子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

今すぐオーブンレンジを買い替えたくなる!最新機種を「毎日使う」目線で調べてみたら…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毎日のごはん作りに大助かりのオーブンレンジ。毎年のように進化した新製品が発売されていくけれど、家電量販店で機能の充実ぶりを聞いてもどうもピンとこないですよね……。

頻繁に使うものだからこそ、実際に使う目線で最新機能を知りたい! そこで、最新のオーブンレンジはどんなことになっているのか、最新の機能はどう役立てると便利なのかを「主婦目線」で調べてみたら、いやあホントに素晴らしく使いやすく進化してたんです! もう何年もオーブンレンジを買い替えてない皆さんにこそお知らせしたい、今どきの優秀機能をご紹介します。

こんなところがうれしい!最新オーブン事情

よりおいしくヘルシーに!加熱ムラも軽減

最近のオーブンレンジで進化がめざましいのは、おいしさと健康面の両方が以前より考慮されていること。幅広いヘルシー料理がオーブンレンジで作ることができるようになっています。

加熱調理の技術がさまざまに進化していることで、単に「焼く」だけでなく、蒸したり揚げたりといった調理もできるように。

特に人気があるのが、過熱水蒸気・スチーム機能がついたオーブンレンジです。この機能があれば、蒸しものが簡単にできるだけでなく、お肉料理も余分な脂を落として焼くことができたりと、家族の健康に配慮した献立作りに役立ちます。

油を使わずに揚げものを調理することもできるので「火加減が難しいから揚げ物は苦手」「油の処理が面倒」と思っていた人も、家庭で手軽に揚げものに挑戦できますね。

また、食品などの表面温度をはかってくれる赤外線センサーが取り入れられているオーブンレンジも多くあります。「様子を見ながら何度も再加熱」という“地味なイラっと感”を解消できそう。

大皿が入るフラットタイプも!掃除が格段にラクになる

以前のレンジで主流だったのはターンテーブルタイプ。でも最近は、フラットタイプのオーブンレンジも多く見られるようになりました。ターンテーブルだと引っかかって使えない大皿も、フラットタイプだとお皿の形状を選ばなくて済みます。お料理を大皿で出すことが多い人にはフラットタイプがおすすめです。

また、フラットタイプは掃除がしやすいというのも大きなメリット。ターンテーブルはテーブルプレート自体は洗えて便利ですが、回転部分が邪魔で、庫内の掃除は面倒な一面も。フラットタイプは、庫内の壁面や底面が拭きやすく、ササッとお手入れできて、清潔に使うことができるんです。

フラットタイプのオーブンレンジのなかには、フラット部分にはずして丸洗いできるテーブルプレートが設置されているものもあり、これが普段のお手入れにとても便利なんです。

実は地味にありがたい機能はコレ! お手入れのことまで考えられた最新「ヘルシーシェフ」

テーブルプレートをはずして丸洗いできることで、忙しい主婦から評価が高いオーブンレンジが、日立のヘルシーシェフシリーズ。

取り出しやすい形状のプレートで、はずしたらそのままシンクで洗えます。子どもに「レンジからお皿を出して」とお願いしたときうっかりこぼしちゃった、なんてときにも、丸洗いできるのは助かりますよね。

しかも、セラミックでできているため研磨剤入りのクリームクレンザーの使用もOKです。

テーブルプレートだけでなく、『ヘルシーシェフ』は庫内のお掃除も楽々。

最新機種の『ヘルシーシェフ』MRO-W10Xは、レンジの操作パネルにある「お手入れ/設定」ボタンから「清掃」を選んでスタートすると、スチームが出て、天面や側面についてしまった油汚れを拭き取りやすくしてくれます。

お手入れのボタンが操作パネルに組み込まれていることで、「どこを押せばお手入れ機能が使えるんだっけ?」と、いちいち取扱説明書を引っ張り出す手間がありません。

毎晩のごはんの後片付けをしながらパパッとレンジもお掃除、なんてこともできそう。

スチームをかけたあとは、庫内をさっと拭くだけで日々のお手入れが済んでしまうという手軽さなんです。ヒーター部分が庫内に露出していないから、天面部分も楽に拭くことができます。

脱臭や水抜きなど、本気でお手入れしようと思ったら大変な作業も簡単にできるのは、毎日家事をする身にとっては助かりますよね。

忙しい毎日にクックパッドレシピや連携アプリ、Wスキャン調理がうれしい

『ヘルシーシェフ』MRO-W10Xは、もちろん調理でもかなりの優れもの。「ヘルシーシェフアプリ」(※1)と連携すると、毎日悩みがちな献立決めもスムーズに。家にある材料で作れるものを検索したり、ジャンルや調理方法や食材名でレシピを探したりできます。

季節やイベントに合わせたおすすめのレシピも提案してくれるうえ、2019年秋以降からアプリ上に新しいレシピが配信されて行くので、レパートリーが増えて、献立がマンネリ化することも防げそう。

アプリには人数分別でレシピが紹介されているので、自分で計算しなくていいのもとってもうれしい。

ヘルシーシェフアプリでレシピを決め、あらかじめオーブンレンジに転送しておけば、下ごしらえをした後すぐに調理をスタートできるので、時間効率がぐっとよくなります。

また、30種のクックパッド殿堂入りレシピオートメニューが搭載されているので、クックパッドで人気のおいしいレシピをオートで手軽に調理することもできます。クックパッドを普段活用している人には「これ作ってみたかった!」というレシピが見つかるかもしれませんね。

普段の調理でも、重さと温度をはかる(※2)Wスキャン調理で、加熱のパワーや時間をおまかせできるのが画期的。調理はもちろん、よく使うお肉やお魚の「解凍」もムラを抑えて(※3)、ご飯や牛乳の「あたため」も適温に(※3)してくれるので、上手に、しかもぐっと楽にできるんです。

最新のオーブンレンジ『ヘルシーシェフ』MRO-W10Xは、忙しいお母さんにとって、お手入れの点からも調理機能からもかなり頼りになる存在と言えそう。

他にも多くの便利機能があるので、気になる方はぜひホームページや家電量販店などでチェックしてみてくださいね。

→日立『ヘルシーシェフ』をもっと詳しく

※1Android 5.0以上、iOS10.0以降に対応。インターネット接続環境と無線LANルーターが必要です。Androidは、Google LLC.の登録商標です。※2食品の重さと温度(容器を含む)をはかります。加熱前の表面温度とメニューごとに規定した表面温度までの温度変化をみます。※3食品の形状・庫内温度・容器等により仕上がりが異なります。

【提供】

日立グローバルライフソリューションズ株式会社

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura編集者募集
kufura members募集中
連載
人気の記事