子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

深ーく深呼吸したくなる「マッチ型のお香」で、生活にリズムを【本日のお気に入り】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

生活に香り、取り入れてますか? 私はお香が好きで、これまでも京都など旅行先で手に入れたりしてきたのですが、最近のお気に入りはマッチタイプのコレ。

火をつける、香りを愉しむ、がコレひとつで

お香を愉しむには、まず点火するためのマッチ(チャッカマンのような便利道具もありますが)が必要、そして火をつけた後は、お香を愉しむための「お香立て」も必要に。

なんとコレ、その全部が一つのキャニスター型に収まっています。

そもそもお香がマッチ型、そしてキャニスターのフタの上面(天面)には、そのお香を擦るための「側薬」が付いてます。マッチ箱の側面に塗ってある、ちょっとザラっとしたアレですね。

このフタを開けると、火をつけた後のお香を置くための「耐火皿」が現れます。

さらにその耐火皿を外すと、中にはたっぷりのお香が2種類入っている、という仕組み。この計算された、無駄がなくシンプルなデザインが、インテリアにも馴染みます(お香立てって、なぜかがっつり和風か、もしくは思いっきりエスニックなモノが多い気が……)。

香りはティートゥリーと、ヒノキ、2種類がセット、それぞれ30本ずつ、計60本とたっぷりの容量。どちらも、柔らかで清涼感のある香調なので、天気や気温、その日の気分に合わせて使い分けています。

このお香は、1本10分ほどで終わる、気分転換にちょうどいいサイズ。ネーミングも「10 MINUTES AROMA CANISTER」と言います。webサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』内で展開している「Shin;Kuu 」というブランドのもので、ネット通販で購入しました(5,500 円・税込)。

こちらはもともと、マッチ製造の老舗「神戸マッチ」と、線香作りの老舗「大発」さんのコラボレーションで生まれたブランド「hibi」の、別注アイテムとして生まれたものだそう。

マッチや線香などを作る職人さんの高い技術を、今の私たちの生活にフィットする商品にして産み出す、こういう取り組み、応援したいなぁと思うのです。

私は、朝、自宅でリモートワークを始める前に使うことが多いです。起床してコーヒーを飲んだり、簡単な家事をしたりして、「さ、ここから仕事しよう」と気分を変えるのに、香りの効果は絶大。

ゆっくり深呼吸をしながら、香りを味わって、パソコンに向かう、というのが平日のルーティンです。

余裕のある日や、逆にぐったり疲れている日は、お風呂上がりに使うことも。こちらは「本日は店じまい」という気分転換のスイッチに。

家での仕事は、ともするとダラダラとしてしまいがち。香りでリズムを作りながら、メリハリのある生活を目指したい、今日このごろです。


編集長・佐藤明美

趣味は料理、スポーツ観戦と旅に出ること。食いしん坊。美容やファッション担当として20年ほど女性誌を編集、2018年からkufura編集長に。J-WAVEの朝の帯番組「KURASEEDS<クラシーズ>)月〜木 朝5〜6時」でも、ナビゲーターとして、毎朝“暮らしの情報”をお届け中!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集