子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「お茶漬けにちょい足し」するともっと美味しくなるものを大調査!【5/17はお茶漬けの日】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

さらさら食べられて食欲がないときにも助かる「お茶漬け」は忙しいときの味方ですよね。お茶漬けの素があれば、お湯を注ぐだけで完成する手軽さも嬉しい! そのまま食べても美味しいですが、ちょい足しアレンジすると、もっと本格的になりますよ。

そこで今回『kufura』では、20~50代の女性296人にアンケートを実施し、「お茶漬けにちょい足し」すると美味しくなるものについて伺いました。実は5月17日は「お茶漬けの日」。記念日にお茶漬けはいかがですか?

王道「梅干し」が一番人気

きっと家でちょい足ししている人も多い「梅干し」が一番人気でした。梅味のお茶漬けの素も売っていますが、本物をのせることで、もっと本格的に、さっぱりとしたお茶漬けに変身してくれますよ!

「梅干し。酸味が増して美味しい」30歳/学生・フリーター)

「梅干し。本物の梅干しをちょい足しするだけで立派な梅干し茶漬けになります」41歳/その他)

「梅干し。これがあるだけで満足感が格段に上がる。強い酸味が刺激的で美味しい」53歳/主婦)

 

「わさび」でツンと大人の味

大人に人気だったのが、わさびのちょい足しです。辛みと風味がプラスされて、和食屋さんのお茶漬けのように本格的な味に。入れすぎると辛くなりすぎてしまうので、量には注意してくださいね。

「わさび。ツンとするくらいパンチがあるのが美味しい」(53歳/学生・フリーター)

「わさび。一気に本格的になるのが好きです」53歳/その他)

「わさび。辛さと風味が感じられて美味しいです」51歳/主婦)

 

「柚子胡椒」で爽やかに

わさびとはまた違った辛みが感じられる柚子胡椒もお茶漬けに合いますよ。柚子の爽やかな酸味や風味がマッチします。ピリッとしたアクセントがついて、大人のお茶漬けとしておすすめです。

「柚子胡椒。爽やかな辛さが上品で合う」40歳/主婦)

「柚子胡椒。ピリっとして大人の味になる」(38歳/公務員)

「柚子胡椒。爽やかな風味がプラスされて美味しく感じる」(45歳/主婦)

 

「ごま油」でコクをプラス

さらっと食べたいけれど、少しコクを足したい、というときはごま油がおすすめです。ごま油の香ばしさがより食欲を増進させます。中華風に味変もできるので、途中で加えるのも良さそうです。

「ごま油。香り高く一気に食欲が増す」41歳/その他)

「ごま油。和風から中華風に変身し香りも高まります」32歳/その他)

「ごま油。香ばしくて美味しくなる」(52歳/主婦)

 

「塩昆布」で味が決まる

ご飯と塩昆布は合いますが、お茶漬けともマッチします! ふやけて塩昆布の旨味が広がり、何も入れなくても味が決まりますよ。梅干しやわさびと合わせても美味しそうです。

「塩昆布。塩昆布とご飯の組み合わせは抜群に美味しく、お茶漬けにしても美味しく食べられます」36歳/主婦)

「塩昆布。お茶漬けにいれるといい感じにふやけて、出汁も出て美味しくなる」20歳/学生・フリーター)

「塩昆布を付け足します。昆布のうまみが出てすごく美味しいです」42歳/主婦)

 

ほかにもこんなちょい足しで美味しく

他にもちょい足しアレンジがたくさん集まりました。これらを足せば、いつもとは違ったお茶漬けを味わえそうです!

「ポン酢。さっぱりとしたお茶漬けになります」38歳/主婦)

「レモン汁。夏場は冷やし茶漬けにしてレモン汁をかけるとさっぱりして美味しいです」47歳/総務・人事・事務)

「黒胡椒。味が引き締まり、香り高くなってめちゃくちゃ美味しいです」33歳/主婦)

「食べるラー油を入れると風味が変わり美味しい」48歳/その他)

「生姜を入れると味変になる」40歳/総務・人事・事務)

「粉チーズ。まろやかな味になる」51歳/その他)

「卵黄。濃厚で美味しくなる」39歳/主婦)

 

いかがでしたか?

お茶漬けはシンプルなのでいつも同じ味になりがちですが、ちょい足しをすれば飽きずに毎日でも楽しめそうです! 「お茶漬けの日」に、みんなでお茶漬けを楽しんでみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集