子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

コレなら買いかえたい!すっきりおさまるザル&ボウル見つけました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

キッチンツールのなかでも、わりと頻繁に使うザルとボウル。その割には、なにげなく買ったものを使い続けているという人も多いと思います。

でも今回、使ってみてはじめてわかった「コレコレ……こういうものが欲しかった!」ポイントが満載のザル&ボウルを発見!その魅力をご紹介します。

名前の通り「米とぎ」に最適

like-it『米とぎにも使えるザルとボウル』は、独自開発の樹脂で作られているため軽くしなやかで、お米を傷つけずにとぐことができます。お米とぎだけでなく、このしなやかさは、食材を小さなお鍋に入れる時も移しやすいんです。

また、縦スリットの幅がなんとも絶妙!

水切れがいいのはもちろんですが、ザルの網目にお米のかけらが挟まって取るのに一苦労……ということがなくなりました。スリット幅が広すぎないので、スライスした野菜が落ちてしまうこともなさそうです。

さらに、「買いかえたい!」と思うのはその見た目にも理由があるんです。

マットな色味のグレーは落ち着いていて、キッチンインテリアにも違和感なくなじみます。

今まで実用品と思って見えないところに収納していましたが、毎日使うものだと考えれば、見えるところに置いて違和感がないもののほうが出し入れも楽なんだと思い知らされました!

もちろん、サラダづくりなど日常使いも

適度な大きさのザルとボウルのセットなので、もちろんお米とぎだけでなく日常使いで活躍します。

サラダを作るときの野菜の水切り、大根や生玉ねぎのスライスを水にさらすとき、なすやごぼうのアク抜きなど、ザルとボウルがピッタリセットできて水切りも上に持ち上げればいいというのは、地味ですが楽に感じられます。

耐熱100℃なので、ゆでた野菜や麺類の湯切りにも使えますよ。

他にも、ヨーグルトの水切りや、おいなりさんを作るときに炊いた油揚げにも。

ボウルの上にザルを重ねて使えば、パサパサになりすぎず適度な加減で汁を切ることができます。

 

食洗機を使うことはできないそうですが、調理の下ごしらえに使ってパパッと洗ってしまうことが多いことを考えると、それほど問題はなさそう。

むしろ、毎日のように使うものだからこそ、食材が挟まる、収納がしづらいといった地味なストレスから解放されるメリットのほうに軍配が上がりました。

Amazonなどネット通販で売られているので、気になる方はぜひ手に取って使ってみてください。

like-it『米とぎにも使えるザルとボウル』

1,760円(税込/編集部調べ)

カラー:ホワイト・グレー・グリーン

【提供】

ライクイット株式会社

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集
人気の記事

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。