子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「そばつゆにちょい足し」で美味しくなるものを大調査!年越しそばでも使える技を一挙公開

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

あっという間に今年も年末。大晦日には年越しそばを食べるという方もきっと多いですよね。いつものそばも美味しいですが、つゆに少しだけアレンジを加えると、もっと美味しい自分好みの味を見つけられるかもしれません!

そこで今回『kufura』では、20~50代の女性165人にアンケートを行い、「そばつゆ」にちょい足しすると美味しくなるものについてうかがいました。今すぐにでも、暑い季節でも使えるアレンジなので、ぜひ参考にしてくださいね。

「柚子胡椒」で香りと風味アップ

null

ちょっと味変したいときに気軽に挑戦できるのが柚子胡椒。爽やかな香りにピリ辛が加わって、大人が好きな味になりますよ。

「柚子胡椒。爽やかさとピリ辛感が味変にちょうどいい」41歳/主婦)

「飽きた頃に柚子胡椒で香りと風味をアップ。さっぱり食べられます」39歳/主婦)

「柚子胡椒を入れると爽やかな香りで美味しくなる」(55歳/その他)

「卵」でまろやかに

null

そばつゆに生卵を入れるとまろやかな味に変化します。冷たいおそばとの相性もバッチリですが、年末は温かいそばに入れてシンプルな月見そばにしても楽しめそうです。

「生卵、とろみが出て美味しいです」32歳/無職)

「生卵。まろやかになる」50歳/主婦)

「温泉卵」(48歳/主婦)

「かつお節」で出汁も具材も

null

そばつゆの出汁をかつお節から取っているという本格的な方もいると思いますが、かつお節を具材として入れてしまうという意見もありました。出汁も出て、具材も増えてお得なちょい足しです。

「かつお節。旨味と具感も出て美味しいです」58歳/主婦)

「かつお節を入れると風味が加わって美味しいです」49歳/専門職)

「かつお節。風味が増す気がする」31歳/専門職)

「ごま油」でちょい中華風

null

途中で飽きてしまったときにぜひ試したいのがごま油のちょい足し。中華風に味変されて、香ばしい香りが食欲をそそります。いつもとは違ったつけ麺風にしても美味しそう!

「ごま油。コクがでて風味がよく美味しくなります」51歳/主婦)

「ごま油。中華風になって美味しい」52歳/その他)

「ごま油。旨味と風味が加わって、味変にちょうどいい」47歳/主婦)

「とろろ」「納豆」などネバネバ食材

null

そばと相性の良いネバネバ食材もちょい足しとして人気で、中でも、とろろ、納豆、おくら、めかぶがあがっていました。温でも冷でもスルスル美味しくいただけます。

「とろろが美味しい」41歳/研究・開発・技術者)

「ひきわり納豆ととろろ、おくら等のネバネバ系は何でも入れます」51歳/研究・開発・技術者)

「納豆です。ねばねば感が出て美味しいです」43歳/主婦)

「めかぶ」40歳/主婦)

「辛党」のちょい足し

null

そばに一味や七味を入れるのがお馴染みですが、他にも辛党さん達のアレンジがたくさん。ラー油やコチュジャン、豆板醤などを使えば、ピリっとした汁とそばが絡んでクセになる美味しさです。

「ラー油。味変したいときに加えると辛みがあってのどごしの邪魔にもならないので美味しい」41歳/その他)

「ラー油。ちょっと中華風になり、ピリ辛で美味しい」48歳/総務・人事)

「辛いのが好きなのでコチュジャン」48歳/主婦)

「豆板醤。ピリリと辛いつゆになって、大人向けになります」50歳/主婦)

さっぱり派には「梅」や「大根おろし」

null

あっさりしたそばをよりさっぱり食べたい時には、梅干しや大根おろしのちょい足しが人気でした。夜小腹が空いたときでもGOOD! お腹がいっぱいでも食べられちゃいそうです。

「梅干しの果肉。梅の酸っぱさが美味しい」59歳/主婦)

「梅干しとにんにく。酸味もパンチもあるけどさっぱり食べられて美味しいです」29歳/事務職)

「大根おろし。わさびと違った辛みがクセになります」49歳/総務・人事)

 

いかがでしたか?

いつも同じそばつゆで飽きてしまったときには、ちょい足しをしていつもとは違った美味しさを楽しんでみてください。気になるレシピがあった方は、冬休みにぜひお試しくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集