子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

母の日にいかが?1000円以下&1000円台で買える名店の味【プチプラ極上ギフト#4月】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ママたちの暮らしに何かと欠かせないギフト。わたくし、庶民派フードジャーナリストの中田ぷうが、毎月ホントに使えるプチプラギフトを紹介していくこの企画。
来月5月8日は母の日。今月は、メインのプレゼント(食事会やケーキ、花束など)にちょっと添えるとうれしい名店の味を集めてみました。

普段使いできる、ちょっといい調味料たち

左から「トリイの中濃ソース」、「トリイのウスターソース」各490円、「明宝トマトケチャップ」648円/すべて税込、編集部調べ

下手なお菓子を渡すよりも、“自分ではわざわざ買わないけれどちょっといい調味料”を渡すと母世代には意外と喜ばれるので、母はもちろん、母のお友達にお渡しすることも。今回ピックアップしたものも、わざわざデパ地下などに行かずとも、スーパーマーケットで見つかるものですが、どれも名店の調味料です。しかもどれも無添加なので、健康を気遣う母世代にはうってつけです!

「トリイの中濃ソース」、「トリイのウスターソース」

こちらは料理家さんから教えていただいて以来、あまりにおいしくて私も愛用しているソース。「たかがソースでしょ? 何買ったって同じ!」と言わないでください! 甘味、酸味、なめらかさ、味の奥深さがまったく違うんです! 私も最初、「ソースなんか何使ったって同じ!」と思っていたのですが、揚げ物にかけてびっくり! 揚げ物の邪魔をしない! でも深い旨味! 家族もそのおいしさに驚いたほどです。

「トリイソース」は1924年創業の老舗ソース屋さん。野菜をふんだんに使い、しかも日本で唯一、創業時より木桶を使って手間ひまかけて熟成させているんですよ。

「明宝トマトケチャップ」

その昔、テレビ番組「どっちの料理ショー」などでも取り上げられた高級トマトケチャップ。岐阜県産の完熟トマトを大鍋で5時間かけて煮込み作られます。しかもトマトの選別、洗いからビン詰めまですべて手作業。多分、はじめて食べる方はいわゆるトマトケチャップと違うのでびっくりすると思います。なぜなら“家で作ったトマトソース”みたいだから! 食べてもたれないのも母たち世代におすすめのポイントです。

いずれの商品も、筆者はスーパーマーケット『三浦屋』で購入しました。

1955年創業。銀座のカレーの名店の味をお持ち帰り

「カシミールカレー」830円、「デリーカレー」680円、「コルマカレー」910円 

『デリー』は1955年創業の老舗インド・パキスタン料理のレストラン。わが家は30年近く前からここのカレーソースを愛用しています。こちらレトルトのカレーではなく、具材が一切入っていないカレーソース。好きな具材を入れて火にかけるだけで“デリーのカレー”ができるんです。母世代になると「ごはん作りはさんざんしてきたから、もういいわ!」と言う人も多いと思うので、具を入れるだけで専門店の味になるこちらはおすすめ。

このカレーソースはずっと販売している商品ですが、最近では“おしゃれ系食のセレクトショップ”や『カルディ』でも見かけるようになりました(『成城石井』などでは昔から取り扱いがあります)。筆者はスーパーマーケット『三浦屋』で購入しましたが、改めて人気が出てきているのかもしれません。

ちなみにこんなこと書いたら、『デリー』の人に怒られちゃうかもしれませんが、私はどのカレーにもココナッツミルクをプラスするのが好きで、いつも必ず最後に入れています(笑)。

あの人気テレビ番組でも1位を獲得!本場名店の味を完全再現

「陳麻婆豆腐(3回分入り)」642円

「え!? 麻婆豆腐の素を母の日にギフトってちょっと安っぽすぎない?」なんて思うことなかれ! この麻婆豆腐の素、普通ではないのです。

『陳麻婆豆腐店』は、中国四川省に本店を構える、世界的な名店。そしてこの麻婆豆腐の素は、その『陳麻婆豆腐店』より直輸入。日本的なアレンジなど一切されておらず、本家本元の味をそのまま味わえるんです。それだけにスパイシーすぎて作る際、むせるわ、くしゃみは止まらないわで大変なことになるので要注意! 渡す際、必ずお母さんにそのことを伝えてくださいね(笑)。

でも食べてみると納得のおいしさ! それだけに“本格的なおいしさ”が好きな団塊の世代には喜ばれます。ちなみにこちら、人気テレビ番組『マツコの知らない世界』の麻婆豆腐の回で、1位を獲得したというウワサです。私は『成城石井』で買いましたが、『カルディ』や『西友』などでも取り扱いがありました。

今ならスペインの名店のチョコレートが1,000円台で買える!

左から「アマリエ リーフホワイトチョコ+ストロベリー 2810」1,350円、「アマリエ フラワーチョコ50%+コアントロー 2800」1,452円 ※編集部調べ
※著者は「ディーン&デルーカ」で購入。ネットなどでも取り扱いショップあり

『アマリエ』は1797年創業。現存するスペイン最古のチョコレートブランド。この『アマリエ』の三代目が、今でも高い人気を誇るアール・ヌーヴォーを代表する画家アルフォンス・ミュシャのパトロンをしたり、芸術家育成に力を入れていたため、今でも当時の絵をパッケージに採用しており、非常に美しいんです。でもそれだけに普段はお値段も高い商品で……2,000円以上します。でも、4月にもなるとバレンタイン・ホワイトデー向けに販売されていた商品が値下げされ、1,000円台に! 私はそこを狙って自分用とギフト用を大人買い(笑)!

この美しい缶は、母世代の方にギフトとして大好評(賞味期限はちょっと短くなりますけどネ)! しかも入っているチョコレートがひと口サイズなので、食べる量が減っている母たち世代にはちょうどいいみたいなんです。『アマリエ』のチョコレートはくちどけの良さも大きな魅力なので、ぜひ1度実食してみてください。

 

今年の母の日、ぜひこんなちょっとしたサブ・プレゼントもつけて、日ごろの感謝をお母さんに伝えてみませんか。

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は購入店舗などにより異なります。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集