子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

無類のしいたけ好きに「しいたけ」が一番美味しく食べられる激推しレシピ聞いてみました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

さまざまな料理に使われるしいたけは、香り高く“食欲の秋”にぴったりの食材です。美味しい食べ方を知って、この時期にたくさん召し上がってみてはいかがでしょうか?

今回『kufura』では我こそは“無類のしいたけ好き”と自負する女性188名を対象に、しいたけが一番美味しく食べられる激推しレシピを伺いました。しいたけ愛に溢れた皆さんの食べ方を、早速見ていきましょう。

香りも味も最高!「バター醤油」

「しいたけのバター醤油炒め。しいたけの香りとバターの香りがマッチして美味しいです」(39歳/主婦)

「椎茸はバター醤油で焼くのがシンプルだけど本来の味がして抜群においしいです」(60歳/研究・開発)

「シンプルにしいたけを焼き、醤油とバターを上から垂らしたものが好きです。ジューシーで素材本来の味を感じられます」(23歳/学生・フリーター)

シンプルにしいたけを焼いて、バターと醤油を和えたものが人気。しいたけさえあれば作ることができるので、手軽に美味しい一品が完成します。しいたけの旨みを存分に味わえるレシピです。

味が染みてうまみアップ「煮物」

「煮物に入れる。あじがしみておいしい」(36歳/その他)

「煮物に入れる椎茸。出汁の味が染み染みでとっても美味しい!」(27歳/コンピューター関連技術職)

「切干大根の煮物に入れると椎茸の味が出て美味しい」(52歳/その他)

「椎茸の煮物。味がすごく染みるし、出汁が出て美味しい」(23歳/総務・人事・事務)

「醤油と砂糖で煮るだけ。ジュワ〜っと椎茸独特のだし汁が口いっぱいに広がり美味しい」(78歳/主婦)

煮物に使いたいのがしいたけです。しいたけから出る出汁で煮物全体がおいしくなることに加えて、しいたけ自体も煮物の味を吸収するため、美味しい煮物が出来上がります。椎茸のみで副菜に、具沢山にしてメイン料理に、いろんな使い方ができそうです。

シンプルが一番!「網焼き」

「そのまま網で焼いて食べると口の中に風味が広がって最高です」(43歳/その他)

「かさを裏返して、魚焼き器で素焼き。おろししょうがでいただく」(49歳/主婦)

「BBQで炭火で焼き、岩塩のみで食べる」(40歳/金融関連)

「そのまま魚焼きグリルで焼いて、醤油をちょっとたらして食べるのが1番美味しいです」(49歳/総務・人事・事務)

通っぽい食べ方がしたければ、網焼きがオススメ。七輪やバーベキューで食べられれば気分も盛り上がりそうですが、自宅であれば魚焼きグリルを使う手も。醤油や塩、生姜など、お好みの味付けでシンプルにお召し上がりください。

ジューシーさが魅力「肉詰め」

「しいたけの肉詰め。カサの部分に合い挽き肉を詰めてトースターで焼く」(36歳/その他)

「椎茸の肉詰め。椎茸にひき肉で作ったタネをこんもり詰めてお肉を下にして焼き、焼き色がついたら裏返して蓋をして蒸し焼きにします。からし醤油をかけて食べるか、水気を絞った大根おろしを1つずつに乗せてポン酢をかけて食べると美味しいです」(39歳/主婦)

「シイタケの中につみれ状の肉を詰め込み、照り焼きにして食べる」(44歳/主婦)

しいたけのかさにひき肉を詰めると、ボリュームのあるジューシーなおかずになります。しいたけと肉の相性がよく、お箸が止まらない美味しさです。かさに肉を詰める代わりに、ツナマヨを詰めて焼くという美味しそうなレシピも。

「マヨであえたツナを詰めて、トースターで焼く」(50歳/コンピューター関連以外の技術職)

「ツナとマヨネーズを和えたものを、しいたけに乗せてオーブントースターで焼く」(54歳/その他)

ツナマヨ好きであれば、こちらもぜひ試してみてください。

贅沢に味わう「天ぷら」

「しいたけの天ぷら。めんつゆで食べると美味しい」(37歳/その他)

「しいたけは天ぷらがいちばんおいしい。でも茶碗蒸しやお鍋に入っているのも好きです」(51歳/営業・販売)

「しいたけの天ぷら。醤油だけでもおいしい」(51歳/その他)

しいたけに衣をつけて揚げた、天ぷらも人気です。しいたけを丸ごと揚げて、肉厚な食感を楽しみましょう。揚げたてを塩や醤油、めんつゆなどで贅沢に食べたいですね。

無類のしいたけ好きが推す美味しそうなしいたけ料理の数々が登場しましたが、いかがでしたか? きのこ類が美味しい今の季節、ご紹介したレシピを参考に、しいたけの魅力を再発見するきっかけになればと思います。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集