子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ネックレスのチェーンが絡まった!どうやってほぐす?348人に聞きました

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

「今日はあのネックレスをつけよう〜」そう思って取り出そうとしたら、ぐちゃぐちゃにチェーンが絡まってる! そんな経験、したことはありませんか?(私はまあまあ経験しています)

“ネックレス絡まった問題”を文字どおり解きほぐすべく、今回『kufura』では女性348人にアンケート調査を実施。みなさんがどうやってネックレスを元通りにほぐしているのか、その際のコツもあわせて1位から順にランキング形式でお届けします。実際に編集部で試してみたものもあるので、リアルに役立つ方法が見つかるかもしれませんよ!

手でほぐす(167人)

知恵の輪を解くかのように無で集中してやります」(45歳/その他)

端から少しずつ解く。テーブルの上で必ずやります」(32歳/広報・宣伝)

とにかく両手でガチャガチャやってみて偶然ほぐれるまで待ちます」(37歳/その他)

爪の先で絡まってるところを少しずつほぐします」(32歳/主婦)

圧倒的に多かったのが、指先や爪の先で少しずつほぐすという声。348人中167人と、約48%もの人が指先や爪を使って器用にほぐしているようです。じっくりと絡まっている部分を見ながら少しずつほぐしている人もいれば、ほどけるのを期待して手でもんでみる人も。

爪楊枝やまち針など先の細いものを使う(76人)

次に多かったのが爪楊枝やピン、針などの先の細いものを使って絡まりをほどいていくというもの。その中でも爪楊枝を使っている人が半数を超える結果となりました。

爪楊枝を使う(39人)

爪楊枝でほぐしています。後片付けも無しで一番良いです」(45歳/その他)

爪楊枝2本を使って、ほぐす」(53歳/主婦)

爪楊枝で絡まっている玉の中心に差し込んでいきさしたまま振る」(44歳/総務・人事・事務)

身近にある爪楊枝は、使い終わったらそのまま処分すればいいので後片付けの必要がなく、2本使いすれば細かな作業もできます。先の細いものの中でも使い勝手の良さが選ばれる理由のようです。

まち針やピンセットなど先の細いものを使う(37人)

チェーンを平たい場所に広げて裁縫用のマチ針で注意深くすこしずつ慎重にほぐしていきます。平たい場所は意外にも少しだけザラザラした畳の上の方がうまくいきます」(57歳/主婦)

老眼鏡とピンセットと根気を使います」(50歳/総務・人事・事務)

先の細いもの、シャーペンの先などで丁寧にほぐします」(63歳/主婦)

爪楊枝ではなくても、身近にある先の細いものを使っている人も多くいました。中には竹串やゼムクリップを伸ばしているという人も。

ベビーパウダーなどの粉類をかける(25人)

絡まったネックレスを広げた紙の上におきベビーパウダーをネックレスの上に振りかけ絡まった所を少しずつ揺らす」(69歳/その他)

絡まった結び目にベビーパウダーをかける。チェーンが滑りやすくなって簡単にほどける」(38歳/その他)

片栗粉とか小麦粉をまぶす」(47歳/公務員)

片栗粉をつけて、楊枝でゆっくりとる」(44歳/その他)

ベビーパウダーや小麦粉などの粉類を振りかけると、絡まったチェーンがほぐれやすくなるんだそう!

実際に『kufura』編集部スタッフが自宅にあった頑固に絡まっていたネックレス(やピアスも巻き込んだ状態……)で試したところ、少量のパウダーですぐにほぐれやすくなりました。

あまり大量にかけてしまうと後でパウダーを落とすのが大変なので、まずは少量で試し、それでも絡まりがある場合は少しずつ足していくのが良さそうです。

夫や子どもなど身近な人にお願いする(17人)

夫に丸投げする」(44歳/主婦)

夫が器用なのでいつも頼む。テーブルに広げてやってくれている」(60歳/主婦)

私は老眼なので子どもたちにやってもらっています。知恵の輪的な感覚で、楽しんでやってくれています」(49歳/総務・人事・事務)

2人がかりで交互にほどいていく」(38歳/学生・フリーター)

身近に細かい作業が得意な人がいる場合、その人にお願いするという人も一定数いるようです。知恵の輪を解くように、楽しんで作業してくれるなら、ぜひお願いしたいですよね。『kufura』編集部スタッフの中には「息子にバイトとしてお願いしている」という人もいましたよ!

オイルや石鹸を使う(12人)

オリーブオイルをかけて、滑らせてほぐす」(26歳/総務・人事・事務)

チェーンに石けんをつけてゆっくりほぐしていく」(66歳/その他)

食器洗いの洗剤原液を付けて、少し泡立てれば簡単にほぐれますよ」(50歳/その他)

手にハンドクリームをつけて滑りを良くして取る」(21歳/学生・フリーター)

パウダー類ではなく、オイルや石けんなどで滑りを良くするという声もありました。パウダー、オイル、石けんなどを使う場合は、チェーンがほぐれたらオイルや石けんがネックレスに付着したままにならないように落とすことも大切です。ネックレスを傷つけないようやさしく洗ってしっかり水気を拭き取りましょう。

こんなアイディアも!その他の回答

お店に持って行く」(38歳/その他)

両手で持って空中でゆっくりほぐす」(42歳/主婦)

絡まないようにストローに通して保管してます」(57歳/その他)

高価なネックレスの場合は無理に引っ張ることで傷つけてしまう恐れもあるため、購入した店舗やアクセサリー修理店にお願いするという声も少数ながらありました。また、平らなところに広げて作業するという人が多い中、空中でほぐすという回答も。

 

あきらめて放置してしまっているという声も見られた今回のアンケート。そして、多くの方が、絡まったネックレスのチェーンをほぐすのには“根気”と“時間”が必要だと感じていました。

ネックレスが絡まないように保管のしかたを工夫するのが一番ですが、一時置きのつもりでいつの間にか絡まっていた!なんてことが起きてしまったときは、ぜひみなさんの声を参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集