kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ニューオープン「無印良品 銀座」を楽しむなら「食」に注目!お弁当や併設レストランをずらっと見せます

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

4月4日(木)にオープンした「無印良品 銀座」。日本初のホテルやレストランも併設されていて、銀座の話題スポットになりそうです。

オープンに先駆けて開催された説明会&内覧会で『kufura』編集部が注目したのは、“食”の充実ぶり! おなじみの無印おやつのほかに、ベーカリーやお弁当販売、レストランなど、銀座の“食充”スポットを徹底レポートです。

レストラン・ベーカリー・日替わり弁当など「初めての無印」がつまった銀座

無印のおやつやカレーの食べ比べを企画するなど、無印グルメ大好きな『kufura』編集部が「無印良品 銀座」で注目したのは、1階と地下1階の“食”に関するフロア。 前回の「MUJI HOTEL GINZA」のレポートに続き、たっぷりの写真とともにお伝えします!

店舗にはいると左手にはパン工房があり、パンの焼けるいい香りが漂っています。右手には生産者のこだわりやレシピのポップとともに野菜や果物がずらりと並び、ジューススタンドやお弁当など、1階のフロアは初めて見る“食の無印”がお出迎え!

前旗艦店の有楽町店と比較して、新カテゴリーの売り場も拡大されていて、陳列棚は1.3倍も増えているそう。

「銀座では食の領域を拡大しました。この辺りでは朝7時半に開いている店がないというリサーチを元に朝食サービスやコーヒーサービスを導入して、お弁当も新しく始めます。

『無印良品』には、“衣服”、“雑貨”、“食”のカデゴリーがありますが、お客さまの四分の一は“食”に関するものを購入しています。“食”に力を入れることで、来店頻度が高まると考えています」と解説する、良品計画の松崎暁社長。

「無印良品 銀座」で注目したいのは、やはり“食”なんです!

お試しも充実!自分好みの“食”に出会える食品売り場

食のエリアは、主に1階の売り場と地下のレストラン。さっそく順に覗いてみましょう!
国産の小麦粉にこだわって、粉からつくるベーカリー。内覧会で試食したレーズン食パンも、焼き立てでふわっふわ! 周辺で働く人が朝食をとれるように、7時半から開店しています。価格帯は90円~450円ほど。
約100種類をそろえる青果売場では、「テイスティングアドバイザー」が常に試食を提供。この日は小粒だけど甘さに驚くいちごや、茹でてオリーブオイルと塩だけで和えた小松菜の菜の花をいただきました。
旬の野菜や果物を目の前でフレッシュジュースにしてくれるジューススタンド。試飲したジンジャーパイン(Sサイズ350円、Mサイズ480円)はしょうがの辛みが控えめで飲みやすい!
「無印良品 銀座」では、『kufura』でも紹介した「溶けにくいアイス」が先行発売されています!
お弁当はすべて化学調味料不使用で、さすが無印良品(日替わり弁当750円、世界のローカルご飯650円)。「カレーのごはん」(250円)は、別売りのレトルトカレーに合わせて食べると◎。
ブレンドティー工房では、毎日「本日のブレンド」の試飲を実施。32種類のレシピから好みのお茶をその場でブレンドしてくれます。ギフト対応もあるので、プレゼントやお土産にも!
もちろん、おなじみ無印おやつのコーナーも充実。かわいいお土産用のギフトパッケージも。

旬の素材&野菜中心が嬉しい!オトナのおひとりさまも使い勝手抜群のレストラン

さらに、地下1階にあるのは、無印良品が手がける日本初のレストラン『MUJI Diner』。オープンキッチンや素材のディスプレイにこだわった内装で、ライブ感のある作りになっています。

銀座のレストラン事情をリサーチした際、ひとりでも野菜をたくさん食べられるお店があまり無かったことから、野菜中心のメニューとサラダバーを考案したそう。サラダバーには約30種類の野菜が並びます。
焼き魚定食(850円)のお魚は、日替わりで毎朝小田原漁港から届く鮮魚。銀座の新たな人気ランチスポットになりそう! 夜も定食メニューがあるのはうれしいところ。
さらに夜は、みんなでつまめる大皿料理や冷製の小皿料理も登場。女性のおひとりさまを意識して、宮崎ハーブ牛を使用したステーキは、50gからメニューになっています。
奥には「豆腐工房」があり、ここで作りたての豆腐はもちろん、豆乳やおから料理もメニューに並んでいます。ほんのりあったかく、何もつけなくても甘みが美味しいお豆腐でした!
「無印良品」のキッチンツールがレストランフロアでも販売されています。ずらりと吊り下げたディスプレイは、欲しかったアイテムが見つけやすい!

「無印良品 銀座」は、ここでしか出会えないこだわりの“食”が満載でした。旬の食材の販売や日替わりのメニューもあるので、何度訪れても楽しそう! あれこれ試食してお腹いっぱいになった筆者も、また行ってみたくてうずうずしています。皆さんも、ぜひ足を運んでみてくださいね。

※文中の価格は税込価格


【取材協力】

『無印良品 銀座』

東京都中央区銀座3丁目3番5号

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載