kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

SNS疲れ…「キャラ作り」はアリ!? 話題のシンガーソングライター関取花が語る

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

SNSへの向き合い方に、「しんどいかも……」という葛藤は生じていませんか? 最初は好きなことを投稿してSNSを楽しんでいたはずが、いつの間にか“幸せアピール”の場になっていた。それに気づいても、もう後には引けない。なぜなら、“SNS上のみで存在する私”がもう生まれてしまっているから……。SNS疲れは、多くの現代人を悩ませています。SNSにもリアルにも大いにかかわってくるのは、“自分のキャラ”問題。この仲間の前での私と、あの人たちといるときの私は違う……これでいいの? そんなふうに悩んでいる人も、こんな意見を聞けばふっと心が軽くなるかもしれません。

「いろんな顔があって、大丈夫」

シンガーソングライター、関取花(せきとり・はな)さん、26歳。『BizLady』世代ど真ん中の彼女も、コミュニティによって見せる顔が違うのを感じた経験があるそう。

だけど関取さんは、それで「大丈夫」と語ります。

その背景には、あとから自分を苦しめないための、あるポイントがあるのだとか……。

SNS上で幸せに見られたい……のはOK! でも、そこで満足するのはもったいない

――いま“SNS疲れ”という言葉があります。リア充アピールに疲れてしまい、自分は“幸せ”なのか“幸せに見せたい”だけなのか、わからなくなっている人が増えたのでは、という印象が筆者にはあります。世の中、キラキラした“幸せに見える”SNS投稿も溢れていますが……関取さんはどう考えますか?

関取:それはそれで、私は悪いとは思わないです。例えば、一般のオシャレが好きな人が、SNSでファッションを公開して称賛されているのはいいと思う。

でもそれを、メディアが持ち上げすぎるのはどうかなと思っていて。アマチュアとプロの境目がわからなくなってきているというか、肩書がよくわからない人も多いですよね。“そこ”(ネット上で持ち上げられている状態)で満足してしまうのって、本人にとっても、もったいないことだよなあって思います。

現代人を悩ませるキャラ問題……「いろんな顔があって当然!」

――そのSNS上でも、キャラ問題というものがあると思います。現代人はキャラをいくつも使い分けていて、それを自覚もしていて、それが普通になっている……なんて話も聞くものですが、関取さんも自分の中にいくつもキャラがある、と感じますか?

関取:すごくわかります。音楽をやっていなかったら、私もそっちのタイプです。例えば高校時代、いつも一緒にいるグループの子たちには悩みを言えないのに、たまにしか話さないグループの子に泣きながら相談できたり。

いつも楽しい話をしている仲間に悩みは言いたくない、楽しい自分でいたい、というのがあるからですよね。今でも家族に言えない事を恋人に言えたり、恋人に言えないことは……などはあると思います。

――そんなふうにキャラ分けをしているかもしれないことを、どう感じますか?

関取:いろんな顔があって当たり前だと思うし、悪いことじゃないと思う。私、「自分は何者でもない」と思っているんです。だからこそ、いろんな人の意見を吸収して、自分のキャラクターを周りから教えてもらっている感じですね。

ただ、自分は嘘をついて使い分けているわけではないし、見栄もない。それがあると、あとから苦しくなるんだろうなと思います。

――ちなみに、他人のキャラ分けに勘づいたりもしますか?

関取:他人のそういう部分も、けっこう気づいちゃう方かも。女性の方がわかりやすい気がしますね。でも、気づいても深入りしないです(笑)。

病んでいた思春期……でも過去があるから、今がある!

――関取さんの鋭い観察眼があるから、あのリアルな歌詞が書けるんですね。

関取:“過去のイヤな自分”がたくさんいるから、そういうのにも重ね合わせるのかもしれませんね。昔は病んでたので(笑)。10代の頃は、どこに行くにも誰に会うにも、親の前でだって、よそいきの“シルク”を纏ってました。いまは「誰に何を知られてもいい」というか、扉が一つ開いた感じです。

――その10代から続けている音楽で活躍中の花さんですが、音楽=好きなことを職業として続けていくことの大変さは感じますか?

関取:音楽で食べていくことに、もちろん不安もあります。でも音楽をやって初めて、自分を好きになれた。それだけで財産です。

―― 『BizLady』は、関取さんのように頑張る多くの女性たちが読んでくれています。そんな女性たちに、関取さんから言葉をかけてくれますか?もしくは、花さんの楽曲の中でメッセージにピッタリな歌詞があれば教えてください。

関取:メッセージ、そうですね……街で見かけたら、気軽に飲みに誘ってください(笑)!

楽曲だと、2月発売のNEWアルバム『君によく似た人がいる』の中からなら、『また今日もダメでした』。 一番反応がいい曲なので。

あ、あと同じアルバムの中の『もしも僕に』の、この歌詞ですね!

「人生なんてネタ探し、楽しんだもん勝ち!」

 

アルバム情報


『君によく似た人がいる』
品番:DSKI-1001
価格:2130円(税別)
レーベル:dosukoi records

2017/3/28  BizLady掲載

執筆/袰川有希

はてなブックマーク facebook Twitter LINE