子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

逆に新鮮!「昭和レトロ」なパッケージのお菓子たち【プチプラ極上ギフト#2月】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ママたちの暮らしに何かと欠かせないギフト。わたくし、庶民派フードジャーナリストの中田ぷうが、毎月ホントに使えるプチプラギフトを紹介していくこの企画。

今月は、ここ数年、脚光を浴びている“昭和レトロ”なお菓子たちをセレクトしました。ママたちにとっては懐かしく、子どもたちや若い人にとっては逆に新鮮な昭和のパッケージ。渡すと想像以上に喜ばれ、私も驚いています。

70年代生まれには胸アツ!あのファンシーキャラが復刻

「餅飴入りミニ巾着」(ストップペイル・モーニング・レターフルーツ)各702円(すべて税込、以下同) ※著者は「ロフト」で購入。

昭和時代、文房具屋さんやファンシーショップで何か買うと、お店の人がこの柄の紙袋に入れてくれました。覚えている人も多いと思います。この老舗ラッピングメーカー「シモジマ」の包装資材の柄が、今、さまざまなところでリバイバル発売。ステーショナリーやポーチとして生まれ変わっています。そんな中、私がセレクトしたのは巾着入りお菓子。

巾着には懐かしい「ストップペイル」や「レターフルーツ」の柄がプリントされています。そしてうれしい裏切りが! こうしたものって大抵入っているお菓子が飴なのですが、ここでも“昭和感”を発揮! あの駄菓子の“餅飴”が入っているのです。

最初、この商品、、ママたち同士で盛り上がっていたのですが、見た小学生&高校生も「これ、かわいい~! 今にない柄だけどかわいい!」と言っていて、びっくりしました。現代にも通用するかわいさなんですね!

小学生から若い女の子にまで大人気!“純喫茶グミ”

「昭和の味 純喫茶グミ」各146円 ※著者は「ロフト」で購入したが、スーパーマーケットやコンビニ、「トイザらス」などでも販売している。

第一弾は、JR西日本の駅ナカ「セブン-イレブン」でしか買えなかったお菓子、「純喫茶グミ」シリーズですが(この第一弾も去年発売されるやいなや1週間で完売になった伝説の商品)、あまりの反響にその後、全国発売に。今では東京のスーパーやコンビニでも見かけるようになりました。

純喫茶のドリンクメニューって、今の小学生や若い人たちにも大人気ですよね。とくにこのビジュアルが時を経てもかわいいようで、うちの小学生&お友だちもこのグミのパッケージのかわいさに、まず喜んでいました。

あの人気レトログラス・ブランドのプチバッグ入り飴

アデリアレトロ「飴入りギフト袋」各562円 ※著者は「ロフト」で購入。

こたびの昭和レトロブームをけん引したと言っても過言ではない、「アデリアレトロ」(※)。その「アデリアレトロ」のグラスの外箱をイメージしたプチバッグに飴玉が入ったギフトです。持ち手がついているので何ともかわいい! これは大人も子どもも喜ぶプチプラギフトです。

※「アデリア」は、創業200年を迎えたガラス製品の老舗メーカー「石塚硝子株式会社」が昭和36年に発足した食器ブランド。この「アデリア」を復刻した製品を「アデリアレトロ」と言う。

懐かしの大玉キャンディ。包み紙が“昭和”なのがたまらない!

「おおだまミックス」237円 ※著者は「ロフト」で購入したが、「成城石井」などにもある。

大玉キャンディって昔に比べて見かけなくなりましたよね。ですから、大玉キャンディというだけで懐かしいのですが、このキャンディはキャンディ1つ1つを包んでいる包み紙もやけに懐かしいんです。

開封してこれがザザーッと出てくるときのときめき(笑)! 子どもたちもこの中身のかわいさを見てびっくり。ある種、サプライズギフトですよね。大人にとっても懐かしい大玉キャンディ。中にはいちご、パイン、サイダー、オレンジ、りんご、コーラ味の飴が入っています。

 

レトロなパッケージのお菓子、かわいいですよね~! 今にはない、“ゆるいかわいさ”と言いましょうか。ぜひ懐かしのお菓子をギフトにしてみてくださいね。

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集