子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「ママの自分時間」はいつ?何をしてる?貴重な時間の過ごし方を聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

子どもがいる生活は、楽しく豊かな毎日であると同時に、大変なことも多いのが実情です。ママも息抜きする時間が必要ですよね。

そこで『kufura』では子どもをもつ20〜50代の女性200名を対象に、自分時間について伺いました。ママの自分時間はいつなのか、その時間にどんなことをして楽しんでいるのか、ママたちを覗き見してみましょう。

ママの自分時間っていつ?

子どもが小さいほど自分の時間は取りにくいものですが、世のママたちはいつ自分時間を確保しているのでしょうか?

子どもが寝てから

「子どもが寝てから(22時以降)」(35歳/総務・人事・事務)

「子どもが寝てから自分が就寝するまで」(38歳/デザイン関連)

「子どもをだいたい同じ時間に寝かしつけて自分の時間を作ってます」(25歳/その他)

一日慌ただしく過ごして、子どもが寝たあとがようやく自分時間。そんなママは少なくありません。毎日のこの時間が楽しみなのです。

子どもが起きるまで

「少し早起きをして、子どもが朝起きてくる前の30分間を自分の時間にしています」(41歳/主婦)

「朝子どもが起きる1時間前に起きて自分時間を過ごします」(56歳/主婦)

「高校生を早朝に送り出し、下の子が起きるまでの約一時間です」(45歳/学生・フリーター)

朝の時間を自分時間に充てているという声も。夜は子どもと一緒に寝て、早起きしてからゆったりとした朝を過ごすのもいいですよね。

子どもが幼稚園や学校に行っている時間

「幼稚園と小学校に行っている時間」(37歳/主婦)

「学校に行っている時間と、全ての家事を終えてそれぞれが寝室に移動した後が1人の時間」(49歳/主婦)

「子どもが塾に行っている間。休日の午後2時くらいから7時くらいまで」(51歳/営業・販売)

子どもが家にいない時間は、比較的スケジューリングしやすいのではないでしょうか? 「鬼の居ぬ間に洗濯」ならぬ、子どもの居ぬ間に息抜きといったところでしょうか。

わずかな隙間時間

「仕事のお昼休憩」(43歳/その他)

「子ども達がお風呂に入っている間」(42歳/総務・人事・事務)

「子どもが午前中に昼寝をしている時です」(41歳/営業・販売)

なかなか時間が取れないママたちも、時間を捻出しています。隙間時間を使って、できることをするママたちにエールを送りたくなります。

自分時間に何してる?

数分〜数時間と人によって差はあれど、気分転換が図れる自分時間。その時間を使って、ママたちが楽しんでいることとは?

テレビや動画を観る

「YouTubeや録画した番組を観る。気分がリフレッシュする」(48歳/主婦)

「夜なら撮り溜めしてたドラマを音量を小さくして字幕で観ています。あとは、スマホでゲームしたりネットサーフィンしたりしています。その時間だけが心の中が、無になる時間であり、その時間のために日々頑張っていると言っても過言ではないです」(42歳/主婦)

「アマゾンプライムでアニメを見ることと、午後のドラマ再放送を観ています。よい意味で現実逃避になり、少しだけストレス軽減になっています」(34歳/その他)

「TVerやアマプラやYouTubeや録画番組で好きな俳優さんや芸人さんの番組を観る。自分の思うようなペースで事を進めるその時間が自分にとって大事。それがない日はなんか余裕がない」(41歳/主婦)

テレビや動画視聴で、気分転換をしているという声が多数。子どもが一緒だとなかなかその世界観に入り込めないので、自分時間だからこその楽しみでしょう。日常にはない刺激を堪能できそうです。

美味しいものでリラックス

「コーヒーとお菓子タイム」(41歳/主婦)

「お菓子やチョコを食べ、コーヒーを味わいながら漫画を読んだりしていると、心身ともにリラックス出来て、やる気がわいてきます」(48歳/主婦)

「一人で買い物を楽しんだりおやつタイムをゆっくりとったりしています」(35歳/主婦)

「大好きなポテチとビールを飲んでいます。ストレス解消で明日から頑張れます」(44歳/その他)

のんびり美味しいものを食べたり飲んだりするのは、ママにとって至福の時間。日々いろんなことに気を回しているからこそ、美味しいものに癒されたくなります。こんな時間があるからこそ、毎日頑張れるのです。

自分磨きをする

「目指す資格の勉強」(41歳/その他)

「筋トレや自分の勉強、余裕があればゆっくりスキンケアしたりしています」(29歳/学生・フリーター)

「資産運用の勉強など。お金のことを勉強し、考えることが楽しみであり、今後の生活のためにもなっている」(41歳/主婦)

「ペン習字などの通信教育講座をやっています。静かに集中して取り組むことで気分転換になります」(41歳/営業・販売)

自分を高めるために時間を費やしているママたちも。子どもの成長を見守りつつ、自分も成長していこうという姿勢が素敵です。人生、日々勉強ですね。

趣味を楽しむ

「少しだけワインを飲んだり、ウクレレの練習に没頭したり、好きな香りのアロマを焚いたり、とにかくリラックスして心地よい時間を過ごすと、呼吸が深くなり、リフレッシュできます」(44歳/その他)

「好きな音楽をかけながらネットサーフィンしています」(43歳/その他)

「趣味の習い事。パソコンで、年賀状が作れるようになった。知識の量が増えました。将来の夢はパソコンを教えたい。孫の為」(55歳/その他)

「好きなカフェに行ったり、ウインドウショッピングを楽しんでいます」(31歳/会社経営・役員)

趣味は人生に潤いをもたらしてくれるもの。ママたちが自分時間を満喫している様子が伺えます。1人だけの時間は趣味に没頭して、活力ある毎日を送っていきましょう。

 

ママが機嫌よく過ごせば、家族も楽しく過ごせます。忙しなく過ごしている毎日の中で、ママが自分時間を楽しむことができたら家庭もうまく回るはず。自分のためにも家族のためにも、ママは自分時間を使って上手に息抜きしましょう。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集