子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

食欲の秋「ホテルのビュッフェで元をとる作戦」なら…高級食材狙い?炭水化物は避ける?女性389人に大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

食欲の秋。おいしいものをあれも食べたい、これも食べたい……という願いをかなえてくれるスポットといえば、ホテルのビュッフェ。通常の食べ放題と違って、ホテルのビュッフェはそれなりのお値段ですが、クオリティの高い料理が並び、食いしん坊にとってまさにパラダイスですよね。

そんなホテルのビュッフェで、より満足度・コスパの高い食事を堪能するべく、みなさんはどんな工夫をしているのでしょうか? 『kufura』では女性389人を対象にアンケート調査を実施しました。

高級食材を狙う

女性389人を対象に、“ビュッフェで元をとるための作戦”を尋ねたところ、まず多かったのは高級食材を狙うという声。

「お肉や刺身やお寿司など高級料理を最初にいっぱい食べる」(33歳/総務・人事・事務)

「ステーキやフォアグラなど高級そうなものは食べて、そのあとフルーツを食べる」(37歳/総務・人事・事務)

「カニを食べたいだけ持ってきて、そのあとは、メインとデザートをいっぺんに持ってくる」(44歳/研究・開発)

「ローストビーフで始まるローストビーフでおわる」(57歳/総務・人事・事務)

「目的地のメニューを調べておいて、元が取れそうなメニューを覚えておく。本番で計算しながら食べる」(20歳/学生・フリーター)

特に人気が高かった三大料理は、“寿司・ローストビーフ・カニ”。他方、野菜や果物の値段が高騰しているということで、メイン料理よりも敢えてサラダやフルーツを狙うという声もありました。

食べ放題といっても、シェフが提供できる量には限りがあるので、高級食材は早い者勝ちですよね。

限定品や普段食べられないものを狙う

高級食材とかぶる面もありますが、限定品や普段食べられないものを狙うという声も。

「普段食べないホテル自慢のものをまず食べる」(54歳/主婦)

「シェフが目の前で作ってくれる料理をたべる」(30歳/その他)

「チョコレートフォンデュを食べる」(54歳/主婦)

「カレーや唐揚げなど、どこでも食べられるようなものは避ける。カレーがオススメされても、少量にする」(31歳/その他)

「他のレストランにはないようなデザートを食べる」(19歳/コンピュータ関連技術職)

「手間のかかっていそうなパンばかり攻める」(47歳/主婦)

豪華なチョコレートファウンテンなどは、ホテルでないとなかなかお目にかかる機会すらありませんよね。非日常的な体験は、食欲だけでなく心も満たしてくれそうです。

少量ずつ多種類の料理を盛りつける

あれもこれもおいしそう……と目移りしてひとつに決められない人でも大丈夫! 少しずついろんな味を楽しめるのもビュッフェの醍醐味ですよね。

「色々な物を少しずつ取って味に飽きがこない様にする」(44歳/主婦)

「食べられないメニュー以外はほとんど全部少しずつ取ってビュッフェでなくてはできない食べ方をする」(21歳/主婦)

「値段的なものではなくて、家では一度にこんなに種類が食べられないってくらいいろいろな種類をちょっとずつ食べる」(30歳/主婦)

「美味しそうと思うものを全て一口分づついれてくる。デザートも。それでお腹いっぱいになることもあるし、その中の一番気に入ったものを再度食べられるだけ取ってきて満足!ということも」(48歳/その他)

とりわけ、日々の食卓やお弁当作りで、おかずの品数をそろえるのに四苦八苦している主婦のみなさんは、ビュッフェでお値段以上の贅沢気分が味わえそう。

お腹がふくれるものは避ける

「お腹にたまりそうなご飯やパンやポテトフライは避ける」(48歳/主婦)

「普段は水分をかなり摂るし食事のときは特に摂るが、食べ放題のときは、水分をかなり控えお腹のスペースを確保するから、いつもより食べられる」(40歳/主婦)

「ジュースを飲み過ぎない。炭水化物は厳選して食べる」(29歳/主婦)

「炭水化物は食べたくても我慢して、後回しにする」(39歳/営業・販売)

高級食材を狙ったり、いろんな種類のものを味わったりするべく、炭水化物や水分はなるべく後回し! コスパ・満足度を高めるうえで賢い戦略かも……。

とにかく好きなものを食べる!

ここまでさまざまな戦略をご紹介してきましたが、敢えて元を取ろうとしないという意見も多数寄せられました。

「後であれも食べたかったなぁなどと後悔する事が1番勿体ないと思うので……食べたいメニューを軸に、食べる順番を考えます」(35歳/主婦)

「好きなものを飽きるまでひたすら食べる」(33歳/学生・フリーター)

「食材が高めなものを一応は食べるけど、元をとれなくても味がよくて楽しいのが目的なのであまり考えない」(38歳/主婦)

「元を取ろうとせず、美味しく食べられる分だけ穏やかな気持ちで食べる」(31歳/広報・宣伝)

「食べたいものを先にとりあえず全部とる。そのあとお腹がすいてたら、また取りに行くのを繰り返す」(22歳/主婦)

値段がどうかにかかわらず、自分がおいしいと思えるものを好きなだけ食べられることこそが、最高の贅沢ですよね。

その他、こんな強者も…!

「朝ご飯を食べないで行く」(42歳/その他)

「生野菜をたっぷり取る。サラダがあると肉も沢山食べられる」(54歳/主婦)

「甘いものとしょっぱいもの交互にして味を変える」(28歳/総務・人事・事務)

「後で、デザートも楽しみたいのでメインはほどほどにしてデザートをいっぱい食べる」(48歳/その他)

「スイーツが好きだから最初からデザートをチェックする」(37歳/その他)

たくさん食べるための下準備から、スイーツへの熱いこだわりまで……! みなさん思い思いのビュッフェの戦略があるようですね。

 

高級食材を狙うもよし、マイペースで好きな料理を堪能するもよし。ホテルビュッフェを利用する際には、ぜひみなさんの意見をご参考にしてみては?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。