子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

大人気の科博・特別展「毒」!日常にひそむ「毒」から見えてくることは?売り切れ&再入荷を繰り返すグッズも紹介

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

毒は、体に害があるもの。日常生活からはできるだけ遠ざけたい。そんなイメージを抱いている方は多いと思います。

現在、東京・上野公園の国立科学博物館で開催されている特別展「毒」は、毒に対しての理解を深め、見終えた後は日常の景色がちょっぴり変わるような、奥深い展示内容です。

会場内の特設ショップでは、おみやげとして配りたくなるようなオリジナルのグッズも多数扱っています。

今回は特別展「毒」のレポートをお届けします。

日常の中にひそむ「毒」とは?

null

特別展「毒」では、その名の通り“毒”をテーマとした展覧会です。毒を“人を含む生物に害を与える物質”と定義し、1つのカテゴリに絞らずに、地球上のさまざまな毒を網羅する展示となっています。

生物、植物、菌類、鉱物、化学物質……と、カテゴリは多岐にわたり、展示数はおよそ250点。

生活空間の毒を通じ、「甲の薬は乙の毒」を視覚的に学ぶことができる

普段なかなか目に触れることがない珍しい毒だけでなく、私たちの日常生活の中に溶け込んでいる毒も多数展示されています。

例えば、活用法によっては毒を発生させる可能性がある洗剤や、健康被害の原因となる可能性があるカビ、個人の感受性によって毒となりうるアレルギー物質など、私たちの生活回りの毒の種類は多岐にわたっています。

「まぜるな危険」の洗剤や、アレルギー物質
健康被害を引き起こす可能性がある食品のカビ

ブドウやタマネギのように、ヒトにとっては毒ではないけれど、ペットにとっては毒になるものも展示されています。

イヌやネコには毒となるブドウ
イヌやネコにとってのNG食材であるタマネギ

わたしたちの食生活にもなじみのあるマンゴーが発する“香り”の体験コーナーでは、熟す前の“青臭い香り”と、熟した後の“甘い香り”の違いをマスク越しに確かめることができます。

センサーに手をかざすと香りが噴霧。こちらは“熟す前”のマンゴーの香り。甘い果実の香りとは違った、思わぬ香りに顔をしかめる人も!?
こちらは“熟した後”のマンゴーの香り。甘くて美味しそう。熟す前と熟した後の香りが嗅ぎ比べられて面白い

ちょうどよく熟した頃に動物をひきつける香りを発し、果実を食べた動物に種子を遠くに運んでもらう“繁殖戦略”に触れることができます。

特別展「毒」のユニークな点は、私たちにとって非日常の神秘的な毒と、日常にひそんだ身近な毒の展示がボーダレスに並んでいるところ。

Aにとっては薬だけど、Bにとっては毒。Cにとっては無害だけど、Dにとっては猛毒。ほとんどの生物にとっては毒だけど、Eにとっては大事な主食。さまざまなケースを見ることで「私たちが“毒”とカテゴライズしているものは何か」「“日常”と“日常外”の毒を分かつボーダーラインは何か」といった問いを投げかけられているような気持ちになります。

大ヒット商品も!特別展「毒」特設ショップの売れ筋商品は?

null

さてさて、展覧会の楽しみの1つが、関連グッズのショッピングですよね。特別展「毒」のショップでは、一風変わったオリジナル商品を数多く取り扱っています。

独特ならぬ“毒特”なラインナップを楽しむことができます。

こちらは、思わず目をひくヤドクガエルのぬいぐるみキーホルダー(1,320円・税込)。華やかで毒々しくて愛らしいぬいぐるみは、毎日、飛ぶように売れているそう。

キオビヤドクガエル ぬいぐるみ キーホルダー(1,320円・税込)
イチゴヤドクガエル ぬいぐるみ キーホルダー(1,320円・税込)

色鮮やかな赤色のベニテングタケのぬいぐるみ(2,640円・税込)は、丸みを帯びたかわいいフォルムで目をひきます。SNSなどでも話題になり、何度も売り切れになった人気商品だそう。

ベニテングタケぬいぐるみ(2,640円・税込)

どのぬいぐるみも色鮮やかでアイキャッチなデザインですが、各分野の研究者がしっかり監修されているとのことで、よく見ると細部までこだわってつくられています。

そして、食品コーナーの売れ筋、特別展「毒」焼印入まんじゅう(972円・税込)。ムラサキイモを用いた紫色のあん入りです。「変わった色だけど、おいしい!」と評判だそう。家族や職場のおみやげにおすすめです。

特別展「毒」焼印入まんじゅう(972円・税込)
毒生物プリントクッキー (1,458円・税込)

テントウムシのグミ(648円・税込)の中に、ナナホシテントウに“擬態”した“レアキャラ”が混ざっているのだとか。見つけたらラッキー!お楽しみに。

テントウムシグミ(648円・税込)

ショップでは、オリジナルカプセルトイ ピンバッジ(500円・税込)も人気。全7種のうち、どの生物が出るのか、ドキドキしながら回してみよう。

カプセルトイ ピンバッジ(500円・税込)

カラフルな記念メダル(600円・税込)は、手元にとっておいて何度も見返したくなるデザインです。

記念メダル(600円・税込)

さらに、特別展「毒」の公式図録(2,640円・税込)の販売数は、異例の伸びを見せており「学術的な内容が多いのに、なぜこんなに売れているのかわからない」と、関係者が頭をひねるほどだそう。「表紙の手触りが好き」というユニークな反響も寄せられているそうです。

以上、今回は東京・上野公園の国立科学博物館で開催中の特別展「毒」のレポートをお届けしました。

日常とは、一線を引きたい“毒”。明確な線を引くことは難しいからこそ、どう向き合っていくのかをじっくり考えさせてくれる展示内容となっています。

土曜日限定で“ナイトミュージアム”も実施中。ぜひ、家族や友人と足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

写真撮影/辺見真也

【展覧会情報】

展覧会名:特別展「毒」

会期:開催中~2023年2月19日(日)

休館日:月曜日

※ただし、2月13日(月)は開館

開館時間:午前9時~午後5時(入場は午後4時30分まで)

     土曜日のみ午後7時まで開館(入場は午後630分まで)

会場:国立科学博物館(東京・上野公園)

入場料:一般・大学生2,000円、小・中・高校生600円、未就学児は無料

※ 日時指定予約が必要

※ 最新情報は公式HPでご確認ください

https://www.dokuten.jp/

プロフィール

北川和子
北川和子

自治体HP、プレスリリース、コラム、広告制作などWEBを中心に幅広いジャンルで執筆中。『kufura』では夫婦・親子のアンケート記事やビジネスマナーの取材記事を担当している。3児の母で、子ども乗せ自転車の累計走行距離は約2万キロ。地域の末端から家族と社会について日々考察を重ねている。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集