子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

まるっと一玉使いきり!「白菜」をスープや鍋に…最後まで堪能しつくすレシピを集めました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

冬が旬の「白菜」。鍋やスープなど、体を温める料理と相性バッチリなので、冬のご飯作りには欠かせない野菜です。旬の今、スーパーでもお手頃価格で手に入るので、たくさん買ってさまざまな料理に使いたいですよね。

そこで今回『kufura』では、20~50代の女性377人にアンケートを実施し、「白菜」を大量消費できる美味しいアイディアレシピを伺いました。たくさん買っても余らせない、使い切れる絶品レシピがたくさん集まりましたよ。

冬はやっぱり「鍋」!

まずはやっぱり「鍋」ですよね。鍋に白菜は欠かせません! 中でも、ミルフィーユ鍋にすると白菜が大量消費できるうえに美味しい、と人気でした。他にも、どんな鍋とも相性が良いので様々な味で楽しめます。

「ミルフィーユ鍋。豚肉の薄切りと白菜だけで済むので、冬にたくさん登場するメニューです」(36歳/主婦)

「牛乳仕立ての白菜と薄切り肉のミルフィーユ鍋。白菜とお肉が良いバランスでよく食べます」(49歳/その他)

「白菜ときのこをたくさん入れて豆乳で煮込んだ豆乳鍋」55歳/主婦)

「白菜のミルクチーズ鍋。鍋に白菜、鶏肉、鶏ガラスープの素、酒、水を入れて煮て、牛乳、塩胡椒、チーズを加える。たっぷり白菜を消費できて、子どもが好きなやさしい味」48歳/その他)

「すき焼き。かさが減るから消費するには良い」47 歳/総務・人事・事務)

「タジン鍋。白菜を大量に敷いて、豚肉をのせて、レンジでチン。ポン酢をかけて食べます。10分で作れて美味しいです」49歳/総務・人事・事務)

 

「漬物」にしてご飯のお供に

白菜の消費には漬物もおすすめです。一気にいっぱい漬けても、毎日少しずつ食べられるので、ご飯のお供に助かります! 柚子や酢漬けやキムチなど、家族の好きな味つけで作ってみてください。

「塩昆布と混ぜて一晩寝かせておくと、白菜の水分がちょうど良く出て美味しい白菜の漬物になります」(54歳/主婦)

「白菜の酢漬け。きゅうり、ニンジン、昆布も入れます。七味唐辛子で味変も楽しんでください」52歳/総務・人事・事務)

「白菜のピクルス。カンタン酢に1日つけておくだけ」30歳/営業・販売)

「白菜の柚子漬け。柚子漬けの漬物の素で大量に作る」45歳/主婦)

「キムチの素と昆布とだしの素でキムチを作ります」59歳/その他)

 

「煮物」でクタクタに

煮込むと一気にカサが減るので、大量消費には「煮物」にするのも良いですよね。クタクタの白菜は甘みが増してとても美味しいですよ。ロールキャベツのキャベツ代わりにしても美味しい、という声もありました。

「ツナと一緒に醤油と砂糖で煮込む。いくらでも食べられます」26歳/学生・フリーター)

「ロール白菜。キャベツの代わりに使う。水分があって食感も優しく子どもも食べやすい」44歳/その他)

「白菜とベーコン煮。ベーコンの旨味が染み込んで美味しい。味が足りなければコンソメを加える」40歳/その他)

「白菜と豚肉、しらたきまたは春雨で炒め煮」(45歳/営業・販売)

「白菜と豚肉のくたくた煮。白菜と豚肉の風味がマッチして美味しく経済的です」43歳/主婦)

 

どんな味でも合う「スープ」

甘みのある冬の白菜は、「スープ」にしても美味しくいただけますよ。合う味付けも様々。定番のコンソメやトマト味以外にも、坦々風、ナンプラーを入れたアジア風、いつもの味噌汁にもマッチします!

「ミネストローネに白菜を入れます。煮込むので、白菜の大量消費に役立っています」35歳/主婦)

「白菜のコンソメスープ。簡単だけど栄養も摂れて美味しいです」27歳/主婦)

「白菜の坦々スープ。白菜、ニラ、豚ひき肉を炒めた後、豆乳、鶏ガラスープの素、酒、コチュジャンを入れて煮る。辛い物が好きな方におすすめです」24歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「豚汁。白菜からだしが出るので大量に入れます」47歳/その他)

「白菜スープ。ナンプラーを入れる」37歳/営業・販売)

 

「クリーム味」との相性抜群

白菜には「クリーム味」の味付けと合うという回答もとても多かったです。普段は白菜を入れないシチューやスープ、クリーム煮などに入れてみると、トロっとした白菜にクリーム味が絡まって絶品です。

「白菜のクリームシチュー。煮込むと白菜の芯までとろとろになるのでたくさん食べられる」31歳/学生・フリーター)

「白菜と鶏団子のシチュー。材料はこの2種類だけでも十分食べ応えがあって美味しい」35歳/主婦)

「白菜のクリームスープ。鮭やウインナーと煮ると美味しい」38歳/主婦)

「白菜のクリーム煮。ツナ、コンソメの素、牛乳、生クリームで煮込むだけ。簡単で冬はあったまる」46歳/主婦)

 

「餃子」「しゅうまい」「ワンタン」にも!

餃子やしゅうまいなど、包む中身の餡として、白菜をたくさん入れて大量消費しているという声もありました。一気にたくさん使うことができるうえに、シャキシャキと美味しく仕上がりますよ。

「白菜餃子。餡を作るときに白菜を大量に使います。たくさん使うことができます」41歳/その他)

「餃子。キャベツの代わりに白菜を入れます。白い部分が少々シャキシャキしてて美味しいです」46歳/主婦)

「白菜で作るしゅうまい。白菜を粗目のみじん切りにして片栗粉とまぶす。野菜をたくさん摂れて体にも良いメニューです」25歳/学生・フリーター)

「白菜を沢山入れたワンタン。トロトロになるまで煮込んだ白菜がとっても美味しい」51歳/その他)

 

いかがでしたか?

大きな白菜を買って余らせてしまうこともあるかと思いますが、大量消費レシピを知れば、最後まで美味しく使い切ることができますよ。今年の冬も白菜をいろいろな料理で楽しんでください!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集