kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

2歳児が社長室で…!JALのプレミアムフライデー「家族の職場見学」に密着

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

プレミアムフライデー、みなさんはどう過ごしていますか? 「うちの会社には関係ない……」という嘆きの声も聞こえてきそうですが、実施した企業はどんな雰囲気になっていたのか、ちょっと気になりますよね。実施した企業のひとつに、日本航空株式会社(JAL)があります。グループ一丸となって働き方改革に取り組んでいるJALでは、プレミアムフライデー企画として、午後の有給取得やフレックス勤務などで終業時間を早めた社員家族の職場見学も実施。いったいどんなことが行われたのか。その様子に密着してみました!

まずは手作りの社員証をプレゼント

密着させていただいたのは、人事部・南仁さん一家。午後半休にして仕事を終えた仁さんの元に、妻・雅子さんと娘・咲ちゃんがやってきました。

左から、人事部長の植田英嗣執行役員、仁さん、咲ちゃん、雅子さん

咲ちゃんは2歳。大人に囲まれて、ちょっと緊張ぎみです。まずは手作りの社員証をプレゼント。

警備員に案内されつつ、入館ゲートも無事クリア。お父さんが働くオフィスへと向かいます!

ミーティングスペースで会議……サマになっている!?

出社したら、社員の状況を確認できるボードに、磁石をポンと置きます。仁さんによると、磁石の色は仕事の状態とリンクしているのだそう。青は「順調」、黄色は「ちょっとヤバい」、赤は「非常にヤバい、助けて!」というような意味になるそうです。

オフィスにいると「あの人、なんだか今日は忙しそう」と思いつつ、助けの手を出せないこともありますよね。便利な仕組みです。

仕事の必須アイテム名刺も、もちろん咲ちゃん用に準備してあります。

記念すべき初の名刺交換は、植田執行役員と。

名刺をもらって、咲ちゃんもご満悦。

お父さんのデスクで一緒にPC操作をしたあとは、

フリースペースでミーティング。画面を指差す姿、様になっています!

お父さんから指導を受け、コピー操作もバッチリでした。

役員室では禁断の行動に……!?

続いて役員室へ向かった南さん一家。植木義晴代表取締役社長と対面して名刺交換!

名刺をもらってニッコリの咲ちゃん。植木代表取締役が子どもたちに対して、「新しい部下が増えた」と気さくに対応しているのが印象的でした。

「そこ座ってみなよ!」と言われた咲ちゃんは、社長椅子に座るという禁断(?)の行動に!「その席はなかなか座れないよ〜!」と大人たちから声をかけられ、なんだか得意げ。

植木代表取締役を囲んだ、職場見学に参加した方々の記念撮影タイムもありました。

お父さんの職場を、肌で知る貴重な機会に

最後はオペレーションコントロールセンターへ。JAL国内線・国際線の運航方針を決定する中枢機能で、飛行計画の策定やパイロットとの交信を実施しているところです。

みんなで説明を受けたあとは、お父さんと一緒に窓の外を眺めます。「あそこから飛行機が飛ぶんだよ」と仁さん。

まだ2歳の咲ちゃんですが、のちに思い出話として職場見学のことを聞き、「へ〜、貴重な経験をしたんだなあ」なんて振り返るかもしれません。

仁さんは「最初は恥ずかしかった」としつつも、家族に職場を見せられてよかったと語ります。仁さんは以前は月10時間程度残業をしていたそうですが、最近は同社の「働き方改革」を受け、定時で帰るように仕事のやり方を工夫しているとか。

見学のあとは、水族館に行くという南さん一家。プレミアムフライデーについては「土日はどこも混んでいるから、お出かけしやすくなっていいと思う」と話しました。

以上、JALが行ったプレミアムフライデー企画の密着取材でしたが、いかがでしょうか?

プレミアムフライデーが自分の会社でも実施されたら……ショッピングや旅行、映画鑑賞など、やりたいことをいくつも思い浮かびますよね。

もしかすると「退勤はしたけど、会社が催す企画に参加する」というのも、ひとつの過ごし方になるかもしれません。

2017/2/28 BizLady掲載

はてなブックマーク facebook Twitter LINE