kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

他人に相談しづらい!知って安心「白髪染め」の基礎知識

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

白髪が気になりだす年齢は人それぞれですが、だいたい30代後半くらいから白髪染めをし始めるという方が多いのではないでしょうか。白髪染めに関する悩みは、なかなか他人には相談しづらいもの。そこで今回は元美容師である筆者が、白髪染めの基礎知識をご紹介します。

白髪染めって暗い色しかないの?

白髪染めというと、白い部分を塗りつぶすために、なんとなく暗い色をイメージする方が多いと思いますがそんなことはありません。

美容室で髪を染める時は、ファッションカラーとグレイカラーの2種類に分かれます。聞きなれない言葉かもしれませんが、グレイカラーとは白髪染めのことです。

実はグレイカラーには暗い色から明るい色まで、通常のファッションカラーと同じようにたくさんの色味のカラーがあります。

白髪染めだからといって暗い色で塗りつぶすのではなく、自分が好きな色で染めることができます。それに明るい色で染めた方が、根元から生えてきた白髪も目立ちにくくなるのでオススメです。

白髪染めにオススメのカラー剤は“ヘナ”

カラー剤にはヘアカラー、ヘアマニキュア、ヘナというように色々な種類があるのをご存知ですか?

一般的に多く使われているヘアカラーは、髪の毛の内部まで染めてくれる優れものですが、敏感肌の方には刺激が強い場合があり向いていません。ですがカラーのバリエーションが豊富で、好きな色味を選ぶことができます。

ヘアマニュキアは髪の表面に染料がつき、トリートメント効果も期待できます。頭皮に染料をつけないので敏感肌の方でも安心して使用できます。

そして自然な色で染まるヘナは、脱白髪染めにオススメなのです。

ヘナとは天然の白髪染めで、地毛の黒髪以外に作用します。独特な香りがありますが、慣れてしまえば自分でも簡単に染めることができます。自然なグラデーションで染まっていくので、生えてきた白髪も気になりにくくなります。

以上のようにカラー剤も種類があるので、自分の好みの色味や質感で染料を選んでみるのもいいかもしれませんよ。

染めないで白髪に切り替える選択肢も

髪の根本だけ白くて他の部分が真っ黒だと、白髪が余計に目立ってしまうもの。それならば、いっそ思い切って染めるのをやめてみてはいかがでしょうか。

真っ白にするのには年齢的にまだ早いと思う場合は、白に近い色つまり明るい色に髪の毛を染めてしまえばいいのです。

急に髪を明るく染めるのはちょっと抵抗があるという場合は、部分的にハイライトのメッシュカラーにするのもオススメです。

いかがでしたか。白髪を暗い色でペッタリと染め続けるのではなく、せっかくなので白髪の量に応じて自分好みのカラーを楽しんでみてはいかがでしょうか。

2017/2/10 WooRis掲載

執筆/やまさきけいこ

はてなブックマーク facebook Twitter LINE