子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

捨てるの待った!大掃除に便利な「捨てずにとっておいたもの」意外と重宝するのは

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

年末の大掃除に向けて、家にある不用品の処分を少しずつ始めている人も多いのでは? 「これまだ使えるかも」などグズグズ迷うと、なかなか家が片付かないので、思い切って捨てるのが正解!……なのですが、ちょっと待って。捨ててしまう前に、大掃除で活躍してくれるアイテムがあるかもしれません。

『kufura』では、20代~50代の女性304人を対象に、“捨てずにとっておくと大掃除のときに意外と役に立ったもの”をテーマにアンケート調査を実施しました。

小さく切って細かい場所の掃除に「衣類」

「古着を小さく切ってウエスとして使っています。チョイ拭きしてポイとゴミ箱へ、これがとても楽で味を占めました」(50歳/主婦)

「着ないTシャツ。切って長方形にしておくと、水回りの掃除、洗車の際に車を拭く時、水栓金具磨きに使える」(26歳/総務・人事・事務)

「いらなくなったTシャツ。窓のサッシの隙間など、雑巾だと少し分厚くて詰まってしまうような細かいところを拭くのに役立った」(27歳/デザイン関係)

「古着。特に肌着は窓拭きに最適」(42歳/主婦)

今回、最も多くのコメントが集まったのは衣類でした。使いやすい大きさに切れば、家中の拭き掃除に大活躍! 特に、肌着など吸湿性に優れたものは、汚れもしっかり吸い取ってくれるので重宝します。

雑巾がわりに大活躍!「タオル」

「くたびれたバスタオル。適当に切って雑巾がわりに使いそのまま捨てる」(57歳/主婦)

「使い古したフェイスタオル。床拭きが一気にできる」(45歳/主婦)

「ボロボロになったタオル。ベランダ掃除で思いっきり使えたので、とっておいてよかった」(31歳/主婦)

「使い古したタオルや雑巾。換気口や換気扇等、汚れのひどい掃除に使い捨てで使用できて便利」(41歳/主婦)

油汚れなど頑固な汚れの除去、広範囲の拭き掃除などは、衣類よりも布地がしっかりしたタオルが適しています。

タオルは捨て時の見極めがなかなか難しいですが、今使っているものは大掃除に回し、新年は新しいフカフカのタオルで迎えるのもいいかもしれませんね。

すきま掃除にうってつけ「ストッキング、靴下」

「ストッキング。電球などの埃をきれいに取る事ができる」(35歳/主婦)

「破れたストッキング。冷蔵庫やタンスの下など掃除機が入らないところに、針金ハンガーにストッキングを巻き付けそうじする」(54歳/総務・人事・事務)

「ストッキング。蛇口などを磨くのに役立った」(26歳/学生・フリーター)

「靴下。ブラインドを掃除する時に手にはめて拭きます。役立ちます」(49歳/主婦)

目の細かいストッキングは、埃をとったり、ステンレスを磨き上げたりするのにもってこい。針金ハンガーに巻き付ければ、家具や家電の隙間掃除もできちゃう即席アイテムのできあがりです。

また、靴下は手にはめて拭き掃除ができるという点でも便利。穴が空いてしまったものも、最後の一仕事に役立てましょう。

水回りやサッシの掃除に「歯ブラシ」

「旅行に行った時の使わない歯ブラシ。水回り掃除には便利だった」(52歳/その他)

「古歯ブラシ。窓のサッシやお風呂場や洗面所の細かく手では掃除しにくい場所を掃除する時、埃や汚れを上手にかきだせてとても重宝しました」(57歳/主婦)

窓のサッシ、浴室のタイルの目地など、細かい場所の汚れをかきだすなら歯ブラシにお任せ。いつの間にかたまる一方の使い古しの歯ブラシですが、大掃除には何本あってもいいとの声もありました。

その他、こんなグッズも活躍!

「新聞紙。窓ガラスを拭くのに、インクがワックスがわりになって、綺麗に拭けた」(23歳/営業・販売)

「割りばし。細くて狭いところを掃除するときに割りばしに洗剤のつけたコットンを挟むと掃除しやすかったから」(27歳/主婦)

「サイズが小さかったマスクを割りばしに巻き付けて風呂ドアの溝掃除をした」(58歳/主婦)

「コンビニでもらうウエットティッシュ。窓を拭いて捨てた」(42歳/主婦)

「食器洗いのゴム手袋、だいたい片方からやぶれて片手だけ残しておくと、大掃除の時役に立つ」(52歳/主婦)

「ヘアカラーなどについているが使用しなかったビニール手袋。排水溝をビニール手袋越しに素手で掃除でき便利だった」(48歳/営業・販売)

「ホテルアメニティーの体を洗うスポンジ。硬めなので、網戸を洗うのにちょうどいい」(44歳/主婦)

「和菓子などについているプラスチックのナイフのようなもの。換気扇などの細かい隙間などの汚れを取るのに便利」(58歳/主婦)

「クレンジングオイル。肌に合わず、捨てるのも勿体なくて取っておいたら子どもの落書きを落とすのに使えた」(24歳/主婦)

新聞紙、割りばしなど掃除の定番アイテムから、「なるほどその手があったか!」というものまで。みなさんのおうちにもありませんか?

 

「どうせ捨てるものだから」と思えば、惜しみなく使えますし、そのまま使い捨てにできるのも◎。家中がピカピカになって、不用品も片付いてまさしく一石二鳥です。大掃除に向けて、みなさんの意見をぜひご参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集