子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

2018年に目標成就した人集合!「どんな目標をどうやって実現しましたか?」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

お正月に「今年こそは~~を実現する!」と固く誓った人は多いはず……ですが、こうした新年の目標を達成できる人ははたしてどれくらいいるのでしょうか?

『kufura』が20代~40代の既婚女性263人に“2018年の目標”についてアンケート調査を実施したところ、昨年の目標を達成できた人は、157人(59.7%)という結果でした。みなさんがどんな目標をどうやって叶えたのか、早速チェックしていきましょう!

家族・子育てに関すること

2018年の目標を達成できたという157人に、どんな目標をなぜ達成できたのか尋ねました。まずは、家族や子育てに関する目標から!

新婚生活がより良いものとなるようにすること。自分ができること、やらなければならないことをできる限り一生懸命やった」(23歳/主婦)

出産を無事に終えること。考えすぎないことが良かった。考えすぎると経済的にも、肉体的にも色々と厳しい状態だったので。文字通り案ずるより産むが易し」(35歳/主婦)

子どもが生まれた年でもあったので、新たに増えた家族でちょっとでも一緒にいれる時間を増やすこと。休みを旦那と合わせたりして、できる限りみんなでいれる時間を増やした」(26歳/主婦)

家族円満ですごすこと。旦那が私の意見を出来る限り受け止め育児にも熱心に取り組んでくれたから」(24歳/主婦)

子育てを頑張る! 毎日てんやわんやだったけど、寝る前に必ず子どもたちと笑って寝るというのを続けられた。イライラすることもあるけど、主人や友達と話したり、子ども達とも話し合ったり、相互に良い影響を受けていけるようにとにかく話す、モヤモヤをお互いそのままにしないことを心がけた」(35歳/主婦)

仕事と育児の両立。親の協力と職場の理解があり、仕事と育児の両立が達成できた」(37歳/総務・人事・事務)

子どもを幼稚園に慣れさせる。今年から幼稚園に入園して、あんなに同年代の子たちと付き合っていくのが苦手だったのに、幼稚園の先生にいろいろ協力してもらったり、もちろん家族でも頑張ったり。でも一番は本人の頑張りだと思う」(36歳/主婦)

3人目が昨年生まれたので子育て。いい具合に手抜きしながら、なんとか育児に専念したから」(39歳/主婦)

家族や育児に関する目標は、ただ自分ひとりだけが努力するだけでなく、まわりの協力があることや、それに感謝することが達成の秘訣ともいえそうです。

また、高い理想を掲げて頑張りすぎるよりも、ほどほどで自分にOKを出してあげることも大切かもしれませんね。

健康・美容に関する目標

痩せること。エレベーターを使わない」(48歳/総務・人事・事務)

ダイエットをする。 勤務先まで歩いて通勤したから達成できた」(42歳/総務・人事・事務)

筋力をつけて免疫力をあげる。目標のモチベーションを保つためにスマホアプリを使って日々の自分のできた事を管理していたから忘れたり飽きたりせずに達成できた」(37歳/主婦)

関節炎持ちなので、無理せず健康に気をつけて過ごすことが目標でした。痛みは体のサインなので、無理をしないこと、休むことを心がけました。できない事よりも、できた事を喜ぶようにしました」(49歳/主婦)

病気せず健康に過ごす。部屋の加湿などを保ち、帰宅後のケアも徹底した」(24歳/主婦)

今回のアンケートで、ダイエットに関する目標は「達成できなかった」という人のほうが多数派でした。

他方、ダイエットに成功した人は、食事制限だけに頼るのではなく、無理のない範囲で運動を取り入れているようです。

お金、仕事に関する目標

1,000万円貯める。毎月の貯金額を貯める」(34歳/総務・人事・事務)

無駄な物を買わないことを目標にしていた。服を買う時も着回しがきくものか、流行物ではなく長く使えるものかどうかを考えて購入した」(46歳/主婦)

節約。お金を使う金額を決めて、それ以外に絶対使わなかった」(25歳/主婦)

仕事を続けること。何度も挫けそうになり辞めようと思ったけど、とにかく笑って頑張れば大丈夫だと信じていたら仕事を辞めずに続けてこれた」(32歳/主婦)

パートの仕事を頑張る。約5年ぶりの仕事復帰だったので、自分が戦力になるのか、職場での人間関係は大丈夫か不安だったけど、とても良い職場に恵まれ楽しく働くことができた」(30歳/主婦)

仕事で大成すること。目標設定を明確にした」(35歳/総務・人事・事務)

30代半ばで貯金1,000万円……爪の垢を煎じて飲みたい! まずは小さな目標を定めて日々着実にクリアしていくことこそが千里への一歩かもしれませんね。

家事に関する目標

家事を頑張る。結婚して自分を変えたいと思えたから達成できた」(28歳/総務・人事・事務)

家事の効率化。いろんな雑誌を読んで、いいと思ったことをまねできた」(34歳/その他)

不要な物はすぐ捨てる。今まで物を溜め込む性格だったが、子供も2人となり、自分の要らない物が増えていくのがとても嫌だったからすぐ捨てる癖をつけました」(35歳/主婦)

日々の掃除。毎日必ず掃除した」(36歳/主婦)

いきなり「家事を完璧にこなそう!」などと大きな目標を掲げると自分がしんどくなってしまいます。たとえば、掃除なら、1日1箇所だけ、5分だけ……というように、緩~いタスクをこなしていってみては? また、少しくらいサボった日があっても自己嫌悪しないことも大事!

その他、こんな目標を達成しました!

ポーランド個人旅行の成功。事前に念入りにリサーチした」(48歳/総務・人事・事務)

友達をつくる。幼稚園の送迎時に世間話をたくさんした」(36歳/主婦)

去年よりも頑張る。支えてくれるものの存在」(38歳/企画・マーケティング)

地味だけど嫌な事を後回ししないでやり遂げていくこと。常に意識して生活した」(43歳/主婦)

のんびり、大人しく過ごす。厄年だったのですが、何事もなく過ごせたと思います。新しい環境に身を置かず、日々の生活を穏やかに過ごすように心掛けました」(32歳/主婦)

“目標”といっても、大きな野望や高尚な理念を掲げる必要はありません。今年1年を無事平穏に過ごせること、次の大晦日に笑顔でいられることが第一ともいえそうです。

 

以上、2018年の目標を達成した人たちのコメントを紹介しました。残念ながら昨年の目標が叶わなかった人、今年の目標をまだ立てていない人はぜひヒントにしてみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載