kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

ほとんどの人が間違っている⁉ ブラジャーの正しい干し方とは

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

突然ですが、皆さんはブラジャーを正しく干せていますか? こんな質問をされても、実際にほかの人がどのように干しているのか聞いたり、確認したりする機会もあまりないため、 正直、自分の干し方が正しいかどうかよくわからない人が多いのではないでしょうか? ブラジャーの劣化を防ぎ、長持ちさせるためには、洗濯後の干し方も重要なポイントとなります。

今回はブラジャーの正しい干し方を、大手下着メーカーのワコールに教えてもらいました。

正しくはブラジャーの上下を逆にして干す

皆さんはブラジャーを干す場合、どの部分を洗濯バサミではさんで干していますか? 両方の肩ひも、ホック部分、それともカップ下の部分?

一般に、着用時と同じような状態で肩ひも部分2カ所を洗濯バサミではさんで吊り下げて干す人が多いのではないかと思いますが、実はこれは正しい方法ではないんです!

上下を逆にしてカップ部分の下2カ所を洗濯バサミではさんで干すのが、ブラジャーを長持ちさせるために最も適した干し方。

ワコールの公式WEBサイト内の「ブラてびき」では、ブラジャーの正しい干し方について次のように案内しています。

・湿っているうちに、指先を使ってカップの肌側を中心から外に向かって引っ張るようにまるく整えてから、干しましょう。

・伸びにくいカップの下2カ所を洗濯バサミではさんで干しましょう。

ワコール広報・宣伝部の白鳥貴子さんによると、この干し方であれば、ブラジャーが型崩れしたり、生地が伸びたりするのを最小限に抑えることができるんだそう。

よくやりがちな、肩ひも部分2カ所を洗濯バサミではさんで吊り下げる干し方は、ブラジャーに含まれた水分の重みによって肩ひもが伸びたりするのでNGとのことでした。

ハンガーや物干し竿に直接かけて干してもOK!

上では洗濯バサミがついたピンチハンガーを使った正しい干し方をご紹介しましたが、皆さんの中には、洗濯バサミのあとがつくのが嫌で、洗濯バサミを使わずに干しているという人もいるのではないでしょうか?

「WEBサイト内では紹介していませんが、ブラジャーを真ん中から二つ折りにした状態で、その中心部分をハンガーや物干し竿に直接かけて干していただいても大丈夫です」(白鳥さん。以下「」内、同)

このやり方だと、ブラジャーをただハンガーや物干し竿にかけるだけで干す作業が完了するので、洗濯バサミではさむ手間が省けて、家事の時短にもつながりそうですね。

「ただ、このような干し方だと、風などでブラジャーが飛んでしまったりする可能性もあります。干すときは屋外ではなく、室内にしたほうがいいかもしれません」

干し方だけでなく干す場所にも注意

一般に、「ブラジャーも他の衣類と同じように、お天気のいい日にたっぷりのお日さまに当てて乾かしている」という人が多いと思いますが、実はブラジャーにとって直射日光は大敵なんだそうです。

「直射日光はブラジャーの素材をいためるとともに、黄ばみや色あせの原因にもなります。ブラジャーの劣化を防ぐためにも、洗濯のあとは風通しのよい日陰に干すようにするといいでしょう。レースがついたものは特に繊細ですので、直射日光は避けてください」

 

いかがでしたか? 「干し方が間違っていた!」という人もけっこう多かったのではないでしょうか? 美しいバストを保つためには、それをサポートしてくれるブラジャーの型崩れ、また生地の伸びや劣化を防ぐことがとても重要になってきます。

ここで紹介した‟正しい干し方”でブラジャーを長持ちさせることによって、ツンと上を向いたきれいなバストラインもキープしていきましょう。

【取材協力】
※ 株式会社ワコール・・・女性用下着を中心とする衣料品メーカー。1964年に設立された『ワコール人間科学研究所』では、女性の体に関する基礎研究を続け、それをもとに数々のヒット商品を生み出す。公式WEBサイトではさまざまな商品情報のほか、女性が美しくなることを応援するコンテンツも提供。

 

【参考】

※ ブラてびき – ワコール

はてなブックマーク facebook Twitter LINE