kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

【明日オープン】アメニティも無印!日本初「MUJI HOTEL GINZA」をkufura目線でチェック

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

4月4日(木)にオープンする『無印良品 銀座』は、日本初の無印良品が手がけるホテルやレストランも併設されると話題のスポットです。

オープンに先駆けて開催された説明会&内覧会に、『kufura』編集部も行ってきました。ホテル内にもたくさんのおなじみ無印アイテムが……!

ちょうどいい暮らしを追求する「無印らしいホテル」のコンセプトって?

MUJI HOTEL GINZA」は、株式会社良品計画が提供するコンセプトと内装デザイン監修のもと、ホテル経営のノウハウを持つUDS株式会社が企画・設計・運営を行っています。

良品計画の松﨑暁社長が「“アンチゴージャス、アンチチープ”をコンセプトに、ちょうどよい価格で日常生活の延長として過ごせるホテルを目指した」と語り、UDSの梶原文生会長が「無印良品のアメニティーを置くだけでは『MUJI HOTEL』ではない。無印良品の思想を体現するホテルにするために、内装は簡素で良質、そして素材にこだわりました」というホテルです。さっそくチェックしていきましょう!

部屋に足を踏み入れたら“無印探し”スタート!

「コレ知ってる!」「コレ気になってた!」というアイテムが随所に散りばめられた客室。滞在中に食べて飲んで触って使って、「コレ買い!」と思ったら1~5階の店舗で買って帰ることもできちゃいます。

客室のタイプによって、室内にある備品やインテリアも異なりますが、スタッフが気になったアレコレをずらっとご紹介します!

女子に嬉しいウエルカムスイーツは、編集部にもファン多数の“無印おやつ”。
歯ブラシはもちろん、化粧水に乳液、オイルクレンジングなどスキンケアアイテムもひと通りそろってます!
本棚の上段には電気ケトル(右)とアロマデュフューザー(左)、本棚の右隣に壁掛かけBluetoothスピーカーが。冷蔵庫にジャスミン茶も発見!
洗面所で見つけたのは、やわらかポリエチレンケース(写真左下)。
こんなところにも! デスクの引き出しにノートとボールペン。

「こんな商品あったっけ?」は、これから商品化されるかも!?

ポーションタイプの煎茶やコーヒーは、発売されている商品ではありませんが、デザインを無印良品チームが担当。細部まで世界観にひたれる工夫がされています。

ニューオープンのホテルだから実現できた最新設備

客室内のタブレットで、エアコンの設定やフロントへの電話もできちゃいます。アラームはカーテンの開閉や照明と連動していて、起きたい時間をセットすればそれに合わせてカーテンが開いて照明がつくという便利さ! 至れり尽くせりな朝、体験してみたい……!

客室は9タイプで全79室。細長~い部屋が多い理由は?

ドアを開けると写真のような細い通路があり、その先が開けてソファやデスク、ベッドが配置されている、という部屋が多数ありました。

その理由は……、オフィス利用を想定して設計されていた建物を、ホテルへ転用したからだそう。

「オフィス仕様の奥行きに合わせて間口を広くすると、当然部屋も広くなり高級になってしまいます。“アンチゴージャス”のコンセプトに合わなくなってしまうので間口を狭くしましたが、収納をうまく組み込んで無駄を無くし、高い天井のおかげでホテルらしいくつろぎを表現できたと思います」(UDS梶原会長)

そんなくつろぎ部屋のラインナップから、kufuraが注目した3タイプのお部屋を紹介します!

ママのひとり時間を満喫するなら…

いちばんコンパクトな部屋のこだわりは、バスルーム入り口の扉を収納スペースとして活用していること。ソファもサイドテーブルもミニマムサイズで可愛い! たまには1人で銀座のお買い物を楽しみながら、こんなお部屋に泊まりたい……。

Aタイプ:14~15㎡、14,900円(税込)セミダブルベッド、2名利用の場合+5,000円

夫婦の時間をゆったり過ごすもよし、プラス料金で3人でも宿泊可

畳の小上がりでほっこり感がアップ。無印良品が監修したオリジナルソファはベッドとしても利用可で、30㎡以上の部屋にはバスタブも付いています。
タイプF:36㎡、ツインベッド、36,900円(税込)、3名の場合+5,000円

オトナも子どももわくわく! 本棚付きの2段ベッド

2段ベッドの下段がダブルになっていて、最大3人で利用可能な客室。上下ともベッド横の壁一面が本棚になっていて、充実した夜時間を過ごせます。家族利用なら子どもも喜びそう!
タイプG:25㎡、2段ベッド、29,900円(税込)3名利用の場合+5,000円

ホテル内のレストラン、朝食は宿泊者限定!

フロントフロア(6階)で朝食、ランチ、ディナーの営業をする『レストラン WA』。日本各地のふるさとの味をテーマに3か月に一度メニューが変わります。まずは「大分県」からスタート。朝食は和洋食のビュッフェスタイルで1,800円(税込)。

“あったらいいいな”を実現した夢の自販機

フロントフロアでみっけ! こんな自販機、オフィスや駅など身近にあったら嬉しいのにな~。

3カ月先まで予約が埋まっているという注目の『MUJI HOTEL GINZA』。無印良品ブランドならではのこだわりが詰まっていて、シンプルだけどほっこり心地いい、理想の日常を教えてくれました。

 

無印良品の世界旗艦店『無印良品 銀座』と、『MUJI HOTEL GINZA』は4月4日オープン。ぜひ遊びに行ってみてくださいね。


【取材協力】

『無印良品 銀座』

『MUJI HOTEL GINZA』

東京都中央区銀座3丁目3番5号

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載