kufura(クフラ) 仕事も家庭も、私らしく!を叶えるヒント

既婚者500名に聞いた!貯金がない人が「つい無駄遣いしてしまう」ことは

はてなブックマーク facebook Twitter LINE

頭では駄目だとわかっているのに、なぜかやめられない無駄遣い。『kufura』では、20~50代の既婚男女500名を対象に、ついついやってしまう無駄遣いについてのアンケート調査を実施しました。結果を見てみると、無駄遣いにありがちな傾向が浮かび上がってきました。はたして、その実態とは……!?

やりがち1「100円均一や安売り中のもの」

20~50代の既婚男女500名を対象に現在の貯蓄状況について調査したところ、なんと断トツでもっとも多かった回答が「ほとんど貯金できていない」(40.4%)。次いで、「まずまず貯金できている」(24.4%)「あまり貯金できていない」(23.8%)となりました。

ちなみに、もっとも少なかったのが「充分に貯金できている」(11.4%)。多くの人がなかなかスムーズに貯金できず悩んでいるという実態が浮き彫りになりました。

「ほとんど貯金できていない」「あまり貯金できていない」と回答した人に、具体的にどのような無駄遣いをしてしまうのか尋ねたところ、いくつか共通点が浮かび上がってきました。特に目立ったのが、100均などの安くて小さな雑貨類。

「マスキングテープです。可愛いデザインが多いので、必要以上に買ってしまいます」(22歳/女性/学生・フリーター)

「100均での買い物」(30歳/女性/営業・販売)

「安いとそんな必要なくても買いだめしてしまう」(33歳/女性/主婦)

「食料品が安いといっぱい買ってしまう」(47歳/女性/主婦)

「安いものをいっぱい買ってしまいます」(23歳/女性/学生・フリーター)

「安売りしているものを大量に購入してしまう」(23歳/男性/その他)

「買物していて安ければいつか使うかもしれないと予定より買ってしまう」(52歳/男性/その他)

「値引きシールが付いているとき」(58歳/男性/その他)

安いものだから、値引きされているからという理由でつい必要がないものまで買ってしまうという意見がとても多かったのが印象的でした。

他にも、“まとめ買いするとおトク”など、お店側は沢山購入してもらうために様々な工夫をしています。

「安いから」ではなく「必要だから」という基準で購入するよう常に心がけると、無駄遣いが減るかもしれませんね。

やりがち2「限定商品や新商品に心惹かれるコンビニ」

「コンビニで買い物」(44歳/男性/その他)

「仕事終わりにコンビニやカフェに寄ってしまう」(36歳/女性/営業・販売)

「コンビニでついつい余計なものまで買ってしまう」(44歳/女性/金融関係)

「コンビニのホットフード」(49歳/男性/総務・人事・事務)

「コンビニで食べ物をちょこちょこ買ってしまう」(27歳/女性/主婦)

「スーパーやコンビニに行くと、買わなくても良いものまで買ってしまう」(42歳/女性/研究・開発)

食品や化粧品、本・雑誌、雑貨などあらゆる種類の商品が並べられているコンビニは、見ているだけでも楽しいものです。

コンビニにしか置いていない限定商品やコラボ商品、買い物をするとオマケがもらえるサービスなどもあるので、余計に衝動買いしやすいかもしれません。

最新商品や期間限定商品は、一度知ってしまうとどうしても欲しくなるもの。「最近無駄遣いしすぎかも」と感じている人は、そもそも初めから見ないようにすると物欲も起こらないでしょう。

やりがち3「一度カードを登録すればあとはポチッとするだけ、のネット通販」

「ネットショッピング」(28歳/女性/その他)

「インターネット通販」(42歳/女性/主婦)

「ネットで気軽にかってしまう」(49歳/女性/主婦)

「ネットで買い物時、送料無料の金額になるまで購入しようとし、不要なものまで購入してしまう」(47歳/女性/その他)

クレジットカードと住所を最初に登録しておけば、後はボタンをポチッとするだけで自宅に欲しい商品が届くネットショッピング。その便利さ・気軽さから大人気ですが、それが無駄遣いに拍車をかけることも。

また、広い意味でのネットショッピングとしては、動画配信サービスやゲームなどのサービスもあります。

「有料動画の料金」(43歳/男性/その他)

「ゲームの課金」(46歳/男性/営業・販売)

どちらも、”お金を使っている”という実感が湧きにくいのがリスクかもしれません。ウッカリ使いすぎることのないよう、こまめに明細をチェックするようにしたいもの。

やりがち4「お腹がすくと理性が…食費」

「レストランでの食事」(34歳/女性/主婦)

「毎日スーパーにいって買い物をするので、つい多めに食糧を買ってしまう」(52歳/女性/金融関係)

「お酒を飲みに行くとどうしても散財する」(49歳/男性/営業・販売)

「スーパーへ買い物へ行き、必要以上にお菓子を買ってしまう」(37歳/女性/コンピューター関連以外の技術職)

「帰りに食べ物を買ってしまう」(59歳/男性/総務・人事・事務)

「弁当を買うときに余計なものも買う」(53歳/男性/営業・販売)

「毎日お酒を飲むことをやめられない」(47歳/男性/主婦)

「お菓子やスイーツにつかってしまう」(28歳/男性/その他)

仕事帰り、お腹のすいた状態でスーパーやコンビニに入って買い物をするとつい不必要な物まで購入してしまうという意見が非常に目立ちました。

 

全体的な傾向として、高い買い物をして贅沢三昧で散財しているというよりも、小さな出費に油断しているケースが多いようです。しかし、“塵も積もれば山となる”。このような小さな出費を上手にコントロールすれば、“貯まる体質”になれるかもしれませんね。

はてなブックマーク facebook Twitter LINE