子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【3COINS】ラーメンからひとり鍋、蒸し野菜まで。「ビストロヌードル」を使ってみたら…有能すぎた!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

価格帯300円を中心とする大人気の雑貨店「3COINS(スリーコインズ)」、通称“スリコ”。駅ビルやショッピングモールなどにもあるのでついついのぞいてしまいますよね。そんな“スリコ”、今、ある便利なキッチン雑貨が大人気! 私も気になって思わず買ってしまったのですが、想像以上に使い勝手が良く、いろいろなシーンで使えるのでもう1つ買おうか、ただいま検討中です。

その名も「ビストロヌードル」!

さてその人気のキッチン雑貨とは、「ビストロヌードル」のこと。もちろん300円です(税抜き)。

大きさは“ひとり鍋”の大きさです。いろいろな料理を作れますが、いちばんの推しは、商品名にもなっている“ヌードル”が作れることらしい……。というわけでさっそくインスタントラーメンを作ってみました。

湯沸し不要!お湯からでも水からでも作れます

「ビストロヌードル」の中にインスタントラーメンのめんを入れ、私はさっと水洗いした乾燥わかめと長ねぎをみじん切りを入れました。

そこへ表示どおりの分量の水かお湯を入れます。水とお湯、それぞれで作ってみましたが、私は断然お湯派!

何しろめんが水から作ったときよりもっちもちに仕上がるんです(とくに「サッポロ一番」の場合)!

水かお湯を入れてふたをしたら電子レンジにかけます。時間の目安は水から作る場合とお湯から作る場合、あと電子レンジのワット数で違うので注意してくださいね。

加熱し終わったら、付属のスープを入れればできあがり。簡単~!火を使わないので、小学生の子どもでも作れるのがうれしいですよね!

出来上がったとき、持ち手もそんなに熱くならないのもいいんですよね(素手で持てるレベル。でもやけどには注意してください)。

カレーうどんも作れちゃう!

そしてカレーうどんも作れちゃうんです!

自分1人のお昼ごはんのときなど、ラーメンじゃなくカレーうどんにするだけでぐっと豪華になりますよね。なので私はよく作っています。家カレーがあまったときも作りますが、唐突に食べたくなったときはレトルトのカレーを使用。

カレーうどんの作り方

(材料)

水200ml
めんつゆ(4倍濃縮)大さじ2
カレー(レトルト)1袋
冷凍うどん1玉
家にある野菜(今回はスナップエンドウとほうれん草)適量

(作り方)

(1)「ビストロヌードル」に水とめんつゆを入れて軽く混ぜ、野菜を入れる。
(2)1に冷凍うどんをのせ、カレーをかけてふたをする。
(3)電子レンジで約8分加熱する。

電子レンジの機種によって加熱時間は変えてくださいね。私は“やわめ”のうどんが好きなので、10分加熱しました。仕上げによく混ぜて完成!

子どもがいるけどキムチ鍋が食べたい!長年の悩みが解決(笑)。

でも何よりもうちが「ビストロヌードル」を買ってよかったと思うのは1人鍋が簡単にできるようになったこと!

子どもがいるとどうしても食事はすべて“子ども基準”になりますよね(笑)。たまに「辛いものが思いきり食べたい!」と思っても、もちろん出すわけにはいかず……。

とくにここ5~6年は上の子(17歳)と「キムチ鍋食べたいね」とずーっと話していたのですが、下(9歳)がいるため実現できず……しかもコロナ禍で外に食べに行くわけにも行かず、悶々としていました。

しかしこの「ビストロヌードル」のおかげで、長年のモヤモヤが解決!

「キムチ鍋食べたい!」となったらこれで1人分作ればいいんです! しかも今、1回使い切りタイプのポーション鍋つゆもありますからね。

作り方は簡単。好きな鍋の具を「ビストロヌードル」に入れて、表示された水で希釈した鍋つゆポーションを注ぎ、電子レンジにかけるだけ(私は10分加熱しました)。ちなみにシメのうどんも楽しみたいので、我が家は“つゆだく”仕様。ポーション2個使い×水300mlで作ります。

う~ん、大満足です!

何しろ材料を入れて電子レンジにかけるだけなので、鍋というと夕飯のメニューでしたが、お昼ごはんや塾前ごはんとしても気軽に出せるようになりました。

冷凍サトイモを使った煮物が12分でできる!

煮物も簡単にできるんです! これ、覚えておくとお弁当作りがあるお母さんはすっごく便利なのでぜひ!

ちょっとだけ前日の仕込みがあるのですが、これがおいしく作るポイント!

「ビストロヌードル」に冷凍サトイモとめんつゆ(煮物の配合に希釈したもの)を入れ、そのままひと晩冷蔵庫に入れておきます。これで解凍と下味を染み込ませます。翌朝、そのまま電子レンジに12分かけるだけでおいしい煮物の出来上がり(加熱時間は調整してくださいね)!

私は料理があまり得意ではなく、お弁当の隙間埋め野菜がプチトマトとゆでブロッコリーという選択肢しかないお粗末さだったのですが、この時短煮物を覚えてから“サトイモの煮物”も入れられるようになり、すごく助かっています(笑)。

すのこ付きなので、蒸し野菜も作れます

「ビストロヌードル」にはすのこもついていて、蒸し野菜なども作れます。たった300円でもこれはすぐれものですよねー!

今の時期、新じゃがなど春野菜をよく蒸していますが、かぼちゃでもにんじんでもいんげんでもなんでもOK。蒸し野菜がいろいろできるとサラダにお弁当に、いろいろ使えるからほんっっっと便利です!

作り方は乱切り、または小分けに切り分けた野菜と大さじ2の水を入れて10分加熱するだけ。じゃがいもなどはそのまま食べてもいいですが、つぶしてポテトサラダにしても。

ちなみに冷凍餃子やシュウマイもすのこにのせて蒸してもおいしいです。

1つあるだけでラーメンからうどん、鍋に煮物に蒸し野菜までできる「ビストロヌードル」。思った以上にさまざまな使い道があり、買った私もその便利さに驚いています(笑)。ぜひ興味ある方は入手してみてくださいね!

 

撮影/中田ぷう

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。