子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

忙しいときに助かる「成城石井」のお惣菜&スイーツ【81歳の料理家・祐成陽子さんの、ずっと美味しいモノ】#29

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

御年81歳でありながら、今だ“おいしいもの”や“料理”への探究心は衰え知らずの料理家・祐成陽子さん。祐成さんに私たち普通のママたちが身近に買えるおいしいものを選んでいただく【料理家・祐成陽子さんの、ずっと美味しいモノ】の連載。今月は祐成さんが頻繁に通うスーパーマーケット「成城石井」でお気に入りのお惣菜とスイーツを紹介します。

野菜不足が気になる人へ

1/3日分の野菜が摂れる広島風お好み焼き430円(税込み・以下同)

「成城石井」は教室のそばにあることもあって、よく買いに行くスーパーです。皆さんもご存知のように、自社オリジナルのお惣菜やスイーツの種類も豊富で、仕事で忙しいときなどお世話になったりしています。

この「1/3日分の野菜が摂れる広島風お好み焼き」は、中にびっくりするくらいキャベツが入っているんです。仕事をしているとなかなかお昼ごはんにたっぷり野菜をとることが難しいですが、これなら1日のうちの1/3の野菜がとれるのがうれしい!

また、お昼というとつい麺類を選びがちで焼きそばなんか選んでしまうのですが、それよりも断然野菜量が多いので、ぜひ野菜をとる機会が少ない方はこちらをどうぞ!

何しろ中はキャベツだらけでさっぱりとした味わいなので、かかってはいますが、食べるときに再度、ウスターソースやマヨネーズをかけるとコクがプラスされておいしいですよ。

1人分ペンネも気軽にいただける

ナスとアスパラのペンネアラビアータ496円

お昼にパスタというのは鉄板だと思いますが、1人分を作るなんて、正直面倒で作りません(笑)。だからこうしたお惣菜があると助かりますし、うれしいですよね。

とはいえ作りおきですから、コシがないのですが、お皿に移し変え、ピザ用チーズをのせて温めると濃厚になり、コシのなさも気にならないほどおいしくいただけます。

そしてこちら、化学調味料、保存料、合成着色料、合成甘味料不使用。「成城石井」のお惣菜やお弁当はかなり徹底してこうしたことに気を使ってくれているのも、私は好きなんです。

ボリューム満点。ナチュラルなおいしさのスイートポテト

紅はるかのクリーミースイートポテト(3個)539円

なめらかな口あたりの紅はるかを使用。そのまま食べればしっとり・ねっとりとした焼き芋そのもののようなおいしさを楽しめますが、私はオーブントースターで軽く焼き直し、焦げ目をつかせて食べています。こうすると香ばしさが増し、よりおいしくいただけるんです。熱々のスイートポテト、これからの季節にはぴったりですよね!

過剰に甘みをつけたりせず、紅はるかそのものの味を大切にしているのがわかるスイーツです。

ミニパンケーキにパルフェもおいしい

左:ミニパンケーキ367円、右:栗とかぼちゃのパルフェ388円

「ミニパンケーキ」はひと口サイズのかわいらしいパンケーキ。優しい甘さなこともあって、つい食べ過ぎてしまう危険なおやつ(笑)。うちでは“後引きパンケーキ”と呼んでいます。アイスクリームに添えてもいいですし、ミルクティーとよく合いますよ。

「栗とかぼちゃのパルフェ」は、ものすごくコクがある秋らしいスイーツ。かぼちゃだけでなく、栗が入っているため、この濃厚な味が実現できるんだと思います。涼しくなってくるとやはりこうした濃い味のものが欲しくなりますよね。

 

※商品は祐成陽子さんが購入したものです。


【取材協力】

祐成陽子

祐成陽子クッキングアートセミナー校長。

食べること、作ることへの“好き”が高じて、1965年、主婦の経験を生かし、料理教室をスタート。1987年には、日本初のフードコーディネーター養成学校を設立。輩出した生徒数は4,000人超え。卒業生には、タレントで国際薬膳師でもある麻木久仁子さん、人気フードコーディネーターSHIORIさん、料理家のほりえさちこさんなどがいる。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集