子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ジャム、ポン酢、ゆず茶に!「ゆず」をおすそ分けしてもらったときの大量消費レシピ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

香りのいいゆずは、この時期の食卓を華やかに演出してくれます。一方で大量におすそ分けをいただくなど、「ゆずがたくさん家にあるけど、どうやって消費しよう……」といった悩みも聞こえてきそう。
そこで『kufura』では女性341名を対象に、ゆずが大量にあるときの消費レシピを調査。みなさんの美味しいアイディアを教えてもらいましょう。

大量消費と言えばコレ「ジャムにする」

「ザクザク刻んで砂糖をふりかけ電子レンジにかけるとジャムになります。お湯で溶かしても美味しいです」(55歳/その他)

「ゆずのジャム。砂糖の甘さの中に柚子の苦さがほんのりあって美味しいです」(19歳/学生・フリーター)

「ゆずジャム。たくさんの砂糖とにつめることで透明感のあるきれいなジャムができます」(38歳/営業・販売)

砂糖とゆずがあれば、簡単にジャムを作ることができます。ゆずの香りと苦みがほどよく、自家製のゆずジャムにおうち時間も癒されそう。パンやヨーグルトなどと一緒に美味しく食べたいですね。

美味しい冬の定番「鍋料理」

「すりおろして大根おろしに混ぜて、鍋に大量に入れる。鍋の具材をあっさり食べられる」(40歳/その他)

「ゆず鍋。冬にはピッタリな鍋料理でゆずをたくさん使っちゃいます。ポン酢につけて具材は召し上がれ」(26歳/その他)

「ひきにくと合わせて肉団子。そして鍋にいれてゆずなべ」(34歳/主婦)

「ゆず味噌なべ。ゆずの皮や果汁をたっぷり使って、さっぱりした味に味噌のコクがプラスされて美味しい」(55歳/その他)

「鍋に入れる、サッパリしていて美味しい」(40歳/総務・人事・事務)

寒い時期に出番の多い鍋は、ゆずの消費にぴったり。いつものお鍋が、ゆずの風味によって格上げされます。さっぱりしているので、野菜もたくさん食べられそうです。

さっぱり食べたい「大根と和える」

「大根と一緒に酢漬けにする」(58歳/主婦)

「大根と合わせてお漬物」(28歳/営業・販売)

「ゆず大根。保存もできて体に良いから」(48歳/総務・人事・事務)

「大根とにんじんの紅白なますに入れる」(47歳/その他)

ゆずは大根と相性がよく、お正月料理に代表されるなますを筆頭に、大根と一緒に漬けたり、あえたりすると回答した人が多数。ゆずと大根のコンビはさわやかで、見た目にも美しいですね。箸休めとしての一品として活躍してくれそうです。

ホッと一息!ゆず茶など「ドリンクにして飲む」

「レモネードにゆずを加えると美味しいですよ」(64歳/主婦)

「ゆず茶。ゆずの皮を、砂糖とはちみつに漬けて煮詰めるだけなので簡単。手作りだと甘さを自分好みに調節できるのがいい」(39歳/主婦)

「搾ってゆずサワーにすると美味しい」(32歳/主婦)

「ゆずを搾って、ジュースにする」(54歳/企画・マーケテイング)

「輪切りにした柚子をハチミツにつける。紅茶に入れて飲むと美味しい」(47歳/総務・人事・事務)

ゆずを搾るだけでできるドリンクは、ティータイムにぴったり。事前にはちみつとつけておけば甘みも加わって、寒い冬にホッと一息つけそうです。お酒が好きな人は、アルコールにつけておく手も。

「柚子酒。香り良く美味しい」(73歳/主婦)

味だけでなく、香りもいい一品です。

香りが食材を引き立てる「ポン酢にする」

「醤油と柚子果汁を合わせてポン酢にする。市販より酸味が良く美味しい」(27歳/主婦)

「皮はすりおろして、果汁は搾って、醤油とあわせてゆずぽん酢にする」(49歳/主婦)

「ゆずを搾ってめんつゆと一緒に混ぜ合わせてポン酢にする。たくさんできたら近所におすそ分けする」(69歳/主婦)

「柚子を搾って瓶に入れて鍋の時にポン酢代わりに使う」(59歳/主婦)

「ポン酢に大量に混ぜて使います。ゆずの風味が最高に贅沢で、いつものポン酢が豪華になります」(51歳/主婦)

ゆずを使ってポン酢を作れば、ゆず本来の味と香りを満喫できるゆずポン酢のできあがり。自家製ゆずポン酢と和えて食べると、食材の味もランクアップ。市販品にはない味わいが楽しめます。おうち時間のプチ贅沢と言えるでしょう。

上品な味わいを楽しむ「薬味として使う」

「湯豆腐の薬味として細かく切って使う。上品な香りになります」(57歳/主婦)

「ゆずの皮をすり下ろして豆乳鍋を食べる時に薬味として使う。湯葉や豆腐の上にかけるとゆずの風味がしておいしい」(29歳/主婦)

「湯葉や豆腐の上にかけるとゆずの風味がしておいしい」(29歳/主婦)

彩りや風味づけに大活躍のゆず。多くの人が、豆腐や湯葉とともに楽しんでいます。ゆずがあるだけで味も見た目も上品に仕上がるので、気分があがりますね。

料理ではなく…?その他の回答

「お風呂に入れて柚子風呂」(33歳/主婦)

「ユズを食べるのは苦手なので、お風呂に浮かべる形で消費する」(47歳/その他)

ゆずの消費レシピを聞いたところ、意外にもお風呂に入れるという回答が多くあがりました。冬至にゆず風呂を楽しんだ方もいるのではないでしょうか? 料理に使いきれないぶんは、お風呂に入れてゆず風呂でゆっくり温まりましょう。

 

さまざまなレシピとともに、ゆず風呂といった提案もでた今回のアンケート。たくさんあっても、思った以上に消費するのに時間は必要なさそうです。みなさんに合った方法で、ゆずをご活用くださいね!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集