは次の4つでした。

(1)床の汚れ防止のため

「毎日の料理や片付けの際に、どうしても起きる油はねや水、洗剤はねで床が汚れるのが気になるから」(47歳/その他)

「調理中に思わず、調味料をこぼしてしまった時、床まで汚さずに済んでおり助かっているから」(28歳/その他)

「賃貸なので、床をあまり汚したくない。こまめに掃除できないから」(30歳/金融関係)

料理や片付けで避けられないのが水滴や油汚れの飛び散り。直接床が汚れるのを防ぐのにキッチンマットは必須!という方もいました。

「調理中にかなり水や油が飛ぶので掃除が大変で、洗濯の手間のいらない拭き取れる素材のマットを利用しています」(51歳/その他)

「コンロの下は油がはねたり野菜の切れ端が落ちたり、布巾の水が垂れたりすごく汚れやすいので、ビニール製の水拭きがしやすいマットをしいています。水拭きを思いっきりできるし、ストレスがないです」(52歳/主婦)

汚れがサッと拭き取れる撥水素材のものを使うと、お掃除がしやすいとの声も多く寄せられました。今はこういったタイプが主流なのかも? 洗濯の手間もかからずに済みそうですね。

(2)床を傷つけないため

「床が無垢材のため、油はねや水はねでの傷みを防ぐため」(34歳/その他)

「洗い物をしてる時に水や洗剤が跳ねて、床のワックスが剥げてしまうのでそれを防ぐために使ってる」(44歳/主婦)

「なくてもいいが、調理器具やお皿などをよく落とす為、割れたり傷がつかないように敷いている」(37歳/主婦)

日に何度も立つキッチンはただでさえ床が傷みやすいところ。床材やコーティングが剥げるのを防ぐために敷いているという方もいました。また、キッチンマットが衝撃を吸収してくれるので、食器や瓶ものなど堅いものを落とした時の保護にも一役たっているようです。

(3)足元の冷えの軽減に

「フロアにそのままだと寒いし、インテリア的にもかわいいから」(36歳/営業・販売)

「身長が低いので、少しでも高くして、調理を楽にしたいから。スリッパをはかない我が家では、冬場足元を温かくしたいので」(57歳/主婦)

「冷え性で足元がさむいので」(36歳/総務・人事・事務)

水回りってひんやりしていますよね。マットを敷くことで、床から直接のひんやり感が軽減されるよう。寒さがツライ冬場や、冷え性の方には必須アイテムとなっているご家庭もあるようです。

(4)クッション性のあるもので足の疲れを軽減

「料理中、立っていて足が疲れるので、クッション性の高いマットをひいています。足が多少疲れにくくなります」(43歳/主婦)

「以前は使っていませんでしたが、立ち仕事が長いと、足元が柔らかいのが心地よいし、汚れも床に直接つかないのでカバーになると思う」(57歳/主婦)

クッション性のあるやわらかなマットだと、長時間の立ち作業でも足腰にかかる負担を軽減してくれてラクに。以前は使っていなかったけれど、心地よさから敷くようになった、という方もいましたよ。

“キッチンマットは敷かない派”の理由

続いて、敷かない派の方の理由です。こちらも次の4つが主な理由として聞かれました。

(1)洗濯が大変・面倒だから

「洗濯が面倒そう。しばらく洗っていなかったらかえって不衛生だと思うから」(25歳/営業・販売)

「洗濯が大変だからです。油などは取れにくいので一定期間使ったら処分。何枚か買い替えましたが、面倒くさくなって辞めました」(44歳/その他)

「洗濯が大変で洗っても完全には綺麗にならず、敷いていると清潔感なく見えるから」(45歳/主婦)

最も多く聞かれた理由が洗濯の手間でした。汚れやすいキッチンマットは、できるだけこまめに洗って汚れを蓄積させずにおきたいところですが、衣類と分けて洗濯したり、乾かすのに時間がかかったりとお手入れの手間がネックと感じるようです。洗濯しても汚れが落ちきれていないと、たしかにガッカリしてしまいそう。

(2)都度、掃除した方が衛生的だから

「マットがないと、調理後にすぐ掃除をすることになるので、いつでも清潔さを保つことが出来るから」(44歳/総務・人事・事務)

「汚れは、すぐに拭き取るようにしたので、清潔感がたもてます。足もとは、スリッパを履いているので、水などで濡れることはないです」(49歳/その他)

次いで多かったのが、使用後にすぐ拭きあげた方が清潔に保てるという意見。“キッチンを使ったらすぐ掃除”のルーチン化ができれば、ベタベタ感やこびりつき汚れを防いで、つねにきれいな状態でいられそうですね。

(3)敷かない方が掃除がラク

「掃除機をかけるときにいちいち捲ったり動かすのが面倒だったし、すぐに汚れて洗濯するのも面倒だった。使わないようになったら一度に掃除ができるし汚れたら拭けばいいので問題ない」(39歳/主婦)

「前は使っていたが、掃除機もかけづらいし、洗濯や拭き掃除も面倒」(48歳/主婦)

掃除機がけのためにマットをめくったりよけておくのって、何気にひと手間ですよね。また、掃除機に吸い込まれるのがストレス……という方も。掃除のしやすさから見ると、マット類は敷かない方が圧倒的にラクなようです。

(4)滑り・つまずき防止のため

「おばあちゃんがこれで滑って足を骨折してから使ってません」(21歳/学生・フリーター)

「使用している時にキッチンマットが滑って転んだので使用しなくなった」(45歳/研究・開発)

「子どもがいるので、マットを敷くと逆に滑って危ないので、以前は敷いていましたが、現在は敷くのをやめました」(37歳/主婦)

キッチンマットの裏面は滑り止め加工が施されているものが多いですが、洗濯を重ねたり、長年使い続けることでその効果が薄まってしまうことも。つまずいたり滑ったりして転びそうになったり、実際にケガを負ってしまったり……。ヒヤリとした経験のある方は意外と多いのかもしれません。

このほかに、床下収納を使う時に邪魔だから、ペットがいたずらや粗相をしてしまうから、といった理由も聞かれました。

 

以上、それぞれの理由でした。

回答からは、以前は敷いていたけれど敷くのをやめた、あるいはその逆だったりと、家族構成や住環境、ライフスタイルの変化などに応じて試行錯誤している方が多い印象を受けました。みなさんのご家庭ではいかがでしょうか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集