kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

育休から復帰したママが「辛かったこと」「嬉しかったこと」の1位とは?

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

育児休業から復帰して、元の職場に戻るその瞬間。子どもと離れ離れになる辛さと、仕事に復帰する喜び。果たしてどちらが勝るのでしょうか?

『kufura』では、育児休業を取得後、元の職場へ復帰した経験をもつ働く女性47名に、育児休業から復帰したときに「辛かったこと」「嬉しかったこと」をそれぞれ聞いてみました。

子ども・自分ともに「慣れるまで」がとにかく大変…

「育児休業から復帰したのち、辛いと感じたこと」を17の項目の中から選択してもらったところ(複数回答可)、7位〜4位には以下が挙がりました。

7位:子どもが保育園などの預け先に慣れるまで心身の変化に対応すること・・・25.5%

6位:保育園など子どもの預け先に送迎をすること・・・27.7%

同率4位:仕事と家事育児の両立に慣れること・・・29.8%

同率4位:子どもが集団生活を始めて感染症にかかったこと・・・29.8%

保育園に預けて、初めて「母子分離」を経験するケースも多いでしょう。最初は全力で抵抗していた子どもも、やがては新たな環境に慣れていきます。その変化を受け入れ、子どもの心身を忍耐強くフォローしていく過程は、ママにとっても大きな試練です。

慣れない送迎をし、仕事と家事育児の両立でくたくたになったところで、集団生活につきものの感染症を子どもが保育園からもらって帰って来る……。そんな経験をたくましく乗り越えていく姿が浮かび上がるようです。

それでは、気になる「辛かったこと」の3位から1位は?

辛かったこと1位は「生活リズムの変化」

2位:自分の体力が低下していること・・・34.0%

2位:保育園などの準備やルールに自分が慣れること・・・34.0%

1位:生活のリズムが変わること・・・51.1%

育休中に子どもの世話優先の日々が続いた結果、案外自分の体力が落ちていることに驚くことも。産後は産前と違う体質に変わり戸惑うケースもあるようです。復帰後は疲れて当然と受けとめたほうがいいのかもしれません。

また保育園の準備やルールに慣れるのも一苦労です。そして最大の変化といえば、生活のリズムが変わること。就業時刻と送迎の時間に合わせて生活を作り直す作業が待ち受けています。

嬉しかったこと2位は「仕事の楽しさを実感」

辛いことばかりの復帰になってしまいそうですが、それでは逆に「職場に復帰して嬉しかったこと」とはなんでしょうか?

4位:社会と繋がっている実感を得た・・・17.0%

4位:仕事中にお茶を飲んでほっとする時間を味わった・・・17.0%

4位:大人と会話をする楽しさを感じた・・・17.0%

3位:収入が増えたこと・・・19.1%

2位:仕事の楽しさを感じた・・・25.5%

1位:一人で行動する気軽さを感じた・・・46.8%

子どもと二人だけの世界になりがちな育休中とは違い、社会と繋がり、大人と会話し、静けさを味わうしみじみとした喜びを復帰後に感じているようです。仕事の楽しさを実感したり、一人で気軽に行動するささやかな喜びもあるため、復帰にまつわる数々の辛いことも乗り越えていけるのでしょう。

復帰ママへ、先輩ママからアドバイス

この春、育休から復帰して働くママに向けて、先輩ママたちに「復帰がうまくいくためのアドバイス」を教えてもらいました。

子どもは順応上手!

「子どもには自然に成長していく素晴らしい力があります。あとは保育園の先生はプロなので安心して任せること」(54歳/主婦)

「子どもは、子ども同士ですぐに仲良くなるので、大丈夫」(51歳/主婦)

「最初は泣くかもしれないけど、子どもは意外にもいろんな環境に順応します。お友だちとも仲良く遊んだり、子どもの世界も広がると思います」(47歳/その他)

朝別れるときに子どもが大泣きし、帰ってきたらまた大騒ぎ。こんなに心身に負担をかけてしまうのなら、いっそのこと復帰を止めてしまおうか……。そう心が揺れることもあるかもしれませんが、子どもは順応が上手です。乗り越えたその先には、お友達や先生との広い世界が待っています。

一人で抱え込まないで!

「子どもが病気になって仕事を休むことは、仕方がないこと。職場に申し訳ないという気持ちになるのはわかるけれど、病気が治って出勤できるようになった時にちゃんとお礼を言うとか、同じような状況の同僚がいる時に、フォローするとか、そういったことでお互い助け合えばよいと思う」(31歳/総務・人事)

「とにかく周りへの感謝をすること」(38歳/主婦)

「最初から頑張りすぎないで両親や夫に甘える。不安なことは保育士さんに相談する。夕食は手抜きでも良いから身体を休める」(28歳/主婦)

「一人で抱え込まないこと。なるべく多くの人に頼って、いつかは頼られる側になっていけばいい」(51歳/総務・人事)

職場の人、家族、保育士さん。周りの人に感謝をしつつ、上手に頼っていけるようなりたいですね。

 

また、こんな意見も。

「最初は上手くいかないことも、しばらくしたら慣れて大丈夫になるので、心配しすぎなくて大丈夫です」(30歳/その他)

「子どもはすぐに大きくなってしまうので、今は大変かもしれませんが、働いていて良かったと思うようになります。何とかなるもんですよ。がんばってください」(47歳/主婦)

子どもはもちろん、復帰ママにとっても大きく成長するチャンスになりそうですね! 焦らずがんばりましょう!

はてなブックマーク facebook Twitter LINE