kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 #4】息子の口癖

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日本中が熱狂した話題の映画『カメラを止めるな!』をはじめ、映画やドラマ、舞台などで大活躍中の俳優・眼鏡太郎(がん きょうたろう)さんの連載【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 】。2歳の子どもをもつ新米パパが、とまどったり、嬉しくなったり反省したりしている、そんな毎日の暮らしの色々を、眼さん本人が描いたイラストとともにお送りします。

息子は私に成長するチャンスを与えてくれる

「ごめんね~」が息子の口癖になってしまった

夫婦喧嘩はよくないですねー。特に子どもの前ではねー。

わかってはいるんですが、気持ちに余裕がない時はついつい……。息子はしょんぼり。本当に自己嫌悪です。その時に私や妻が「ごめんね~」と謝ったのがやけに記憶に残ったらしく、その「ごめんね~」が息子の口癖になってしまいました。

最近、私が帰宅すると「おかえり~」ではなく「ごめんね~」と言って迎えます。いやー、本当に申し訳ない気持ちになります。息子が「ごめんね~」と言う度に私も「ごめんね~、お父さん怒ってごめんね~」と謝るのでどんどん口癖に。でもそれは息子が私に教えてくれているんだと思います。「怒るのはよくないよ。喧嘩はよくないよ」って。息子は私が人間的に成長するチャンスを与えてくれています。

子どもが教えてくれること

先日、妻がいつもより早めの出勤で、朝ワンオペでした。前の晩に早く寝たのですこぶる体調が良く、朝の掃除や洗濯や食器洗いなど、てきぱきとカンペキにこなしていたのですが、息子が食後口の周りを拭くのを嫌がったというほんのちょっとしたことで、イラっとしてしまいました。で、また「ごめんね~。お父さんイラっとしてごめんね~」……。

ダメですねー、カンペキを求めるほど、そうならなかった時にイラっとしてしまう。子育てなんて思い通りにならないことだらけなんだから、そういう前提でいつも心に余裕を持って過ごしたいです。というか、子育てに限らず、どんな時にも心の余裕を忘れない、そんな人間になりたいと思います。

そのために子どもはいろいろなことを教えてくれます。

ありがとう息子!

映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック
「『カメラを止めるな!』を止めるな!熱狂のポンデミック」が発売中!

公式ファンブックが発売になりました! 一度映画を観てくださった方はこのファンブックを読むと、絶対にもう一度観たくなるはず。自分のインタビューも載ってますのでぜひお手にとっていただければと。映画やスタッフ&キャストのマニアックな部分をネホハホした熱狂の一冊。初版限定オリジナルステッカー付きです。

購入はこちら。

現在映画を公開している劇場一覧はこちら


 

眼 鏡太郎 (がん きょうたろう)

1977年1月4日生まれ、岩手県出身。東京学芸大学教育学部美術科卒業。2001年よりケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100℃」の劇団員として活動中。 NHK Eテレ『シャキーン!』『コードな会議』(レギュラー出演)、映画『きばいやんせ!私』2019年3月9日全国公開予定。Facebook :眼 鏡太郎 twitter:@gankyotaro 所属劇団:ナイロン100℃ 所属事務所:バウムアンドクーヘン

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載