子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

冬が旬の「タラ」我が家で人気の食べ方はコレ!真っ白フワフワな身が最高です

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「タラ」は、漢字で書くと「鱈」。雪が降るちょうど今、冬が旬。真っ白な身にクセのない淡泊な味が特徴で、様々な料理で楽しめる便利な魚です。そんなタラ、皆さんはどのように調理していますか?

『kufura』では20~50代の主婦389名にアンケートを実施し、タラの絶品レシピを伺いました。定番の鍋に煮付け、おしゃれな洋食にだって、タラのレシピがたくさん集まりましたよ。

まずはバター香る「ムニエル」で!

ダントツ人気は「タラのムニエル」でした! ふわ~っと香るバターの風味とタラが最高にマッチ。パリッとした皮と柔らかい身がクセになって、いくらでも食べられる美味しさです。

「バターをひいたフライパンで焼いてムニエルにし、タルタルソースを添える。あっさりした白身魚にこってりしたタルタルソースがよく合います」48歳/主婦)

「塩胡椒をふり小麦粉を付けたら、フライパンにバターを溶かし焼いていきます。バターと醤油の味が、食欲をそそります」49歳/その他)

「タラのムニエル。バターの香りとタラの相性がばっちりです」46歳/その他)

「タラをバターで焼きレモンと醤油を垂らす。さっぱりして食べやすくなります」57歳/主婦)

 

時短で美味しい「ホイル焼き」

包んで焼くだけのホイル焼きも簡単で美味しい人気メニュー。放っておいても美味しく焼き上がるので、手間がかからず時短レシピとしてもおすすめです。

「タラににんじん、玉ねぎ、きのこをのせてホイルで包み、味噌マヨネーズでホイル焼き」52歳/主婦)

「ホイル焼き。白ワインとブイヨン、チーズ、塩胡椒で味を調え、焼く」44歳/主婦)

「シンプルにマヨネーズと醤油をかけて、ホイル焼きにする。ねぎとえのきのトッピングが我が家で一番人気」47歳/その他)

「タラのホイル焼き。チーズとエリンギ等のキノコを入れて。レモン汁をかけて食べるのがチーズのコクと合い美味しいです」46歳/総務・人事・事務)

「ホイル焼き。野菜をたくさんのせてホイルで包んで焼く。ポン酢をかけて食べると、さっぱりとして美味しい」50歳/主婦)

 

寒い冬はやっぱり「鍋」に!

冬にタラ鍋は欠かせない! シンプルなお出汁に入れて、ポン酢で食べるだけでも絶品。もちろんキムチや豆乳鍋など、お好みの鍋に入れても美味しいですよ。いつもお肉ばかりという方も試してみてくださいね。

「鍋。脂が落ちて食べやすくなる」35歳/その他)

「チゲ風味噌鍋に。タラが抜群に合います」42歳/その他)

「タラを入れたキムチ鍋。魚の旨味と辛さが美味しい」42歳/主婦)

「ごま豆乳鍋に野菜と一緒にタラも入れる。味が染みて美味しいです」26歳/総務・人事・事務)

「タラちりにする。鍋に野菜とタラを入れ、ポン酢と紅葉おろしでいただく」47歳/主婦)

 

「煮つけ」で和にも洋にも

タラは煮つけにするとフワフワの身に味が染みこんで美味しい! 和の味付けはもちろんのこと、コンソメ、クリーム、トマトなど、洋風のオシャレな煮込み料理にも。

「醤油と生姜で煮込む。タラの身がフワフワで味が染みて美味しい」39歳/主婦)

「タラのみぞれ煮」29歳/主婦)

「牛乳とコンソメでクリーム煮にする。まろやかの中にタラの塩味が美味しい」27歳/デザイン関係)

「タラと大根を醤油、みりん、酒、ニンニク、赤唐辛子を入れて煮つけるととっても美味しい」43歳/主婦)

「トマト缶と、ブイヨン、好みの野菜で煮込んで、スパイスとオリーブオイルで仕上げる。ホテルで食べるような味わいで美味しいです」46歳/主婦)

 

サクサクの「フライ」に

タラの素材の味を生かした揚げ物にも。外はサクサク中はふんわりと、子どもから大人まで大好きな味です。サンドイッチに挟んだり、油淋鶏風の味付けにしたりなど、一工夫している方も!

「サクッとフライにするのが一番美味しく感じる。基本的に魚が苦手な子どもでも喜んで食べられるのも嬉しい」40歳/その他)

「フライにしてサンドイッチやハンバーガーにする」54歳/その他)

「からあげ。にんにく、生姜、醤油、みりんで味をなじませ、片栗粉をまぶして、油で揚げる」40歳/その他)

「タラを素揚げして油淋鶏風に味付けをする」54歳/総務・人事・事務)

「片栗粉をまぶして揚げ、おろしポン酢で食べる」50歳/その他)

「イギリス風フイッシュ・アンド・チップスを作ります。ビールを衣に入れて揚げるのが本場風です」51歳/主婦)

 

濃厚ホワイトソースの「グラタン」に入れて

淡泊な味のタラは、濃厚なホワイトソースやチーズと合わせてもケンカせずに、さらに美味しくなりますよ。お魚が苦手なお子さんでもチャレンジしやすそう!

「タラのグラタン。タラの淡白さにホワイトソースとチーズのコクが加わって美味しいです」38歳/主婦)

「タラのグラタン。タラとじゃがいも、ねぎをホワイトソースと絡めてオーブンで焼くととっても美味しい」38歳/営業・販売)

「タラのグラタンです。ねぎとベーコンがポイントです」53歳/主婦)

 

いかがでしたか?

淡白なタラは、意外と使い勝手が抜群! 王道の鍋や煮つけはもちろん、洋風トマト煮やグラタン、フライにだって、美味しく変身できちゃいます。今年は旬のタラをいろいろな料理で味わってみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表記の場合もあります。