子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

全部500円以下!ギフト使いしている「無印良品」紹介します【プチプラ極上ギフト#10月】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

ママたちの暮らしに何かと欠かせないギフト。わたくし、庶民派フードジャーナリストの中田ぷうが、毎月ホントに使えるプチプラギフトを紹介していくこの企画。今月は私たちの身近なブランド『無印良品』から、私が普段、ギフトとしてよく使っていて、かつ喜ばれる商品をご紹介します。

驚かれるのが「無印良品」のアイスクリーム&ソルベ

「素材を生かしたアイス(ほうじ茶・ヨーグルト風味・ジャージー牛乳)」、「素材を生かしたソルベ(マンゴー)」すべて290円(税込)

今年4月に発売された途端、まさにバズり、またたく間に店頭から消えた“MUJIのアイス”。最近やっと供給が整ってきたようで、いつでも買えるようになりました。こちら、ギフトにするとめちゃくちゃ喜んでもらえます!

余程の“ムジラー”じゃない限り、「え!? これ無印のアイスなの? っていうか、無印でアイスって出しているの!?」と驚き、そして喜んでくれます。このシンプルなパッケージが冷凍庫に入れたときもきれいなんですよね~!

アイスクリームだけじゃなく、ソルベがあるところもポイントです。

どれも濃厚でおいしいのですが、ハズさないのを選びたいなら「ジャージー牛乳」「ヨーグルト風味」「ほうじ茶」がおすすめです。

ママ友に喜ばれる、“幻のキンパ”!

「キンパ韓国風のりまき1本(8切れ)」490円(税込)

『無印良品』の“冷凍キンパ”は2018年に発売された商品で、決して新しい商品ではありません。が! あまりの人気に今だ入手困難……そのためネットでは「本当は存在しないんじゃないの?」「幻すぎて無理!見つけられない」などと言われています(笑)。本当に見事にキンパの棚だけいつも空っぽなんですよね~。だから見つけたときは、2~3本まとめ買いしておくのがおすすめです。

化学調味料不使用、電子レンジにかけたあと15分放置すれば完成。中には牛肉、ほうれん草、卵、ごぼうとにんじん、大根が入っています。

そしてこのキンパも、存在を知らない人が多いのでプレゼントにすると喜ばれる前に「無印にキンパなんかあったんだ!?」と驚かれます。ちなみに先のアイス&ソルベもそうですが、ギフトにするときはレジで50円の保冷バッグに入れてもらっています。

ギフトというとつい甘いお菓子になりがちなだけに、ときにはこうした変化球にするともらう方も、渡す方も楽しいですよね。

女性には“海老”、子どもには“辛くない”カレーを

「素材を生かしたカレー キーマ」「素材を生かした辛くない 国産りんごと野菜のカレー」各250円、「素材を生かしたカレー プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)」「素材を生かしたカレー プラウンモイリー(海老のココナッツカレー)」各350円(すべて税込)

20年以上前からある“無印”のレトルトカレー。もはや“あまたある無印の雑貨よりも売れている“と言われている伝説の商品。こちらもよくギフトにします。甘いものが苦手な人、お酒好きな人にはもってこい!

無印のカレーで“不動の三大人気”と言われているのが、バターチキン、キーマ、グリーンカレーですが、私は女性には“海老もの”(女性は海老好きの人多いですよね~!)、お子さんがいるご家庭には“辛くない”カレーを選んでいます。

“無印”のカレーは決して安くないだけに、ちょっとしたギフトとしてもらうとうれしいんですよね!

お酒好きの友だちにはビール&MUJIつまみ

「マスカルポーネチーズたら」190円、「いかあしカルパッチョ」250円、「おつまみするめ」390円、「クラックプレッツェル サワークリーム」100円(すべて税込)

実はいちばんプチプラギフトとして使っているのが、“MUJIのおつまみ”シリーズかもしれません。私の周りはお酒好きばかり……甘いお菓子を持っていくよりも、こうしたしょっぱい系を持って行く方が喜ばれるんです。

しかし“お酒のつまみ”をスーパーで買ってしまうと、パッケージがまったくもってイケておらず(笑)、気が引けていたのですが、無印なら“するめ”や“チーたら”ですら、ちょっとおしゃれに見えてしまうので安心して持っていけるのがいいんです(笑)。

いつも“おつまみシリーズ”2種ほどに、ビールやチューハイをセットにして渡しています。

王道のバウムはもちろん、スコーンもギフトにおすすめ

「不揃い 焼きりんごバウム」、「不揃い 白桃バウム」、「不揃い マロンスコーン」(すべて季節限定)、「不揃い レモンとポピーシードのスコーン」各150円(すべて税込) ※“白桃バウム”は夏季限定の味ですが、偶然、売れ残りを見つけ購入。

無印のお菓子の中でもダントツのロングセラーであるバウム。こちらもよく手土産にします。でもバナナや紅茶など鉄板人気商品ではなく、できるだけ季節限定のものを選ぶようにしています。その方がおもしろいですものね!

そして同じ“不揃いシリーズ”である、スコーンもよく選びます。バウムほど甘くないのが特徴で、紅茶好きさんなどにはこちらをプレゼントしています。

バウムやスコーンをギフトにするときは、無印のお茶とセットにしてお渡しすることもよくあります。

 

いかがでしたか? お菓子からレトルト食品、果てはパッケージがシンプルでおしゃれなので冷凍食品すらもちょっとしたギフトに使えちゃう無印。店舗数も多く、身近にあるからこそ、ぜひギフト使いしてみませんか。

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集