子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【コストコ】新製品も!気になる冷凍食品をチェック…コストコ歴20年マニアの「買ってよかった!」リスト

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「コストコ」には多くの冷凍食品があります。「コストコ」に通い続けること20年! 「買って大成功!」のときもあれば、「しまった!」という冷凍食品を買ってしまったこともあります。「コストコ」の冷凍食品は、実は玉石混合……。

今回は、新しい商品の中から実食して「これは次回も買う!」というものだけを厳選。自信を持って紹介します!

4月に日本に上陸したばかり!「フォーントゥウェンティー」のビーフパイ

『FOUR’NTWENTY(フォーントゥウェンティー)』は1947年創業のオーストラリアのミートパイ・ブランド。本国オーストラリアでは、60年以上にわたって愛されてきました。それが4月に日本に上陸。

コンビニエンスストア『セブン-イレブン』(首都圏エリア)と関西の『イトーヨーカドー』でも取り扱いがあるので、冷凍食品コーナーで見たことある人もいると思います。「コストコ」では6個入り948円。1個あたり158円でした。

作り方は凍ったままのビーフパイを袋のまま電子レンジで2分加熱、その後袋から出し2分放置。なんですが、私はきちんとオーブンで焼いた方がおいしく食べられるので、時間はかかるし面倒ですが、170度に熱したオーブンで45分加熱して食べています。

今までも「コストコ」では、さまざまなビーフパイを扱っていましたが、こちらは“ひき肉タイプ”ではなく“ゴロゴロ肉が入ったビーフシチュータイプ”。割ると写真のように中からソースと肉がこぼれてきます。

濃厚なフィリング(中身)×パイ部分も厚みがしっかりとあるので相当おなかいっぱいになります。サラダと合わせれば朝ごはんお昼ごはんにいいですし、食べ盛りの中高生がいるご家庭ならおやつとしても使えます。

油断すると売り切れに!「ビビゴ」の水餃子

『bibigo(ビビゴ)』の水餃子(958円・ストアークーポン使用値段) は2018年から取り扱いがある商品ですが、未だ人気で売り切れることも。私も今回、最後のひとつを何とか入手!

『bibigo(ビビゴ)』は「コストコ」でも大人気の韓国版飲むお酢シリーズ「美酢(ミチョ)」を輸入している『CJフーズジャパン』が手がけています。

ひと口サイズの餃子が800g入っています。食べてみると肉よりも野菜の比率が多いタイプの餃子なのでさっぱり&あっさり! だからこそすっごく食べやすいんです!

焼き餃子にしてもいいですが、私は断然餃子スープにして食べるのが好きです。沸かした湯に「味覇(ウェイパァー)」、日本酒、みりん、しょうゆ(またはナンプラー)などで味付けをし、この「水餃子」と小松菜を入れて煮込むだけ。絶品スープの出来上がり!

食べるときにごま油やねぎ油、ラー油をたらせばまさにお店の味です。

思う存分使える!1kg入りの冷凍ミニモッツァレラ

モッツァレラチーズ、おいしいのですが、なかなかのお値段ですよね。それでつい買うのを躊躇してしまうんですが、こちらは1kg入りで1,868円。1kgですよ、1kg!

しかも冷凍なので使う分だけ出して、あとは冷凍保存しておくこともできるのでそこも便利。

常温なら1~2時間、冷蔵庫でなら15~20時間かけて解凍します。

そのまま食べてみるととってもミルキー!冷凍でもまったく遜色ありません。だからそのままサラダにも使えます。

夏ならめんつゆ漬けや、トマトやアボカドと合わせてわさび醤油マリネにしても。どちらも夏のビール&チューハイの最高のお供になります。目分量でもうまく作れますから、簡単にレシピを書いておきますね。

<モッツァレラのめんつゆ漬け>
空き瓶にミニモッツァレラチーズを入れ、8分目くらいまでめんつゆを注ぐ。オリーブオイルをぎりぎりまで足し、ひと晩おく。食べるときに黒こしょうをかけても。

<モッツァレラのわさび醤油マリネ>
保存容器に切ったトマト、アボカド、ミニモッツァレラを入れ、わさび、しょうゆ、レモン汁を合わせたものをかけ、冷蔵庫で冷やす。

シンプルなパスタもモッツァレラのおかげで高級な味に!

夏になるとおいしさを増すトマトを使ったシンプルパスタ。多めのオリーブオイルでにんにく、トマト(プチトマトでも可)を炒め、そこへゆで上がったパスタを入れるだけ。

味付けは塩・こしょうのみ。そして最後にミニモッツァレラを入れ、よく混ぜ合わせます。

余熱でモッツァレラが程よく溶けてパスタにからみ、絶品!仕上げに黒こしょうをガリガリしてください。白ワインにもよく合う、夏においしいパスタです。

もっと手を抜きたいときは、市販のパスタソース(トマト系やバジル)に最後、モッツァレラをからめるだけでも味が一気にグレードアップします。

ハワイで人気のあの味がおうちで楽しめる!

『The Cheesecake Factory(ザ・チーズケーキファクトリー)』のチーズケーキが冷凍でありました(2,480円)!

一時、スーパーマーケットの「西友」で取り扱っていたこともあったのですが、いつしか見かけなくなってしまい、残念に思っていたのです。

『The Cheesecake Factory(ザ・チーズケーキファクトリー)』は1978年、カリフォルニア州ビバリーヒルズにオープンしたレストラン。世界中に店舗がありますが、日本にはなし……日本からいちばん近い「ザ・チーズケーキファクトリー」と言ったらハワイしかありません。

とはいえこのご時勢……もはやリモートトリップしかできませんから、ぜひ「コストコ」でハワイの味を手に入れてください。

こちら重さ1,81kg!「約2kg近いホールケーキをどうやってカットすりゃいいのよ!」と思いましたが、最初からカット済み。これはありがたい!

とはいえかなりの大きさのチーズケーキが12ピース入っているのでなかなかの量(笑)。友だち家族はもちろん、ご近所さんにも配りました。

冷蔵庫で8~12時間かけて解凍していただきます。とろっとろのチーズ部分とシナモンが効いたグラハム部分のハーモニーがまさにアメリカの味!

そしてとにかく甘い! しかも1切れが大きいので、食べていて倒れそうになります(笑)。

でもこれぞアメリカの味!アメリカのサイズ!

どっぷり“アメリカ旅行”な気分を味わえますよ。子どもたちも「グアムの味がする~!(ハワイに行ったことありませんので。笑)」と大喜び。

まだまだ続きそうな“ステイホーム”。ぜひ「コストコ」の冷凍アイテムでいろんな国の味を楽しみませんか。

 

撮影/中田ぷう

※掲載商品はすべて中田さんが個人的に購入されたものです。

※価格は中田さん購入時の税込み価格です。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集