子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

寒い朝はこの1杯が美味しい!家族が喜ぶ「冬に人気の味噌汁」。人気の具材は…

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

寒い冬はふとんから出るのもつらいもの。子どもや夫がなかなか起きてこない……そんな声も聞こえてきそうです。そんなときは、温かいお味噌汁で体を目覚めさせてあげましょう。
今回『kufura』では主婦222名を対象に、冬の朝食に作ると家族が喜ぶ味噌汁を伺いました。日本人なら誰もが好きなお味噌汁ですが、寒い時期に喜ばれるのはどんなものなのでしょうか?

やっぱり大人気!「豚汁」

「根菜たっぷりの豚汁。大根やごぼう、人参、里芋など野菜がたっぷり摂れる上に、豚肉の甘みが美味しく食べ応えがあるから」(45歳/主婦)

「豚汁で体が温まるし、七味をかけるとよりポカポカする」(60歳/総務・人事・事務)

「野菜を色々と入れたトン汁。身体もあったまるし、野菜が沢山取れるのでよいと思う。子供も喜んで食べている」(50歳/総務・人事・事務)

「沢山の野菜を入れた豚汁。何杯もおかわりできるし栄養を一気にとれるから」(64歳/主婦)

「豚肉と野菜がたっぷり入っているのでそれだけでもおかずになるし満腹感がある」(57歳/主婦)

野菜も肉も食べられる豚汁は、多くの家庭の支持を集めました。一品で栄養がたくさん摂れる豚汁は、家族の健康を考える主婦にとってもありがたいメニューです。たくさん作っておいて、家族にはどんどん食べてもらいたいですね。

甘くてホクホク「サツマイモの味噌汁」

「さつまいもの味噌汁。甘いさつまいもがホッとさせてくれるから」(39歳/主婦)

「じゃがいもで普段作るが、さつまいもの季節は小ぶりのものを皮ごと味噌汁に入れると甘くなって喜ぶ」(49歳/主婦)

「さつまいもを入れた味噌汁。甘味が出てお通じにも良い。さつまいもを入れる事によって腹持ちが良くなる」(46歳/総務・人事・事務)

「さつまいもの味噌汁。サツマイモの甘さとホクホク感で元気になれそうなので」(37歳/主婦)

「さつまいも入り味噌汁。さつまいもは子供達が大好きだから喜ばれます」(34歳/主婦)

冬には甘みのあるお味噌汁も好まれています。サツマイモはその甘さとホクホク感から、お味噌汁にしても美味しく、子どもからも人気のある一品です。バタバタしがちな朝も、お味噌汁の甘みに少しホッと落ち着けそうです。

全部使い切り!「大根の味噌汁」

「大根とえのきと油揚げの味噌汁。冬の大根は甘くて美味しい。えのきで旨みアップ」(47歳/主婦)

「大根を味噌汁の具にすると、優しい食感だし、温まるので、美味しいと言ってくれます」(45歳/主婦)

「大根と揚げの味噌汁。大根がホクホクになって、体が温まります」(52歳/主婦)

「大根とさつまいも。ほくほくしたさつまいもが甘くて美味しい」(37歳/その他)

冬の大根は甘みがあって柔らかく、もちろんお味噌汁の具材としても人気の高い食材です。ほかの食材とも相性が良く、前項のさつまいもと一緒に入れて楽しむ人も。また、栄養価の高い大根の葉っぱをお味噌汁に入れて消費している人も。

「大根の葉の味噌汁。カルシウムが取れるから」(35歳/主婦)

食材を無駄なく使うことができ、体にもいいことだらけ。ぜひ葉も具材としてお召し上がりください。

甘みととろみにウットリ「かぼちゃの味噌汁」

「かぼちゃのみそ汁。他の具材よりほんのり甘くて、寒い時期には美味しい」(54歳/主婦)

「カボチャと豚肉。あったかいし甘いから子供が喜ぶ」(48歳/主婦)

「かぼちゃの味噌汁。かぼちゃを入れると甘くなっておいしいので」(24歳/その他)

「かぼちゃの味噌汁。とろけて美味しいから」(20歳/学生・フリーター)

「豆腐と揚げにカボチャが入った味噌汁。味噌汁が甘くなるので」(62歳/主婦)

サツマイモと並んで、カボチャもお味噌汁に甘みをプラスすることができます。煮込んだカボチャはとろみがあって、体を温めたい冬にはぴったりです。寒い朝ですが、温かいカボチャのお味噌汁は家族でほっこりする時間を作ってくれそうです。

定番の安心感「玉ねぎとジャガイモの味噌汁」

「じゃがいもと玉ねぎの味噌汁。玉ねぎの甘みでお味噌が美味しくなり好き」(67歳/主婦)

「玉ねぎとじゃがいものお味噌汁。玉ねぎの甘味が朝の体には優しいようです」(46歳/総務・人事・事務)

「玉ねぎとじゃがいもの味噌汁。じゃがいもがトロっとして、玉ねぎの甘みで味噌汁の汁が甘くておいしくなる」(52歳/主婦)

「玉ねぎとじゃが芋のみそ汁。甘みと少しのトロトロ感が美味しい」(34歳/その他)

玉ねぎとジャガイモのお味噌汁は、定番ながら安心できる美味しさを感じさせてくれます。玉ねぎの甘みとジャガイモのホクホクが目覚めの体に優しく、落ち着いた朝を過ごせそうです。

食材のうまみを満喫「具だくさんの味噌汁」

「具だくさん汁(具ならなんでも、大根・人参・こぼう・しめじ・すり身・厚揚げ・しらたき等)。しょうがもたっぷり入れるのでおかずが、少ない時に役にたつ」(59歳/主婦)

「根菜の具沢山味噌汁。おかずとして一品になるし、体の芯から温まるので冬場の定番です」(54歳/主婦)

「具材がたくさんあればあるほど温かく感じて、汁が足りなくなっておかわりしてくれます。具材から出たうまみが美味しいと言ってくれます」(44歳/主婦)

「残り物野菜何でも。具沢山で喜ぶ。味が染みて美味しい」(55歳/その他)

食材の種類を数多く用意し、具だくさんにしたお味噌汁は、栄養とうまみがたっぷりの満足いく一品です。冷蔵庫にある余り食材を使って作ることができ、食材の整理にもなるため一石二鳥。寒い季節はたくさん食べて、風邪に負けないよう元気に過ごしましょう。

魚や貝も活躍!その他の回答

「カキと大根の味噌汁。カキは冬の風物詩であり、出汁が効いた味わいは、冬のありがたみの一つになっているから」(62歳/主婦)

「鮭の粕汁。鮭が主人共々好きなので」(36歳/総務・人事・事務)

「ぶりと玉葱の味噌汁。ぶりの旨味が非常に子供に喜ばれるので」(50歳/主婦)

野菜や肉だけでなく、魚介のうまみを楽しんでいる人たちも。冬ならではの食材で、その時期限定の美味しさを味わえるのは贅沢ですね。

 

この時期は甘いお味噌汁や、具の多いお味噌汁に人気が集まりました。冬は体を温めるために、じっくり味わえるものを欲しているのかもしれませんね。みなさんのご家庭では、どんなお味噌汁が人気ですか?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。