子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

今年も待ってました!「とうもろこし」の旬の時期に、絶対に作ると決めているメニューは?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

6月頃から夏まで旬が続く「とうもろこし」。スーパーでもだんだん安く手に入るようになってきましたね。

旬のとうもろこしは甘くてみずみずしくて、茹でて食べるだけでも大満足ですが、他にも美味しい食べ方はたくさんあります!

今回『kufura』では、20~50代の女性262人にアンケートを実施し、「とうもろこしが旬の時期に絶対食べると決めているレシピ」についてうかがいました。今年も旬のとうもろこしで作りたいメニューが次々に出てきますよ。早速見ていきましょう!

「焼きとうもろこし」でお祭り気分

一足お先にお祭り気分になれる、香ばしい焼きとうもろこしがとても人気でした! 醤油やバターを合わせてこんがり焼くだけなので簡単です。おやつにしても喜ばれますよ。

「シンプルに焼きとうもろこし。醤油で味付けしたとうもろこしを網焼きしていただきます。焦げた醤油が香ばしくて最高です」37歳/総務・人事・事務)

「焼きとうもろこし。シンプルだけど一番美味しい」26歳/主婦)

「焼きとうもろこし。醤油バターでこんがり焼いて食べるのが、屋台の味みたいで美味しい」40歳/主婦)

「焼きとうもろこし。醤油を塗ってオーブンでこんがり焼くだけ」32歳/総務・人事・事務)

 

プチプチ美味しい「ご飯」レシピ

とうもろこし×ご飯のレシピも簡単で美味しいので人気です! 炊き込みご飯だけでなく、後からとうもろこしを混ぜたり、チャーハンにしてみたり、さまざまな方法がありますよ。

「とうもろこしご飯。醤油は入れず、バター、塩だけで」58歳/主婦)

「とうもろこしご飯。とうもろこしの芯とご飯を炊く。とうもろこしはバターで炒めて、醤油と胡椒で味付け。炊けたご飯とよく混ぜる」36歳/主婦)

「とうもろこしのピラフ。炊飯器に米、とうもろこし、コンソメ、塩胡椒、細かく切った鶏肉、醤油を入れ炊く。仕上げにバターを混ぜる」(35歳/医師)

「とうもろこしとベーコンのチャーハン。とうもろこしとベーコンを炒めてご飯を入れ、中華粉末とバターを入れてさらに炒め、仕上げに黒胡椒を入れて完成」(40歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ペッパーランチ風。バターで牛肉を焼き、とうもろこしとご飯を入れて混ぜ合わせる。醤油と砂糖で味付けするだけ」(22歳/学生・フリーター)

 

「かき揚げ」「天ぷら」はおつまみにもOK

かき揚げや天ぷらにして、素材の旨味を味わうのも良いですよね。甘みのあるとうもろこしの揚げ物は何もつけなくても美味しい! 大人も子どもも好きな味なので、多めに作ってみんなで楽しみたいですね。

「とうもろこしのかき揚げ。天丼も、そばにも、そのままおつまみにも良し」55歳/学生・フリーター)

「とうもろこしのかき揚げ。玉ねぎ、ツナと一緒にかき揚げにします。旬だと甘くて美味しい」56歳/主婦)

「とうもろこしの天ぷら。削ぐように包丁でカットし天ぷら粉にまぶし油で揚げる。塩を少し振って出来上がり。とうもろこしの甘みが感じられとても美味しい」(38歳/その他)

「とうもろこしの天ぷら。実がバラバラにならないように包丁で削ぎ、衣をつけてカラッと揚げます。サクサクの衣と弾ける食感、際立つ甘味が最高です」(33歳/主婦)

 

手間をかけて手作り「コーンスープ」に

ミキサーやブレンダーを使用するコーンスープは少し手間がかかりますが、旬の時期こそ手作りしてみるのがおすすめです! 今しか食べられないジューシーで甘みの強いコーンスープができますよ。

「コーンスープ。ざっくりとミキサーにかけ牛乳等で煮る。粒が残っている位だと食べごたえがあって美味しい」52歳/その他)

「コーンポタージュを一から作る。つぶコーンたっぷり、クルトンたっぷりで美味しい」49歳/総務・人事・事務)

「手作りコーンスープ。ミキサーしたものを裏ごししてつくる。旬のとうもろこしは甘味が強くて美味しい」56歳/主婦)

「コーンポタージュ。芯と薄皮で出汁を作り、炒めたコーンと合わせて煮たあと、ブレンダーで潰してこします。とうもろこしの香りと甘味が濃厚でとても美味しい」45歳/研究・開発)

 

「炒め物」で簡単おかずに

とうもろこしは炒めればメインのおかずに早変わりします。とうもろこしだけでも、ベーコンやほうれん草と合わせても絶品です! 冷めても美味しいので、お弁当のおかずにも良いですよ。

「とうもろこしのバター醤油焼き。シンプルに焼くだけ。素材の旨味が引き立って美味しい」28歳/その他)

「とうもろこしとにんじんをバター醤油で炒める」42歳/その他)

「じゃがバタコーン。とうもろこし、茹でたじゃがいもを炒め、バターを溶かしてからめる。バターが香ばしく、塩気があってやみつきになります」31歳/学生・フリーター)

「ほうれん草のバター炒め。ほうれん草とベーコンとコーンをバターで炒める。簡単だけれど、濃厚で美味しいです」43歳/主婦)

 

他にも作りたいメニューがたくさん!

最後はほかにも集まったレシピをいくつかご紹介します。パンケーキやパンなど小麦粉との相性も良いですし、ラーメンに入れても存在感抜群です!

「とうもろこしパンケーキ。ホットケーキミックスに混ぜるだけなので簡単で、ほんのり甘くて美味しい」30歳/弁護士)

「とうもろこしトースト。とうもろこしをバターを塗った食パンに乗せて、軽く焦げ目がつくまでトースターで焼きます。とうもろこしの自然な甘みとバターの風味が美味しい」47歳/その他)

「とうもろこし入りハッシュドポテト。バター多めで作ると喜んでくれる」55歳/主婦)

「お好み焼き。とうもろこしの甘さがとても美味しいです」49歳/総務・人事・事務)

「味噌バターコーンラーメン。札幌味噌ラーメン風にして食べる」58歳/主婦)

 

いかがでしたか?

とうもろこしの美味しさを感じられるメニューはこんなにたくさんありました!  今年の夏を存分に楽しむために、いつもは食べないとうもろこしレシピもチャレンジしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集