子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

チョコマニアが教える!コンビニで買える「ひと息つきたいときの、春のチョコ祭り」

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

チョコを毎日食べ続けて4年半、なんと3,800種類以上のチョコレートに出会ったという「チョコマニア」の荒木千衣さん。今回は、気軽にコンビニで手に入る「今だから!」のスペシャルチョコレートを教えてくれました。

コンビニは「春のチョコ祭り」開催中!

「あー疲れたー!」思わず、叫びたくなることはありませんか? 私はあります(笑)。在宅ワークでも会議や業務に追われるのは変わりませんし、出社せざるを得ない場合はソーシャルディスタンスで気疲れしがち。もちろん、休日が続けば家事も待ってはくれません。あぁ、ホッと一息つきたい……そんな時は、気軽に疲れを癒すことができる、手軽なコンビニお菓子がオススメです。

「心の健康のためにダイジ、ゼッタイ」と呪文(単なる言い訳)を唱えながら、相変わらず毎日チョコを食べている私・荒木千衣が、みなさんのお疲れレベルに応じて、春の味が満載のコンビニチョコを選びました。

濃厚マシマシチョコがうれしい、パクッとひとくちサイズの3品

【お疲れレベル ★★】なときに…

不二家 カントリーマアム チョコまみれ(130円・税別)

ド濃厚な、チョコ量2倍のカントリーマアムが新登場!
いつものカントリーマアムはクッキーにチョコチップが入った、ほんのりチョコ味の印象です。ただ、こちらはしっかりココアを練りこんだ生地に、チョコチップがたっぷり、さらに外側もミルクチョコたっぷり。通常より少し小ぶりなので、ひとくちパクッといけます。その割に、甘さが舌に残りませんので一袋瞬殺です。

森永チョコレート チョコ増し小枝 レモンヨーグルト・ MILK (各100円くらい・税別)

チョコが、いつもの小枝の約1.5倍!

口に入れてみて「いつもよりチョコが厚い!」と感じるはずです。過去に「極太小枝」という、思わずネーミングで笑った商品もありましたが、今回は通常サイズの長さと太さです。味は安定感のあるミルクと、レモンヨーグルト。

どちらもパフ入りのサクサク感があって軽い口あたりなのはもちろん、レモンヨーグルトは、だんだんとレモンの爽やかな風味が広がります。甘いのにさっぱり。手につきにくいのもうれしいポイント。

ただし、注意点が一つ。箱入りの小枝は、数本ずつ個別包装されていますので、食べることを止めるタイミングがあります。でも、こちらは開けたら最後、思わずポリポリ一気に食べ進めてしまいがちです。ご注意ください。

あの有名パン屋とコラボ。進化系チョコパイ2品

【お疲れレベル ★★★★】なときに…

LOTTE 八天堂監修 CHOCOPIE カスタードくりーむ味/カスタードくりーむ&あまおう苺味(各95円くらい・税別)

泣く子も黙るロッテのチョコパイと、くりーむパンの八天堂がコラボ。私は生クリーム&カスタードが大好物ですが、こんなお手軽にコンビニで買えるなんて、もう大事件です!

チョコパイに白いクリームではなく、ほんのり黄色のカスタードくりーむ(注:クリームではない)が挟まっています。八天堂のカスタードくりーむをイメージして作っているそうで、真ん中にはトロッとしたソースが。

いつもの白いクリームではないことで、当初不安でしたが、食べ終えた満足感は変わらず。白いクリームの印象も少し残しているので、従来のチョコパイファンもきっと好きなはずです。私はカスタードくりーむ&あまおう苺味がイチオシ。苺のアクセントにより、ケーキっぽさがあるんです。

50周年記念イヤーを、大人買いでお祝いしよう。アポロチョコ祭り3品

【お疲れレベル★★★★★★】なときに…

左・明治 アポロチョコレート(118円くらい・税別)
中・明治 アポロマイスタイル(150円・税別)
右・明治 アポロ×CLUB HARIE 極上の一粒(305円・税別)

アポロチョコレートは、1969年8月に発売された明治のロングセラーブランド。由来はギリシャ神話に出てくる太陽神アポロンですが、形は、人類初の月面着陸で有名なアメリカ宇宙船アポロ11号からイメージして作っています。

そんなアポロは、発売50周年!
コンビニでも色々なアポロが販売されています。

まずは、通常のアポロから。小粒ですが、イチゴチョコとミルクチョコの甘いハーモニーが、懐かしい気持ちにさせてくれます。色合いもかわいいです。

次に、“おとなのチョイス”とパッケージにある、アポロmystyleは、普通のアポロより少し大きめで、触った感じもサラッとして手につきにくいです。そしてうれしいのが、お砂糖控えめでパウチタイプなこと。

アポロ自体を比べると、mtstyleの方がイチゴ部分は濃く、ミルクチョコ比率が少なめ。ふっくらした形をしています。

最後に高級感のある箱、通常価格の3倍近くする、極上アポロです。監修は、バームクーヘンで有名なクラブハリエのグランシェフ山本隆夫さん。山本さんが「アポロが今でも一番好きなお菓子」と公言されていることから、この商品が誕生しました。

実は今年のバレンタインでもコラボされていましたが、厳選素材で限定商品だったことから非常に高価でした。でも、この度コンビニでお買い求めやすい形で販売されることに! 思わず私が小躍りしたのは言うまでもありません。

実際に開けてみると、大きいアポロで極上感を演出。そしてイチゴの味が濃い〜です。苺クリームには、香りと酸味が強いと言われるセンガセンガナ種をふんだんに使用するこだわりよう。

さらに下のチョコレートは、カカオ豆の周りを包む白い果肉(パルプと言います)を使ったジュース入りのダークショコラと手が込んでいます。先ほどの2商品と比べて甘酸っぱさや苦さが引き立っています。

せっかく気持ちのいい季節なのに……家にずっとこもっていると、どうしても鬱々とした気持ちになりがちですよね。そんな時には、コンビニのお手軽&スペシャルチョコを、頑張っている自分や家族へのご褒美にして、楽しんでみてはいかがでしょうか。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載・特集
人気の記事