子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「おうちで子どもたちを楽しませる工夫」を181人のお母さんに聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

コロナが蔓延してから2度目の夏休みももうすぐ終わり。子どもたちも我慢の夏だったという方も多かったかもしれません。

そこで今回『kufura』では子どものいる20〜50代の女性181名を対象に、夏祭りや花火大会・レジャーなどを体験できない代わりに、子どもたちを楽しませる家庭内の工夫を伺いました。

家でやっちゃおう!「おうち夏祭り」

「たこ焼きや焼きそばを作ったり、大きな豚バラの串を焼いたりお祭りの屋台ご飯を作っています。用意は大変ですが喜んで食べてくれます」(48歳/主婦)

「お祭りもないので、カキ氷のミツを本格的な屋台で使っているミツを購入し、家で作っている」(46歳/主婦)

「自宅で浴衣を着て、屋台で売っているような焼きそばやたこ焼き、かき氷を作って食べます」(46歳/その他)

「たらいに、所定の装置をつけて、ボールすくいや、ゴムの金魚をうかべて、金魚すくいをやりました。とても喜んでくれました」(49歳/主婦)

「夏祭りがないので、自宅でお菓子釣りなどを用意して遊びました」(38歳/主婦)

「家で冷凍の焼き鳥を箱買いして、庭で焼きました。地域の夏祭りがなくなったので嬉しそうでした」(49歳/総務・人事・事務)

家で屋台風のご飯を作ったり、金魚すくいのような遊びで楽しんだりすれば、気分は夏祭りです。いつもと違うご飯や遊びは、非日常を味わうのにぴったり。浴衣や甚平などを用意すれば、さらに気分が上がりそうです。

テントやタープで雰囲気作り「おうちキャンプ」

「きゅうりの一本漬けやとうもろこしを焼いたりする。庭にテントを張ってバーベキューをしてキャンプ気分を味わう」(49歳/主婦)

「ベランダにアウトドアテーブル・椅子をセットして、ランタンの灯りで夕飯を食べる。高校生になった今でも夏になるとやりたがる」(44歳/主婦)

「庭でバーベキュー。少し違った食事で好評」(52歳/主婦)

「庭にテントをはってアウトドア気分を楽しんでいます」(44歳/主婦)

「庭にテントを張って、家庭内キャンプをしました。友達を呼んでテントの中で夜中話し込んでいました」(52歳/主婦)

テントを張ったりバーベキューをしたり、庭やベランダを使ってお手軽アウトドアはいかがでしょうか? 本格的なテントが張れなければ、ワンタッチテントという方法もあります。もっとコンパクトに、家の中でテントを広げて使うという手も。

「家の中に小さなテント張っています。すごく気に入っている。暑いと思うんだけど」(59歳/主婦)

雰囲気だけでもアウトドアは楽しめます。大人には物足りなくても、子どもであれば大満足してくれるかも!?

水遊びが気持ちいい「おうちプール」

「家のベランダでプールをやって楽しんでくれている」(31歳/主婦)

「ベランダでプール遊び。水遊びが好きなので楽しそうに遊んでます」(35歳/主婦)

「子供を遊びに連れていけないので、家で水遊びなど、できることを少しずつしている」(40歳/主婦)

「プールや親水公園がやっていないのでお風呂で水遊びをしています!」(30歳/主婦)

昨年に引き続き海水浴場がやっていなかったり、プールにも行きづらい状況が続いていますので、おうちでプールをするアイディアはいいですね。暑くて公園遊びは厳しいですが、おうちプールなら水が気持ち良くて楽しめそう。小さいお子さんが遊ぶときには、くれぐれも目を離さずに。

一気にイベントモード「流しそうめん」

「流しそうめんをしました。ペットボトルを集めて自分たちでレールを作りました。とても喜んでくれました!」(34歳/主婦)

「そうめん流し。夏の雰囲気を味わうため」(51歳/主婦)

「流しそうめん機を買って楽しみました」(44歳/総務・人事・事務)

「流しそうめんをしたり手持ち花火をしたり」(30歳/その他)

流しそうめんも夏の風物詩です。夏休みに出番の多いそうめんも、流しそうめん形式にすればエンターテイメント性が加わり一つのイベントに。流しそうめんの機械を買うのも良いですが、自分たちで作ればそれもまた楽しみの一つでしょう。

暗い部屋で雰囲気作り「おうち映画館」

「動画配信サービスを契約したので、休み前の夜など、よく家族で映画を観ています。リビングの一番大きなテレビでちょっと部屋を暗くして、お家ロードショーを楽しんでいます。次はどの映画を観るかでいつも盛り上がります」(56歳/主婦)

「週に一回は自宅でムービーナイトをしています。映画を観ながらお菓子を食べるのでたのしいです」(38歳/営業・販売)

「家でビデオ鑑賞する」(49歳/営業・販売)

「部屋をわざわざ暗くして、映画をみる。ポップコーンやポテチを紙カップにいれて。ジュラシック・パークやホラーがおすすめです」(53歳/主婦)

動画配信サービスなどで手軽に映画を楽しめるようになった現代ですから、おうちで映画観賞会も一興です。部屋を暗めにしてお菓子を用意し、家族でおうち映画館を楽しめば、映画の内容でまた盛り上がれそう。定期的に開催したいですね。

コロナ禍での夏休みだからこそ…その他の回答

「もう高校生になってしまったけれど、今回のコロナ騒ぎのおかげで、息子と過ごす時間を増やすことができた」(47歳/デザイン関係)

「庭でBBQをしたり、家族で食事をする時間を大切にするようになった」(42歳/総務・人事・事務)

「朝起きて布団から出る前に、お話したりじゃれあって遊んだりする時間をとる事。学校があると『はい起きて!はいご飯!はい行ってらっしゃい!』とテンポ良く動かざるを得ないので」(40歳/その他)

外出が制限されているからこそ、家族の時間が濃密になったという回答も少なくありません。普段だとなかなか取れない家族間のコミュニケーションも、こんな夏休みだからこそ叶っていることもあるようです。我慢ばかりで辛いと嘆くよりも、今だからこそできることに目を向けたいところです。

 

情勢がどうであろうと、子どもを喜ばせたいという親の思いは変わりません。今できることで楽しみを見つけていきたいですね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集