子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

何から始めさせたらよいか迷っているママ必見!子どもがハマるウインタースポーツ

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

寒い冬は家にこもりがちになりますが、今の時期は「ウインタースポーツ」を楽しむ絶好のチャンス。スキーやスノーボードなど、初心者には難しいイメージがありますが、コツさえつかめば意外と簡単で、小さなお子さんでも楽ラク楽しむことができます。ぜひこの冬は、屋内遊びに飽きたお子さんを連れて、ウインタースポーツを体験しに出かけてみませんか?

今回『kufura』では、お子さんのいる女性182人にアンケート調査を行い、「子どもがハマったウインタースポーツとその理由」を聞いてみました。これからお子さんのウインタースポーツデビューを考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スキー:雪山を滑り降りる爽快感がたまらない

「けっこうスピードが出るので、風を切って滑走できるところ」(56歳/その他)

「雪の斜面を滑り降りる爽快感にハマったようです」(57歳/主婦)

「雪山をどんどん滑り降りていくのが、スリルもあって楽しいんだと思います」(41歳/主婦)

「滑るたびに上手になっていくのが自分でもしっかり分かるところが楽しい様子」(43歳/主婦)

「コツさえつかめば意外と簡単で、滑っているとスピードが出て気持ちがいいらしい」(37歳/主婦)

「親がスキーをするので、子どももそれにつられてハマったようです」(48歳/主婦)

「スキー上手なおじいちゃんに頻繁に連れて行ってもらい、スキーの楽しさにすっかりハマりました」(54歳/主婦)

「一年に一度だけ楽しめるというのが、子どもにとってすごく貴重に感じられるみたいです」(36歳/主婦)

ウインタースポーツの定番「スキー」が、子どもたちにいちばん人気でした。風を切りながら雪山を滑り降りていく爽快感は、大人だけでなく子どもにとっても、とても魅力的なようです。ほとんどのスキー場でスキースクールが開催されているので、両親ともにスキーの経験がない場合でも、安心して子どもにスキーを始めてもらうことができますね。

スノーボード:初めてでも簡単にマスターできる!?

「自然の中ではしゃぎながら楽しめるところがいいみたい」(25歳/主婦)

「見た目がカッコいいところがハマった理由だと思います」(52歳/その他)

「最初はなかなか上手に滑れなかったけれど、コツをつかんだら転ばずに下まで滑り降りることができるようになってうれしかったみたいです」(41歳/総務・人事・事務)

「上手に滑れたときの達成感がクセになった様子」(55歳/その他)

「スノボにハマった理由は、なぜか最初から上手に滑れてしまったからだと思う」(49歳/学生・フリーター)

「ボーイスカウトの行事で行き、初めてなのにいきなり滑れてすごく気持ちが良かったようです」(45歳/その他)

スキーと並んで、「スノーボード」も大人気。特に、小学生以上のお子さんたちは、見た目がカッコいいスノボにハマるケースが多いようです。スノボはけっこう難しいという声もよく聞きますが、アンケート結果を見てみると、最初からいきなり滑れたというお子さんも多いようで、お子さんによってはスキーよりもスノボが簡単だと感じる場合もあるようです。

ソリ遊び:年齢を問わずだれもが簡単に楽しめる

「ソリのスピード感が楽しかった様子」(50歳/主婦)

「ただただ滑るのが楽しいらしい」(43歳/主婦)

「雪の降らない地域に住んでいることもあり、初めてのソリ遊びが楽しかったらしく、父親にソリを引っ張ってもらいながら、何度も『もっと、もっと!』とせがんでいました」(53歳/その他)

「簡単だけど、意外とスピードが出てスリルも楽しめるから」(49歳/主婦)

「雪が降ると、庭などで好きなように坂やコースを作って自由に遊べるのが楽しいみたい」(37歳/その他)

「自分でソリを持って上に登り、滑り降りて来るのが楽しかったらしい」(55歳/主婦)

意外に人気が高かったのが、「ソリ遊び」。子どもの遊びと侮るなかれ、ソリはけっこうスピードが出てスリルも味わえるので、大人でもハマる人がけっこういるようです。なだらかな場所なら、小さなお子さんでも安心して楽しく遊ぶことができるし、「スキーやスノボはちょっと怖い」というお子さんのウインタースポーツデビューにもおすすめです。

アイススケート:自分のペースで上達できるのが魅力

「自分一人で立って、自分のスピードで進めるところ。徐々に上手くなっていくのが楽しくて、スケートに没頭していました」(33歳/主婦)

「最初は一人で立つこともできなかったのに、徐々に手を離して一人で滑れるようになったのがすごくうれしかったようです」(42歳/営業・販売)

「意外と難しいところがいいらしい」(40歳/主婦)

「バランス感覚が良く、初めてでもスイスイ滑れたのがうれしかったみたい」(28歳/営業・販売)

「意外とすぐに滑れるようになったことがうれしくてハマった様子」(42歳/公務員)

「今までに経験したことのない感じのスポーツで楽しかったみたいです」(40歳/主婦)

「氷の上でスーッと滑れるのが楽しいらしい」(54歳/その他)

「家族みんなでいっしょに楽しめるところ」(40歳/主婦)

「アイススケート」は、わざわざ遠くの雪山に行かなくても、意外と身近なところで楽しむことができるので、ウインタースポーツの中でももっとも気軽に始めることができます。バーにつかまりながら、自分のペースで少しずつ上達できるのも高ポイント。自分できちんと立って滑れるようになったときの達成感は、だれもがハマってしまいそうですよね。

ほかにこんなものにハマったお子さんたちも!

「スノーモービル。まだ小さいけれど、乗り物の操縦ができて楽しんでいます」(30歳/その他)

「雪合戦。雪そのものが子どもにとっては新鮮で、かつそれを家族みんなでぶつけ合うのが楽しかったようです」(36歳/公務員)

「雪だるま作り。住んでいる場所は基本的に雪が降らないので、雪そのものが珍しく、一人で夢中になって一生懸命に作っていました」(52歳/主婦)

ほかには、「スノーモービル」など大人顔負けのウインタースポーツにハマったお子さんもいましたが、雪の降らない地域に住むお子さんたちにとっては、雪そのものが珍しく、スポーツというよりも雪遊びの雪合戦や雪だるま作りにハマったというケースも多いようです。

いかがでしたか? 今回のアンケートでは、「うちの子はウインタースポーツ未経験」という回答も目立ちました。ぜひ、ご紹介したウインタースポーツやハマった理由を参考に、この冬は初めてのウインタースポーツに、お子さんをチャレンジさせてみてはいかがでしょうか? きっと、家族みんなの思い出に残る楽しい経験になりますよ。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura members募集中
連載・特集

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。