子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ささみ」をごちそうにするアイディア、集めました!みんなの絶品レシピ集

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

高タンパク・低カロリーでダイエットに嬉しい食材の「ささみ」。さらに、お値段もお手頃なので、頻繁に買いたいお肉のひとつですよね。

しかし、マンネリになりがちで新しいレシピが思い浮かばない、パサパサしていて美味しくない、そんな風に思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで『kufura』では、20~50代の女性307人にアンケートを実施し、「ささみを美味しくいただくお気に入りレシピ」を伺いました。ヘルシーなのに、パッと作れてしっかりごちそうに! ささみのレパートリーが増えれば、献立に困ったときに役立ちますよ。

「カツ」にしてご馳走に!

ヘルシーなささみを揚げてカツに変身させれば、子どももモリモリ食べるボリューミーなごちそうに。外はサクサク、中はふっくらと絶品です。チーズ入りや梅入りなど、たくさん作っても楽しいですよね。

「ささみをスライスし、チーズを挟んで衣をつけて揚げるチーズささみフライ」(44歳/主婦)

「ささみにしそとチューブ梅をのせて、パン粉をまぶして揚げる」55歳/主婦)

「ささみはフライにすると柔らかくなるので、チーズを挟んだりしそを挟んだりして楽しんでいます」54歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「ささみの竜田揚げ。ささみに醤油、みりん、生姜の搾り汁を絡めて少しおき、片栗粉をたっぷりまぶして揚げる。少しお醤油をまぶして食べても美味しい」39歳/主婦)

「ささみのから揚げ。小さめ&細長めに切って揚げると、スティックチキン感覚で食べられて美味しいです」31歳/主婦)

 

ささみが主役の「サラダ」に

油っぽくないささみは、サラダとも相性抜群。ささみを割いていつものサラダにのせるだけでも、豪華なサラダになりますよ。ささみが主役の棒棒鶏もおすすめです。

「ささみとチーズのサラダ。レタスやトマト、ドレッシングにささみとチーズを入れて出来上がり」41歳/その他)

「ささみのコブサラダ。ドレッシングとささみの相性が抜群に良い」38歳/その他)

「ささみの棒棒鶏サラダ。ささみをさいて、きゅうりやトマトにゴマダレをかけてたべます。夏にぴったりです」(30歳/その他)

「ささみのさっぱり中華風サラダ。きゅうり、トマト、中華クラゲ(加工品)と一緒に中華ドレッシングで和える」(23歳/その他)

 

「和える」だけ超簡単副菜

ちょっとした一品を作るのにもささみが役立ちます。茹でて、割いて、和えるだけなので、合間にちゃちゃっと作れちゃいます。梅や生姜、わさびにめんつゆなど、味はなんでもマッチしますよ。

「きゅうりをすりおろし、茹でたささみと和えて、めんつゆ、オリーブオイルをかけていただく。さっぱりして夏にピッタリ」56歳/デザイン関係)

「ささみきゅうりの梅生姜和え。茹でたささみを裂き、きゅうりと生姜は千切り。ポン酢、梅チューブ、ゴマを加えて混ぜれば完成」33歳/総務・人事・事務)

「ささみとキムチときゅうりのさっぱり和え。ささみをレンジでチンして、キムチで和えるだけ。さっぱりと美味しいです」49歳/主婦)

「ささみをワカメと和えてわさび醤油で」43歳/その他)

 

「焼いて」もパサつかない

ささみは焼いても美味しくいただけます。下処理をしっかり行ったり、下味をつけたり、焼く前の一工夫でパサつかずにふっくら焼きあがりますよ。濃い味付けでもくどくならならず食べやすいです。

「ささみのバジルピカタ。冷めてもふっくらしているので、お弁当にもOK49歳/その他)

「ささみの焼き肉のたれ炒め。ささみとキャベツを炒めて、最後に焼き肉のたれを加えて炒めるだけ。回鍋肉っぽい味でご飯が進む」53歳/営業・販売)

「ささみの照り焼きチーズのせ。ちょっと洋食屋さんのメニューみたいになります」52歳/主婦)

「ささみを塩麹につけておいて、フライパンで焼く。うまみがあるのにさっぱりなダイエットおかず」51歳/営業・販売)

「塩コショウで焼いて、梅肉を付けて食べる。あっさりしていて美味しい」31歳/総務・人事・事務)

 

「巻いて」見た目も楽しい一品

広げて、巻いて、焼けば、いろいろな味が楽しめて見た目も可愛らしい一品ができあがりますよ。チーズや大葉、梅、海苔、野菜など、相性が良い組み合わせはたくさん! 何種も作って楽しみたいですね。

「ささみのチーズ巻き。観音開きにしてチーズをのせ、巻いて、油で焼くだけ」55歳/主婦)

「ささみを青じそで巻いて焼く。弁当のおかずにぴったり」59歳/総務・人事・事務)

「ささみをたたき薄く伸ばして野菜を巻いて焼くと野菜もとれていい」50歳/主婦)

「ささみを叩いて伸ばして、チーズ・大葉・梅・海苔を巻いて焼く」30歳/企画・マーケティング)

 

「スープ」に入れてもGOOD

最後は、ささみスープのレシピをご紹介します。ささみを割いて、いつものスープに入れるだけだから簡単。ささみを茹でた、茹で汁まで利用すれば、鶏の出汁の美味しさが広がります。

「ささみと野菜のスープ」42歳/主婦)

「ささみとトマトのカレースープ。ささみを、だしを取りがてら茹でて割いてトマトとカレー粉で味付けするだけ。夏っぽくて美味しい」38歳/主婦)

「コンソメスープに入れてほうれん草や玉ねぎなどとともに煮込む」39歳/総務・人事・事務)

「ささみのスープ。具にも出汁にもなる。湯がいて割いてネギを散らして塩胡椒するだけ」56歳/主婦)

 

いかがでしたか?

ささみは、栄養があってヘルシーなので、積極的に食べたい食品のひとつ。レパートリーを増やして、家でも絶品メニューに変身させてみてください!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集