子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

あえてひきわりを使う!ひきわり納豆だからこそ美味しい絶品レシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

納豆は大粒・中粒・小粒・ひきわり……と様々ありますが、食べ方によって使い分けしていますか? 今回は“ひきわり納豆”に注目して、女性339名に“ひきわり納豆だからこそ”美味しくなる料理を伺いました。普段ひきわり納豆を使わない人、必見です。

そばによくからむ「納豆そば」

「納豆そば。そばとよくからんで美味しいから」(63歳/その他)

「納豆そば。細かいほうがそばに良く絡んで美味しい」(50歳/デザイン関連)

「納豆そば。大根おろしと納豆でそばを食べるとおいしい」(60歳/総務・人事・事務)

「ひきわり納豆そば。ネギ多めにして絡ませてから、すき焼き用のタレをかける。納豆独特のニオイが軽減されておいしい」(32歳/デザイン関連)

細かくした納豆だからこそ、そばとよくからんで美味しさ増し増し! ひきわり納豆がからむことで、そばつゆの味わいも深まります。すき焼き用のタレをプラスすることで、納豆のニオイを軽減させているという人もいました。

ごはんに合うサイズ感「チャーハン」

「納豆チャーハン。細かいと、ごはんとよくなじんでくれるし、美味しさが増す気がする」(28歳/総務・人事・事務)

「チャーハン。ひきわりの方が熱が通ってチャーハンと上手い具合にマッチする」(30歳/学生・フリーター)

「納豆チャーハンがおいしいです。ねぎを多めに入れて仕上げるとさっぱりします」(70歳/主婦)

納豆チャーハンのときには、ひきわりの方がマッチするとの声が。小さいからこそなじみが良く、調理をするときにも熱が均一に入ってくれそうです。野菜をプラスすれば、栄養バランスもいい一品になるでしょう。

のどごしを楽しみたい「納豆汁」

「納豆汁。味に深みが出る」(65歳/その他)

「納豆汁。粒が大きいと喉にサラサラ入っていかないから」(45歳/総務・人事・事務)

「納豆汁。ひきわり納豆だと旨味が出やすく美味しい」(64歳/その他)

「納豆の味噌汁。味が出て、美味しく感じるから」(44歳/主婦)

味噌汁に納豆を入れると、とろみと旨味がアップ。ひきわりを使えば、そのとろみで喉通りが良くなります。きのこや豆腐、ネギなどを入れて、ほっこりと楽しみたいところです。

他の具材との相性も良し「丼」

「爆弾丼。おくら、トロロ、サーモンやマグロ、アボカドなど。ネバネバしやすいのでひきわりの方が美味しい」(39歳/主婦)

「納豆とオクラと長いもとしらすのポン酢のねばねば丼」(39歳/その他)

「ひきわり納豆とめかぶを混ぜて、丼にするととてつもなく美味しい」(38歳/主婦)

納豆を丼として食べるときは、ひきわりがオススメ。納豆ごはんは普通の納豆でも、丼ではひきわりを使う人が多いようです。丼にするときは、オクラやめかぶなど他のネバネバ食材と和えて栄養をプラス。マグロやしらすも乗せると彩りもきれいです。

巻きやすい・食べやすい「納豆巻き」

「納豆巻き。納豆巻きはひきわりというこだわりがある。キメが細かくて食べやすいし巻きやすいから」(41歳/その他)

「納豆巻き。ひきわり納豆だと、切り口がきれいで、見た目が美しいです」(56歳/主婦)

「海苔巻き。ひきわり納豆と酢飯が合う」(54歳/金融関係)

「手巻き寿司。普通の納豆に比べ粒が細かいので、海苔の中に色々な具材と一緒に入れることができる。口の中で他の具材と味や食感が合わさってとても美味しい」(68歳/主婦)

ひきわり納豆といえば、納豆巻きは外せません。巻きやすさはもちろんのこと、食べやすさや見た目においてもひきわりがベスト。酢飯との相性がいいのも、ひきわり納豆の特徴かもしれません。

麺となじんで食べやすい「パスタ」

「納豆パスタ。パスタとよく絡むため」(23歳/コンピューター関連以外の技術職)

「納豆パスタ。麺とよくなじむから」(50歳/総務・人事・事務)

「納豆のパスタ。麺にたくさん絡んで納豆を感じることができる」(68歳/主婦)

「あさりのむき身としめじの納豆パスタ。ひきわり納豆でないと、美味しい納豆パスタにはなりません」(62歳/その他)

和えるだけと手軽に楽しめる納豆パスタも、ひきわりの方がなじみがいいという評価を得ています。パスタとからみやすいため、納豆をしっかり感じられ美味しいとの声が多数聞こえてきました。

麺類はひきわりが人気?その他の回答

「そうめんのめんつゆに入れると、麺にからんでおいしい」(46歳/総務・人事・事務)

「納豆つけうどん。ひきわり納豆、めんつゆ、醤油、鰹節をうどんの茹で汁少量で割り、うどんをつけて食べるのがすごく美味しいです。ひきわりの方が麺に絡みやすいので」(39歳/主婦)

「納豆うどん。ふつうの納豆では最後に豆だけが残ってしまう。ひきわりを使うと麺や薬味とからんで最後まで美味しく食べられる」(61歳/コンピューター関連技術職)

そばやパスタといったものに代表されるように、麺類はひきわりの方がいいと思っている人が多いようです。ひきわり納豆の方が麺によくからんでくれるため、納豆をより感じられたり、味わい深くなるのがその理由のよう。これまで普通の納豆を使っていた方も、麺を食べるときにはひきわりを試してみてはいかがでしょうか?

 

ひきわり納豆になじみのない人もいるかもしれませんが、ご紹介したように“ひきわり”ならではの楽しみ方はたくさんあります。ぜひ次回納豆料理を作る際には、ひきわり納豆を使用してみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集