子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ペットと一緒に引っ越し。連れて行く方法やストレス・脱走対策をどうする?

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

春は引っ越しシーズンですよね。家族の準備も大変ですが、ペットを連れて行く場合は移動方法に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。新しい環境でのストレスや脱走を防ぐ対策などにも備えておく必要があります。

『kufura』では現在ペットを飼っている、かつてペットを飼ったことがある男女に「ペットとの引っ越しでストレス対策に良かった工夫」についてアンケートを行いました。愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)の筆者が犬を連れて引っ越したときのエピソードと共にお伝えします!

引っ越し前から移動や新居に慣れさせる

「新居はすごく近所だったので、引っ越しの前に何度か、猫を新居に連れて行って遊んでいました」(53歳/女性/主婦)

「お店で飼っていた猫を自宅に移すときに、少しずつ自宅にいる時間を長くするようにして約三か月で自宅に引っ越しさせることが出来ました」(75歳/男性/その他)

「犬は人につく、猫は家につく」といわれるとおり、猫は住み慣れた家から離れることにストレスを感じやすい傾向があります。そこで引っ越し前から新居に慣れさせるようにする工夫をした飼い主さんもいました。

「愛犬は、乗り慣れた自家用車で移動した」(59歳/男性/その他)

「インコだったが、普段からごくたまに移動用のカゴに入ってもらったりして、ストレスを感じないように工夫していた」(53歳/女性/その他)

「引っ越し前から籠に入れて慣れさせておいた」(55歳/男性/総務・人事・事務)

あらかじめ車やカゴ、キャリーなどに慣れさせて、ストレスを減らす対策もおすすめです。動物病院に行くときしか車を使っていないと、移動に対する苦手意識が強くなりがち。普段から車やキャリーの中でおやつを与えたりして、良い印象を持たせる練習をしておきましょう。

車での移動時の工夫。こまめに休憩を入れてストレスを減らすなど

「車の移動時に休憩をこまめに入れる」(55歳/男性/金融関係)

「ペットは自家用車で移動をし、出来るだけ抱っこをしていた」(27歳/女性/営業・販売)

「落ち着くみたいだから、ずーっと抱っこ。スリングがあると両手空くし便利」(40歳/女性/主婦)

「車のなかで安心できるように匂いのついたものを周りにおいてあげていた」(38歳/男性/広報・宣伝)

「ハムスターだったので、いつも入れてるケージごと車で運んだ」(44歳/女性/その他)

ペットを連れて車で移動するときは、丈夫なキャリーやクレートに入れたほうが揺れにくいうえ、急ブレーキをかけたときにぶつかる心配を減らせます。

特に怖がりなタイプは抱っこをするのも一案ですが、ペットを膝に乗せた状態で運転をするのは道路交通法違反になるので要注意。家族全員で安全運転を心がけてくださいね。

「金魚だったので、水槽が揺れないようゆっくりとトラックを走らせてもらった」(51歳/女性/その他)

「金魚を運ぶ時、酸素不足にならないよう、酸素が出るという錠剤をいれた」(62歳/男性/営業・販売)

金魚などの魚を運ぶときは水漏れしないようにクーラーボックスを使う方法もあります。ペットの種類に応じて最適な方法を選びましょう。

新居でも今までの環境や習慣をなるべく変えない

「落ち着けるようにいつも使っているものを部屋に用意した」(48歳/女性/その他)

「真っ先に猫のトイレを家の中に設置し安心させた」(59歳/男性/その他)

「極力使っていたものすべてをそのままの形で持ってきた」(39歳/女性/主婦)

「お気に入りのおもちゃを与えていました」(44歳/女性/主婦)

「使った毛布を持って行った」(62歳/男性/公務員)

引っ越しを機にペット用品も一新したくなるかもしれませんが、何もかも新しくなってはかえって落ち着けません。新居ではペットは使い慣れた物をそのまま使用し、ハウスやトイレなどのレイアウトもなるべく変えないようにするのがベストです。

「いつも以上に散歩に連れ出し、コミュニケーションを図った」(39歳/男性/その他)

「引っ越し先に着いたらすぐに散歩に行きストレス発散と近所を見て回った」(52歳/男性/その他)

ペットが犬であれば、新しい土地に早くなじめるよう散歩に行くのも良い方法です。飼い主さんにとっても新たな散歩仲間と出会える楽しさがありますよ!

他にもこんな工夫が!脱走対策も

「おやつを多く与え、満足させた」(65歳/女性/その他)

「カゴに入れて周りを毛布で暗くして運んだ」(73歳/女性/主婦)

「なるべく道路が空いている時間に引っ越しました」(41歳/男性/その他)

「引っ越しの日はペットのことを知っている知人に預けた」(30歳/男性/学生・フリーター)

「引っ越し当日は、すごくばたばたして大変なので、近所にある実家に猫を預けました」(53歳/女性/主婦)

アンケートでは“ペットとの引っ越しにおけるストレス対策”について、他にもたくさんの飼い主さんたちの工夫が寄せられました。引っ越し作業中は業者のかたの出入りがあるため、知らない人の訪問にペットがストレスを感じないように、そしてドアが開けっぱなしになるので脱走防止としてペットを預かってもらった方も。

他にもペットにおやつを多めにあげたり移動時間に余裕を持ったりと、真似したいアイディアがたくさんありますね。

筆者が愛犬を連れて引っ越したときは、犬が新居に慣れるまで少しでも一緒にいられるようにゴールデンウィークを狙いました。連休が終わって初めて愛犬だけで留守番させるのが心配で昼休みにこっそり様子を見に帰ったのですが、なんとベッドにひっくり返って爆睡中ということが!

引っ越しの影響やストレスの感じ方はペットの種類や性格にもよりますね。大切なペットと楽しい気持ちで新生活のスタートを切れるように、今回紹介した体験談を参考に準備してくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集