kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

子どもに「お弁当にまた入れて!」と言われるおかず3位ウィンナー、2位たまごやき、1位は?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

春から子どものお弁当づくりがスタートするというご家庭、春休みの学童のお弁当作りが重荷だというご家庭、レジャーやイベントでお弁当づくりが多いというご家庭…シチュエーションは違えど、子どもがご機嫌でお弁当を食べてくれることにこしたことはありませんね。

「お弁当、どうだった? 全部食べた?」とドキドキしながら子どもに聞き、「全部食べたよ! また●●入れて!」とリクエストされることほどお弁当づくりのモチベーションが上がることはないかもしれません。

『kufura』では、2歳から12歳の子どもがいる女性107名に「子どもにリクエストされるお弁当のおかず」について調査を実施しました。ランキング形式でご紹介していきましょう!

からあげ、たまごやき、ウィンナーetc.定番人気のおかずが上位にズラリ!

自由回答を募ったところ、様々なおかずが挙がりましたが、中でも人気だったのは納得の定番おかずでした。

5位:ハンバーグ(4%)

4位:ミートボール(6%)

3位:ウィンナー(10%)

2位:たまごやき(12%)

1位:からあげ(24%)

5位のハンバーグは子どもが大好きな定番のおかずなので、お弁当のおかずとしても人気があるのも納得です。4位のミートボールは、崩れにくく食べやすく、冷めても美味しくいただけるので、お弁当にこそ人気の高いおかずです。

3位のウィンナーは、特に「たこさんウィンナー」に限定する回答も。様々な飾り切りがあるので華やかな見た目に子どもが喜ぶうえ、調理が簡単なのでママも大助かりのおかずですね。2位のたまごやきは、甘くふんわり、子どもたちに大人気です!

そして1位に挙がったのは、からあげでした! ご飯が進むしっかりとした味付けのうえ、食べ応えもあり満足感が高いおかずがトップに挙がりました。

ベテランが教える、お弁当づくりのコツとは?

この春から子どものお弁当づくりをスタートさせるというご家庭では、子どもが食べてくれるかどうかに加えて、「時間内に作れるだろうか」「メニューがマンネリしないだろうか」といった不安を抱えているのはないでしょうか?

国内最大級の電子チラシサービス、凸版印刷株式会社『Shufoo!(シュフー)』が、3年以上お弁当づくりをしている“ベテランママ・パパ”14,752 名に調査した「時短の知恵と効率化、おいしいお弁当を作るコツ」をご紹介しましょう!

時短の知恵と効率化

「卵焼きやウインナーなど定番で入れるものを決めていると、メインを考えるだけで済みますよ」

「夕飯の支度時に一部をお弁当用にとりわけてアレンジしておくなど、同時進行しておくと毎日続けるのに、あまり負担に感じないと思います」

「週末に何種類かおかずをつくって小分け冷凍しておくと(手づくりの冷食をつくっておくと)当日の朝詰めるだけで良いから時短になるよ! ※冷凍焼けしないためにも1週間で使いきれる数だけつくるのがベスト!」

おいしいお弁当をつくるコツ

「主食・メイン(肉、揚げ物、魚等)・野菜料理の3つが揃えば、十分」

「おかかやすりゴマは食材の底に敷くと水漏れを減らしてくれます。子どもも大人も食べるまで真っ直ぐのまま運べないことが多いので、弁当箱は見た目より気密性で選ぶ方をおすすめします」

 

「子どもにリクエストされるお弁当のおかず」でしたが、いかがでしょうか?

子どもが好きなおかずをベースに組み立てていくと、お弁当づくりも少しラクになるかもしれませんね。空っぽのお弁当が帰ってくることを楽しみに、お弁当づくりを頑張りましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載