子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

今、家に何冊の本がありますか?「本の管理方法」を458人に大調査

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

書籍って意図的に管理しないと家の中にたまる一方ですよね。読み終わったもの、積読してあるもの含めて、いつのまにか本が家の中のかなりのスペースを占拠している……という人は多いはず。みなさんは、書籍をどのように保管しているでしょうか?
そこで、『kufura』では、女性458人を対象に、本の処分や管理についてのアンケート調査を実施しました。

「自宅に何冊の本を所有していますか?」

まず、女性458人に、雑誌以外で何冊の書籍を所有しているのか尋ねてみました。その結果は以下のとおり。

・第1位:1~10冊・・・97人(21.20%)

・第2位:11~20冊・・・51人(11.1%)

・第3位:0冊・・・46人(10.0%)

・第4位:41~50冊・・・38人(8.3%)

・第5位:91~100冊・・・37人(8.1%)

・第6位:21~30冊・・・35人(7.6%

・第7位:500冊以上・・・30人(6.6%)

・第8位:31~40冊・・・26人(5.7%)

・第9位:201~300冊・・・20人(4.4%)

・第10位:101~120冊・・・18人(3.9%)

全体で見ると30冊以内がおよそ半数を占めますが、なかには500冊を超える蔵書を誇るという人も……!

「あなたが本を処分するときの基準は?」

続いて、女性458人に本を捨てるときの基準を尋ねたところ、以下のような傾向が見られました。

(1)基本的に捨てない

「基本捨てない。1,000冊以上あるがまだ保管できるように書庫を作ってある」(39歳/総務・人事・事務)

「読まない古い本は、基本は地下室に保管している。あまり捨てたりはしない」(38歳/その他)

「捨てられないので増え続けています」(54歳/その他)

今回のアンケートでは「本は捨てない」という意見が少なからずありました。やはり、自分が関心を持って入手した本ですから、「またそのうち読み返すかも」と思うとなかなか捨てられないですよね。それにしても、1,000冊以上保管できる住宅環境がうらやましい!

(2)一定限度を超えたら捨てる

「家族のそれぞれの本棚がいっぱいになるまではためておくが、それを超えたらバザーなどで処分をすると決めている」(61歳/主婦)

「本棚3つに入りきらない分は捨てるようにしている」(39歳/総務・人事・事務)

「本棚に入らなくなった時に仕分けして半分程処分する、を繰り返す」(29歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「50冊を超えたら売る」(34歳/コンサルタント)

「新しい本を買ってきて収納スペースがないことに気付いたとき」(50歳/その他)

いくら手放すのはしのびない……といっても、全て保管しておくときりがないですよね。スペースや冊数を決めて、それを超えたら捨てたり売ったり何らかの方法で処分するという意見は多数ありました。

本をあふれさせないためには、“1つ買ったら1つ手放す”というルールをできれば徹底したいところ。

(3)読まないもの、必要ないものは捨てる

「1年間読まないものや、使わなくなった教科書は断捨離して資源回収に出します」(22歳/学生・フリーター)

「仕事や勉強のスキルアップのために購入したので、身に付いたり必要なくなったら」(23歳/その他)

「誰も読まなくなり、ただ積まれているのを見たとき」(58歳/その他)

「読まなくなったら捨てる。実用書は版が古くなったら捨てる」(33歳/学生・フリーター)

「年齢的にその本の内容に興味を失った時」(58歳/主婦)

「大掃除の時存在を忘れていたら捨てる」(41歳/コンピュータ関連技術職)

情報は日々アップデートされていきますし、自分の興味関心も年齢とともに刻々と変化します。情報として古いもの、自分にとってもう必要なくなったものは、どんどん捨てて、そしてまた新たなものを入手するというサイクルもよいのかもしれません。

基準として比較的多かったのは、“1年間読まなかったら捨てる”というもの。衣類と一緒で、1年間手に取らなかったものは、その後も出番がない可能性が高いですよね。

また、年末の大掃除や引っ越しの機会に、という意見も目立ちました。

(4)原則として読み終わったらすぐ処分

「基本的には読み終わったら処分している」(48歳/学生・フリーター)

「読んだら、裁断してスキャンするようにしている」(42歳/会社経営・役員)

1度読み終わったら、よほどお気に入りでなければ原則として処分するという潔い人も多数いました。

なるほど、「また読み返すかも……」と思ってとっておいた本でも、実際に読み返すことがなかったという本もありますよね。

(5)その他、こんな意見も・・・

「捨てるほど本を持っていない。電子書籍を利用している」(42歳/主婦)

「本を買わないようにする。図書館で借りるなど」(45歳/公務員)

「本を売ろうかなと思ったタイミングで整理している」(33歳/営業・販売)

「区の図書館に寄付する」(76歳/主婦)

なるべく本を買わないようにしているという人や、積極的に本を売ったり寄付したりすることで、本をためこまないようにしている人も。

ちなみに、筆者知人でも、1度読んだ本はすぐに近所の図書館に寄贈している人がいます。彼女いわく、「図書館が自分の本棚がわりになってくれる」とのことです。

 

さて、あなたの自宅にはどれくらいの本がたまっていますか? 本が増えすぎて困っている人は、ぜひみなさんの意見をご参考にしてみてくださいね。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。

kufura編集者募集
kufura members募集中
連載

【消費税増税に伴う価格表記について】
2019年9月末までの記事内の「税込み価格」につきましては、増税前の税率(8%)での価格となっておりますので、ご了承ください。