子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 #3】父の役割について

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

日本中を(いや世界中を!)席巻している話題の映画『カメラを止めるな!』をはじめ、映画やドラマ、舞台などで大活躍中の俳優・眼鏡太郎(がん きょうたろう)さんの連載【俳優ときどき会社員。 眼鏡太郎の新米パパ日記 】。2歳の子どもをもつ新米パパが、とまどったり、嬉しくなったり反省したりしている、そんな毎日の暮らしの色々をイラストとともにお送りします。

お父さんの家庭でのあり方ってなんだ!?

なんで俺には母乳が出ないんだ!

こんな感じのイラストを育児本で見たことがあります。

お母さんが子どもを抱きしめ、それを包み込むようにお父さんがふたりを抱きしめる図。

お父さんの家庭でのあり方を、すごく分かりやすく示していると思うのですが、この感覚がつかめず悩んでいた頃の話。

息子が産まれて1年くらい、不安ながらもなんとか育児を頑張っていると、大変さとともに育児の喜びも感じることはできるようになってきました。でも、やっぱりお母さんにかなわないことも多い。

息子は夜泣きをする方で、妻は毎夜2~3時間おきの授乳。慢性的な睡眠不足でした。私もなんとか寝かしつけに協力するのですが、さらに泣いてしまい火に油を注ぐ始末……。「なんで俺には母乳が出ないんだ!」と思ったことさえありました。

拒絶もされたけれど…

また、2歳を少し過ぎた頃、何をするにも「ママ。ママ」という時期がありました。

父:「お着換えしようか?」
子:「ママがいい!」

父:「おむつ替えようか?」
子:「ママがいい!!」

父:「一緒に寝ようか?」
子:「ママがいい!!!」

父:「……(近づく)」
子:「ママがいい!!!!」

こちらが頑張ろうとすればするほど、拒絶されているようでへこみます。

でもそれは父親のエゴだなあと思います。

子は母を求めているのだから、父は一歩下がって優しく見守る。それができれば楽だなーと思います。

父は母にはなれないし、父には父の役割があるのだから。

映画『カメラを止めるな!』アツアツファンブック
「『カメラを止めるな!』を止めるな!熱狂のポンデミック」が発売中!

公式ファンブックが発売になりました! 一度映画を観てくださった方はこのファンブックを読むと、絶対にもう一度観たくなるはず。自分のインタビューも載ってますのでぜひお手にとっていただければと。映画やスタッフ&キャストのマニアックな部分をネホハホした熱狂の一冊。初版限定オリジナルステッカー付きです。

購入はこちら。

現在映画を公開している劇場一覧はこちら


 

眼 鏡太郎 (がん きょうたろう)

1977年1月4日生まれ、岩手県出身。東京学芸大学教育学部美術科卒業。
2001年よりケラリーノ・サンドロヴィッチ率いる劇団「ナイロン100℃」の劇団員として活動中。 NHK Eテレ『シャキーン!』『コードな会議』(レギュラー出演)、映画『きばいやんせ!私』2019年春全国公開予定。Facebook :眼 鏡太郎 twitter:@gankyotaro 所属劇団:ナイロン100℃ 所属事務所:バウムアンドクーヘン

 

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
kufura members募集中
連載