子育て世代の「暮らしのくふう」を支えるWEBメディア

ちょっとしたことでストレス解消!「玄関に置いて便利になったもの」トップ8

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE

外出時、および帰宅時に毎日通過する玄関。最近は、なるべく物を置かずスッキリした空間を目指すという考えが強いようですが、逆に、「これを置くことで便利になった!」というものもあるのではないでしょうか。

『kufura』では、20代~50代の女性239人を対象に、アンケート調査を実施しました。皆さんの生活の知恵をランキング形式でご紹介!

第8位:ゴミ箱・・・5票

null

「ゴミ箱。DMやチラシを要らなかったらすぐ捨てれるから」(26歳/総務・人事・事務)

不要なダイレクトメールやチラシをついためこみがちな人に、このアイディアはおすすめ! 家の中に持ち込まず、玄関で確認して不要だと判断すればその場でゴミ箱行きを習慣化してみてはいかがでしょうか。

第7位:消臭グッズ・・・6票

null

「消臭スプレー。その都度スプレーするようにしている」(51歳/主婦)

「靴の消臭用の珪藻土。出かける時はスリッパの中へ、家にいる時は靴の中に入れています」(40歳/総務・人事・事務)

前回、“玄関で捨てても困らなかったもの”ランキングで「消臭剤、芳香剤」が第8位でしたが、“置いてよかった”バージョンでもにおいに関するグッズがランクインしました。

据え置きタイプのものは、効果がなくなっても置きっぱなしになりやすいですが、スプレータイプであれば中身がなくなればちゃんと入れ替えるので、玄関のにおい対策には後者のほうがおすすめかもしれませんね。

第5位(同率):フック、ポール・・・7票

null

「コートをかけるポール。夫のコートをそこにかけておくと、自分で勝手に着脱してくれるのでたすかりました」(53歳/主婦)

「コートをかける突っ張り棒を付けた。花粉や埃を部屋の中に持ち込まなくて済む」(33歳/主婦)

帰宅後、コートをどうするかは冬のあるある問題。埃やウイルスなどをなるべく家の中に持ち込まないためには、玄関にフックやポールを設置して、帰宅後すぐに掛けるようにするのがよいかもしれません。

第5位(同率):ボールペン・・・7票

null

「ボールペン。外出自粛でインターネットショッピングが増え、宅配便がよく来るので、サイン用に置くようになった」(49歳/主婦)

「ボールペン。宅配便がきて、コロナ禍で人のペンを使いたくないので玄関においてあると便利」(45歳/主婦)

最近は置き配やサインレスの受け取りも増えつつありますが、サインが必要な場合に備えて玄関にペンを置いておくと便利。いつもインターホンが鳴ってから慌てて「あれ、ペンはどこだっけ?」と探し始めるという人はぜひお試しあれ。

第4位:印鑑・・・17票

null

「印鑑。マグネットでとまる小物入れを玄関に取り付けて印鑑を入れた。宅配物の受け取りがスムーズになった」(47歳/企画・マーケティング)

「シャチハタ。荷物の受け取りがラクになった」(56歳/主婦)

やはり宅配に関係するアイテムとして、印鑑がランクイン。特にインク台が不要なタイプなものを置いておけば、受け取りがものすごくスムーズになりそうです。

第3位:鍵・・・22票

null

「鍵置き専用トレイ。以前はリビングに置いていたが、忘れた!となり靴を履いたあとだと地味に面倒なので、玄関に置くようになった」(48歳/主婦)

「鍵。帰宅したらすぐ置けば、出かけるときそこにあり便利になりました。探すことがなくなりました」(54歳/主婦)

「車の鍵。以前はジャンバーのポケットに入れたりしてましたが、玄関に置くようになってから忘れる事がなくなった!」(40歳/その他)

鍵の置き場所を玄関に定めておくと、出掛ける直前に「ない、ない!」と慌てたり、うっかり鍵を持たずに外出してしまったりするのを防ぐことができます。防犯上、望ましくないという説もありますが、常に扉を施錠して玄関内に他人を入れないことを徹底していれば、メリットがリスクを上回るといえそうです。

第2位:マスク・・・35票

null

「マスクを箱ごと。以前は戸棚にしまっておいて使うときに1枚ずつ出して使っていたが、コロナで毎日使うようになったので、箱ごと玄関に出しっぱなしにして手間を省いた」(56歳/主婦)

「玄関の扉の裏にマグネットのフックをつけて、それにマスクをかけている。出かける時、忘れることがない」(45歳/その他)

「マスク。宅配の方や急な来客にもすぐマスクを使用できるから」(56歳/その他)

今や財布や鍵、携帯電話と並んで、外出時に欠かせないアイテムとなったマスク。うっかり着け忘れを防ぐには、玄関に置いておく策が有効でしょう。マグネットで扉に付けられるものなど、最近では、マスクを収納するケースのラインナップも充実しているので、そうしたアイテムもうまく活用したいところです。

第1位:消毒グッズ・・・39票

null

「アルコールスプレー。帰ってきてすぐ手を消毒できるので」(36歳/デザイン関係)

「アルコール消毒液。玄関でまず消毒したら安心だし、履いてた靴も消毒できて衛生的」(56歳/主婦)

「消毒液。今までは洗面スペースにしか置いていなかったが、2つ買って2箇所におくようにしたらとても楽になった」(53歳/その他)

2位とは僅差ですが、“玄関に置くことで便利になったグッズ”ランキングの第1位は消毒グッズでした! 外出から戻ったら、まず手指などを消毒するのは、ウィズ・コロナ時代のエチケット。玄関の目のつきやすいところにグッズを置いておけば、自然と意識が向きますよね。

その他、こんなグッズもあれば便利!

null

「ハンカチやポケットティッシュ。クローゼットに入れておくとどうしても取ることを忘れるから」(29歳/その他)

「コロコロ。出る前に服の毛をとりたいときにさっと綺麗にできる」(48歳/主婦)

「マイバック。出かける前に思い出しても玄関に置いておけばすぐとって出掛けられます」(44歳/主婦)

「バスと電車の時刻表をプリントしたもの」(52歳/主婦)

「ウェットシート。靴を収納する前にシートで底を拭く。汚れた靴を履かないで済むし、靴箱も汚れない」(38歳/その他)

個人的に、時刻表というアイディアは「なるほど!」と膝を打ちました。いつも外出前にスマホなどで調べていたのですが、玄関で一目瞭然状態にしておけばよかった……と目からウロコです。

 

以上、“玄関に置くことで便利になったグッズ”をご紹介しました。言われてみればたしかに納得。より効率的に日常の動作を行いたい人はぜひご参考にしてみてはいかがでしょうか?

プロフィール

中田綾美
中田綾美

成人までの人生を受験勉強にささげた結果、東京大学文学部卒業。その後なぜか弁護士になりたくて司法試験に挑戦するも、合格に至らないまま撤退。紆余曲折の末、2010年よりフリーライターの看板を掲げています。

pin はてなブックマーク facebook Twitter LINE
連載・特集