kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

妻が気になるのは夫の「薄毛」、夫は妻の何を見てる?夫婦の「髪事情」調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

夫の髪を見ながら、「結婚当初はフサフサだったのに……」「なんだか白髪が目立ってきた」と、こっそりため息をついてしまうことはありませんか? でも、実は夫も口には出さないだけで、妻の髪を見ながらいろいろと思うところがあるようです。

今回は、株式会社アデランスが全国の30〜60代の既婚男女824人を対象に実施した「夫婦の髪に関する意識調査」をもとに、妻と夫それぞれが感じている相手の髪に対する思いを見ていくことにしましょう。

妻より夫のほうが結婚後の髪の変化が激しい?

まずは、結婚後に妻や夫の髪の状態が変化したと思うかどうかを、それぞれに聞いてみました。

妻も夫も「変わったところはない」という意見が、半数以上を占めましたが、「悪い方向に変わった」と考える人もそれぞれ少なからずいるようです。

特に、夫の髪が悪い方向に変わったと感じている妻は、夫の回答に比べて2倍以上に。妻よりも夫のほうが、年齢とともに髪に変化が現れやすいのかもしれません。

妻は夫の薄毛が、夫は妻の白髪が気になっている!

では、先ほどの調査で「結婚後に相手の髪が悪い方向に変わった」と回答した妻と夫は、相手の髪のどういうところが特に変わったと感じているのでしょうか?

妻が気になる夫の髪の変化は、半数以上が「髪の量が少なくなった」というもの。薄毛は全体的な見た目の雰囲気も変わってくるため、妻から見てもつい気になってしまうところなのかもしれません。ただ、薄毛はデリケートな話題でもあるので、気にはなりつつも夫に直接コメントしないという人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、夫が気になる妻の髪の変化は「白髪」。最近は、白髪を染めない「グレイヘア」が話題になっていますが、夫としては妻には髪をきちんと染めて欲しいというのが本音かもしれません。

白髪に続く夫が気になる妻の髪の変化は、「髪の量が少なくなった」「髪が細くなった」というボリュームに関するもの。ヘアスタイルを変えてもなかなか気づいてくれない夫も多いものですが、白髪や髪のボリュームなどの変化については、意外と気づく人が多いようですね。

妻も夫も「薄毛対策」は必要or必要なし?

妻、夫ともに相手の「髪の量が少なくなった」ことを気にする人が多いことがわかりましたが、それを改善するための「薄毛対策」を相手に積極的にやってほしいと考えている人はどれくらいいるのでしょうか?

妻や夫に薄毛対策をやってほしいと考えている人は、それぞれ3割ちょっとと同じくらいの割合に。逆に、「やってほしくない」もしくは「どちらかといえばやってほしくない」と考えているのは、夫よりも妻のほうが多いようです。

薄毛対策というと、どちらかといえば男性のほうが熱心に取り組んでいるイメージがありますが、相手の薄毛対策に対しては夫のほうが肯定的なので、これからは女性もどんどん積極的に対策を進めていくべきなのかもしれません。

実際に、年とともに髪のボリュームが少なくなってくると、それだけでヘアスタイルがまとまりづらくなったり、ちょっと老けて見えてしまうこともあります。薄毛対策をすることによって、自分の希望するヘアスタイルを実現することができればうれしいですよね。

相手にやってほしい薄毛対策1位は「スカルプシャンプー」

では、実際に相手の髪の量が少なくなった場合、妻や夫はそれぞれどのような薄毛対策をしてほしいと考えているのでしょうか?

妻と夫ともに相手の髪の量が少なくなった場合は、「スカルプシャンプー」を使ってみてほしいと考えていることがわかりました。特に、57.5%もの妻は夫にスカルプシャンプーを使ってほしいと考えているようなので、世の旦那様方は「ちょっと髪が薄くなってきた」と感じたら、まずはシャンプーを変えて薄毛対策を始めてみるのがおすすめです。

また、「ウイッグ」については、妻が夫に望む割合は0.7%とかなり少数派でしたが、夫が妻に望む割合は26.9%と意外に高い数字となりました。妻とは逆に、夫は妻の薄毛対策としてウイッグをかなり支持しているようです。

女性のウイッグは、ファッション感覚でつけられるものも多いので、髪が薄くなってなかなかヘアスタイルが決まらないと悩んでいる女性は、思い切ってウイッグにトライしてみるのもいいかもしれませんね。

夫婦の髪に関する意識調査を見てきましたが、妻も夫も意外としっかり相手の髪の様子をチェックしていることがわかりました。女性も男性も、髪は年齢とともにだんだん薄くなっていくもの。薄毛対策として、妻も夫もスカルプシャンプーや育毛剤の使用を支持している人が多いので、「ちょっと薄くなってきたかな?」と感じたら、これらの商品を使って早めにケアを始めてみてはいかがでしょうか?

【参考】

「夫婦の髪に関する意識調査」 – アデランス

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載