子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

「縦型」vs「ドラム式」洗濯機の満足度が高いのはどっち!? ユーザーのリアルな声を調査【前編】

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

洗濯機は縦型orドラム式どっちがいい!? 昔から馴染みのあるタイプといえば縦型ですが、最新のドラム式も気になる……なんて人も多いかもしれませんね。

今回、『kufura』では20代~50代の女性444人を対象に、洗濯機事情についてアンケート調査を実施しました。縦型、ドラム式それぞれの満足度や実際に使ってみての感想をご紹介します。

今使っている洗濯機の種類は?

縦型・・・374票(84.2%)

ドラム式・・・70票(15.8%)

まず、現在使っているタイプとしては、縦型が8割以上と圧倒的。テレビCMなどはドラム式のほうがよく見る気もしますが、洗濯機はなかなか買い替えの機会もないので、実際の普及率はまだまだといったところなのですね。

今使っている洗濯機に満足or不満?

続いて、縦型、ドラム式それぞれの満足度を見ていきましょう。

【縦型】

とても満足している…84票(22.5%)

やや満足している…214票(57.2%)

やや不満がある…64票(17.1%)

とても不満がある…12票(3.2%)

【ドラム式】

とても満足している…27票(38.6%)

やや満足している…33票(47.1%)

やや不満がある…9票(12.9%)

とても不満がある…1票(1.4%)

縦型もドラム式も、「とても満足している」「やや満足している」というポジティブな意見が大多数。ただ、微妙な線ではありますが、縦型は満足が8割弱、ドラム式は約85%と、ドラム式のほうがやや満足度が上回りました。

「縦型」洗濯機の満足している点、不満な点は?

「洗浄力」にはおおむね満足

「洗い、すすぎに特化しているものなのでの洗濯物がすごくちゃんと洗えているなと感じる」(25歳/その他)

「乾燥機能がついていたら、もっと良かったと思うけど、洗濯するだけなら、今の洗濯機でも、特に不満は無い」(44歳/その他)

「以前ドラム式が不満だったので、縦型に戻しての洗浄力に安心がある。やはりドラム式よりは水を多く使うが仕方ない」(49歳/主婦)

縦型洗濯機を推す理由として多かったのは、洗浄力が高いという点。乾燥機能は標準搭載されていませんが、洗濯機本来の“汚れを落とす”という機能だけに着目すれば、縦型洗濯機で十分な満足感が得られるようです。

「乾燥」機能には不満の声が…

「乾燥機能はついていますが、かえって湿ったようになるので使っていません」(53歳/主婦)

「乾燥機能は電気代が高く、それほど乾燥ができていない」(54歳/その他)

「乾燥機能はあるが、仕上がりはゴワゴワシワシワになってしまうので全く使えない」(50歳/主婦)

「乾燥機能付きだが、干したほうが早いので、使っていません。もっとシンプルなもので充分だったかもしれない」(38歳/デザイン関係)

縦型洗濯機でも乾燥機能がついているものはありますが、残念ながら今回のアンケートでは、電気代がかかったり、仕上がりが微妙だったりなど、あまりポジティブな声が聞かれませんでした。

また、乾燥機能がついていても、結局は使っていない人も少なくないようです。

「節水」機能つき縦型洗濯機の使用感は?

「節水効果もあるし、スピードも速い」(36歳/その他)

「節水機能があって、容量が大きいので、はっきりわかるくらい水道料金が下がった。ただし節水機能のせいか、洗剤の溶け残りがたびたび発生する。液体洗剤を使えば解決するのだろうけど、洗浄力の点で粉末洗剤を使いたいので悩ましい」(49歳/主婦)

「節水タイプなので、気兼ねなく洗濯できる。難点は、しょっちゅう洗濯槽のなかで絡まりあい、それをほぐすために注水すること。せっかくの節水タイプなのに、と思うことがしばしばある」(47歳/主婦)

乾燥機能と異なり、節水機能に関しては、かなりの効果を実感できるとの声が多く寄せられました。

とはいえ、水を減らすとその分、洗浄力は落ちてしまうので、洗濯物の汚れ具合に応じてモードの使い分けが必要なようです。

その他、こんな機能が満足、不満

一口に“縦型洗濯機”といっても、その性能はさまざま。

「インバーターで大幅に節電ができるのが気に入っている。気に入らないのは洗濯物の量を測るセンサー。全く役に立たず、結局自分で設定することになる」(52歳/その他)

「洗剤の泡立て機能があるため洗剤残りがない」(59歳/主婦)

「送風機能があるので、しわを伸ばしたいときに便利」(51歳/主婦)

「穴なし槽なのでカビがはえないところが満足」(39歳/その他)

今回のアンケートで、個人的に気になったのは“穴なし槽”。その名の通り、洗濯槽の側面に穴がないため、節水・防カビ効果が期待できるのだとか……。

筆者は昨年、縦型洗濯機を買い替えたのですが、その際、「とりあえず今まで通りの洗濯ができればいい」と、あまり深く考えずに予算内の売れ筋商品を選びました。今使っている機種に不満はないのですが、もう少し機能にもこだわればよかったかな、とみなさんのコメントを読んでちょっと後悔しています。

「ドラム式」洗濯機の満足している点、不満な点は?

「以前縦型を使用していたが、水道料金が安くなったので満足している」(51歳/総務・人事・事務)

「ドラムだけど汚れがよくおちること」(37歳/コンピュータ関連技術職)

「雨続きの日でも乾燥機がついてるから安心。乾燥機能使うと、古いタオルもふかふかになるのがいい」(40歳/主婦)

「乾燥までしてくれるので、学校から帰って来てから洗った子ども達の運動着とか、朝洗濯機から出して、そのまま学校に持っていける」(49歳/総務・人事・事務)

「洗いから乾燥までしてくれるので満足だが、乾燥ムラが少し不満」(48歳/その他)

「フィルターにゴミが溜まりやすく臭いもこもりやすいのでマメな掃除が必要なため縦型の時よりメンテナンスが多いのが面倒」(32歳/主婦)

「乾燥器を使ったあとにホコリがゴムパッキンの所につくので掃除が大変」(27歳/主婦)

ドラム式洗濯機の魅力といえば、やはり乾燥機能と節水効果。この点に関しては、満足する声が多く寄せられました。また、洗浄力がやや不安視されることもあるドラム式ですが、今回のアンケートにおいては、あまりそうした不満の声は聞かれず。

ただ、ネガティブな意見としてやや目についたのは、汚れや埃がたまりやすく、お手入れがちょっと面倒との声。メーカーや機種によって、どれくらい手間がかかるのかまちまちなので、ドラム式の購入を検討中のかたは、そのあたりの口コミも要チェックですね。

 

以上、縦型、ドラム式それぞれの満足度調査の結果をご紹介しましたがいかがでしたか。そろそろ洗濯機の買い替えの時期かも……というかたは、ぜひご参考にしてみてくださいね。

次回は、「次に洗濯機を買い替えるなら『縦型』or『ドラム式』どちらがいいか?」を調査した結果をお届けします。お楽しみに!

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
人気の記事
連載・特集