子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

懐かしい!図書室で読みふけったポプラ社の少年探偵シリーズ【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末年始のお休み、家事を担うわたしにとっては休みといえど“休みたかったら働け”といわんばかりに忙しい! それでも、年明けのちょっとしたひとときを楽しむべく“積ん読”にラインアップしたのが、江戸川乱歩の「少年探偵シリーズ」です。

懐かしい装丁…怪人二十面相と少年探偵団にもう一度ハマります!

小学生のころ、図書室の一角にあったポプラ社の「少年探偵」シリーズ。探偵小説の礎を築いた小説家・江戸川乱歩が少年少女向けに書いたもので、学校の図書室で読んだ方、見かけたも多いのではないでしょうか。

幼い頃から本の虫だった小学生のわたしが、図書室の隅にずらりと並んでいた古めかしいこのシリーズを最初に手にとったのは小学校5年生のとき。ミステリー作品が大好きになったきっかけともいえる作品です。

いろんな方が挿画を描いていますが、こちらの梁瀬茂さんが個人的にお気に入り。
この背の部分の仮面、小学生当時は怖くて手に取るのをためらったものでした……。

「少年探偵」シリーズはいくつか種類があるのですが、選んだのは江戸川乱歩『ポプラ文庫クラシック 江戸川乱歩・少年探偵シリーズ』(全26巻/ポプラ社・2009年)。残念ながら絶版となっているので在庫限りではあるのですが、まだまだAmazonなどで1冊600円前後で手に入れることができます。

ポプラ文庫クラシックシリーズは、なんといっても当時の装丁や挿絵を復刻しているところがイイ! わたしが小学生のときにすでに時代を感じた、1964年刊行開始当時の装丁や挿絵を楽しむことができるんです。

文庫なので、ソファに寝っ転がりながら、お茶とお菓子を片手に読むつもり満々。懐かしさで手に取ったものの、考えてみると内容はあまり覚えていないので(笑)、きっと新たな発見や面白さもあるはず。

読みながら自然に寝落ちしちゃう午後もいいな〜、なんて思っているのですが、久しぶりの「少年探偵」シリーズ、一気読みしちゃいそうです!


編集部・阿部美里
効率よくおうちのアレコレができたら最高……と思っている40代。食べて飲むこと・DIYや手芸など「つくる」こと・人と語らうことが日々のパワーの源です。高校生の息子とのゆるい会話や我が家の猫をモフモフするのが癒やし。

※記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がkufuraに還元されることがあります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集